Passion PLUS

月別アーカイブ :2008年07月

北京五輪に向けて U23 アルゼンチン戦

この試合、評価するかどうかは見る人次第だろう。 日本代表は、アルゼンチンに完全にやられてしまったわけではない。 時間帯によっては、押し込む場面も多々あった。 結果も0-1で、スコア上は僅差だった。 大手メディアは、恐らく「善戦」とか、「惜敗」という言葉を使うのだろう。 だが、内容を見ると差は確実にあった。 小さなスペースでのボールのキープ力や、トップスピードでのボールコントロールとい......続きを読む»

遠藤招集を断念

遠藤のOA選出が難しいようです。 原因は、ウィルス感染症。 でも追加の招集はないようです。 一方、アルゼンチンのサッカー協会は、五輪代表を早々と発表。 その中には、メッシの名前もある。 さらにはOAは3人きっちり選び、その一人はリケルメ。 元々、実力があるアルゼンチンがOA枠をフルに使い、実力に劣る日本がOA枠を使わない。 どう考えても逆のような気がする。 NHKの山......続きを読む»

史上最高の戦い ウィンブルドン男子決勝

なんとも、言うべき言葉がない。 私の見たゲームの中で、最高のゲームだったことだけは、間違いがない。 準決勝までのゲームは練習ではないかと思うほど、レベルの高い闘い。 意味のないショットは、ひとつもなかった。 全てのショット、エースに意味があり、ミスにさえ意味があった。 スーパーショットの連続。 素晴らしいコートカバリング。 段違いの正確性とスピード。 称賛する言葉はいくつ......続きを読む»

三年連続 フェデラー対ナダル ウィンブルドン決勝

ウィンブルドン男子シングルスの決勝は、三年連続フェデラー対ナダルとなった。 サフィンと対戦したフェデラーは、6―3、7―6、6―4のストレートで勝ち、芝のコートでの連勝を65に伸ばし、ウィンブルドン六連覇に大手をかけた。 準決勝までは、ジョコビッチを破るなど調子を上げてきたサフィンだったが、やはり芝のフェデラーを破るのは難しかった。 ファーストサービスの確立も高くなく、ミスショットも多......続きを読む»

天才サフィン 復活 今日、フェデラー戦

マラト・サフィンが復活した。 現在開催中のウィンブルドン選手権で準決勝に進出。 芝の王者フェデラーと対戦する。 このロシアの大男、才能だけを比較すると、現役選手の中でも恐らく1位2位を争うだろう。 それほどの、才能の持ち主であるにもかかわらず、グランドスラムでのベスト4進出は3年ぶり。 3年前と言えば、オーストラリア・オープンで優勝した年だ。 それ以降は、4回戦止まり。 その才......続きを読む»

日本サッカーの前の険しい道 EURO2008総論

私は、欧州選手権が大好きである。 ワールドカップよりも大好きである。 昔の日本代表は弱かった。 よって、ワールドカップ出場など夢ですらなかった。 でなくて当然の世界。 だから、ワールドカップでも欧州選手権も、日本が参加しないという意味ではどちらも同じだった。 ワールドカップよりも、コンディションのいい欧州選手権は、良いサッカーが見られる可能性が高く、開催期間もワールドカップよ......続きを読む»

無敵艦隊発進 EUEO2008 決勝 スペイン対ドイツ

スペインの完勝だった。 あのドイツがほとんど何もできなかった。 特に後半の30分を過ぎると、ボールを放り込みたいドイツだが、それすらも、かなわなかった。 これまでは最後まで諦めず幾多の逆転劇を実現してきたドイツの選手の顔にも、あきらめにも似た焦りの表情が見受けられた。 序盤は、ドイツが何度かチャンスを得るが得点には至らない。 ところが前半の13分にインターセプトからチャンスを得た、......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconpassion

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:758732

(11月20日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 史上最高の戦い ウィンブルドン男子決勝
  2. ポリバレントの本当の意味
  3. 歴史の残る決勝 フェデラーvsナダル
  4. みんな知っているが、誰もできないフェデラーの秘密
  5. ナダル勝利の真相 フレンチオープン決勝
  6. セルジオ越後はなぜ批判を繰り返すのか?
  7. 光と影 ナダルとフェデラーのウィンブルドン
  8. 天才サフィン 復活 今日、フェデラー戦
  9. 韓国 金メダル 北京五輪 野球 決勝戦
  10. 謎のスーパーアグリF1 新スポンサー SS UNITED

月別アーカイブ

2010
07
06
2009
09
07
2008
12
09
08
07
06
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2006
12
11
10
09
08
07
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss