パッツ サイクル カープ AND MORE

ピッツバーグは大将抜きでも強かった。でも、ここぞの場面でグロンク砲炸裂!

このエントリーをはてなブックマークに追加

   WEEK7  〇27-16   ニューイングランドatピッツバーグ

 ビッグベンが半月板手術の為不在(スタジアムには来てたね)の中、相手QBはオクラホ マ大4年目ランドリー・ジョーンズが先発。出だしはエンドゾーンでバトラーにインターを くらってしまうが、その後はWRブラウン・RBベルを巧く使いしっかり試合をつくってき た。やぱっりピッツは自力があります。うちがブレイディが不在でもなんとかしたのと同じ で、しっかりとチームが出来てます。感服です。ただ、1つのダッチダウンしか奪えなかっ たことが結局敗戦につながることに。FGだけ(2回のキックミス有り)では、うちには、 厳しいことに。そして4Qでのキャッチアップオフェンスでは、まだ能力不足を露呈。アン トニオ・ブラウンが怪我で一時離脱したのも大きかった。

 かく言ううちの方も、今日はミスのオンパレード。2つのファンブルにまたもやポイント アフターの失敗。そしてミスパントとカバーミス。パスキャッチミスは数多。WRホーガン はファンブルで、だんだんチームから信頼を失いつつある。ただ、トラフィックな状況下が 多いうちのWRは結構皆な最初は苦労するイメージがあるので、ミスをシーズン後半・はた また来シーズン以降の飛躍を期待します。もう1つは、パントリターンでのエデルマン。彼 のミスは、私感ですが全て許せます。それ以上のことをやってますから。

 それ以上の事が、9回のパスキャッチです。特にグロンク・ベネットの両TEを左右にセ ットさせ、スラントでエデルマンが10ヤード前後を稼ぐパスが効果的でした。このホット ラインが3試合目でようやっと開通した感じです。

 そして、グロンク。CBゲイをスピードで振り切っての3ダウンロングのステュエーショ ンでのダッチダウンパスキャッチ。そして、4Qでのロングボム。最終的にブラントのタッ チダウンランにつながるプレイとなり、結果的に試合を決めるプレイとなりました。

 そのタッチダウンを奪ったRBブラントは、本日も絶好調。一昨年シーズン途中で放り出 された相手に、これでもかっていうくらいにゴリゴリ走り、127ヤード・2タッチダウン と走りました。心身ともに辛抱強くなりました。

 そんなこんなの感じで、後は簡単にポジション別考察へ

QB・・・100点。 222ヤード。2タッチダウンパス。0インター。ハインツフィー            ルドでは上出来。最初の3回のランは、全て1ファーストダウン更            新、これも重要。

RB・・・100点。 ブラントはここまでの活躍はキャリアハイなのではないか。

WR・・・85点。  エデルマン以外がほぼ存在感無し。

TE・・・100点。 ベネットもブロックにデコイに活躍してます。シーズン通してのプ            レイコールと考えれば、数字に残らない日もあります。

OL・・・85点。  全体的には模範代。LTソルダーのホールディングがチョット多い            かな。

DL・・・85点。  QBへのプレッシャーをもう少し欲しいところ。今、チャンドラー            がシアトル戦で活躍中。無いものねだり。

LB・・・90点。  ベルに100ランをさせなかった事は重要。その分パスを通された            けどね。コリンズが復帰。ここ2試合目立ってたロバーツ君は消え            てました。

DB・・・80点。  バトラーのインターで幸先良く船出したはずが、その後はジリ貧状            態。ビッグベンだったら、どうなってることやら。ただ、タックル            ミスは無かったのは良し。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

ピッツバーグは大将抜きでも強かった。でも、ここぞの場面でグロンク砲炸裂!

weekendwarriorさん、まいどコメントありがとです。
こちらを使ってコメント返信したほうがよいのですね。慣れて無くすいません。
マイアミ戦は、新星RBアジャイに爆発されてしまいましたね。ピッツとの対戦で
そこそこのスタッツを残してが、まさかここまでやる男だとは思いませんでした。
その裏でRBフォスターが引退してしまいました。NFLはホント10年でなく、
5年一昔の世界ですね。

ピッツバーグは大将抜きでも強かった。でも、ここぞの場面でグロンク砲炸裂!

ペイツは順調そのものですね!グロンク、ブレイディもエンジン全快。羨ましい限りです。今週末では何か奇跡が起こらないかと願っているのですが、今回はべリチックもやる気満々だと思うので、既に気持ちはその次のシーホークス戦ですかね・・・

ピッツバーグは大将抜きでも強かった。でも、ここぞの場面でグロンク砲炸裂!

patrinationさんコンニチハ,カープも2連勝してウハウハしていることでしょう。
それにしてもパッツは強いですね。POではジレットでPIT戦を予想していますが,結構現実味があるのかなと私も思います。
さて,我がビルズですが次週はホームでのパッツ戦。前回はアウェイで完封勝ちと,いつ以来かもわからない戦果,逆に今度はボコボコにされるのではないかと心配しているところです。

こんな記事も読みたい

KC Chiefs バランス力でSaintsを制す!Breesは100度目の300ヤーズ試合 2敗死守 Broncosはマンデイナイト!【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

WEEK6終了後の自己流パワーランキング【パッツ サイクル カープ AND MORE】

グロンクがキャリアハイの162ヤード!アンストッパブルなダブルTE【パッツ サイクル カープ AND MORE】

ブロガープロフィール

profile-iconpatrination

好きなスポーツは、①NFL(NEファン)②サイクルロードレース(趣味でやってもいるので)③カープ、の順で、他にも一年中何らかのスポーツを主にTV観戦している、暇人40代ジジイです。ルーキーブロガーなので、色々ブログ慣れされてる方々の様には絶対ならないでしょうけど、ボチボチやってきます。もう、ここまで読んで下さったら感謝です。
  • 昨日のページビュー:40
  • 累計のページビュー:9444

(02月20日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. さあ、ペイトリオッツがなぜ勝てたかを考えてみよう。
  2. WEEK17終了後の自己流パワーランキング
  3. 速報スーパーボウル!テキサスでグレイトミラクルが起こった!
  4. 一人のお陰で試合がぶち壊しになるところだったの巻
  5. 史上最多9回目のスーパーボウル出場!
  6. ディビジョナルプレーオフ、とりあえず一歩前に進むことに。
  7. WEEK15終了後の自己流パワーランキング
  8. ワイルドカードプレイオフ・日曜日2試合の感想
  9. WEEK13終了後の自己流パワーランキング
  10. WEEK9終了後の自己流パワーランキング

月別アーカイブ

2017
02
01
2016
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年02月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss