Passion PLUS

月別アーカイブ :2007年11月

浦和 愛媛に敗れる 天皇杯四回戦

アジア・チャンピオン 浦和レッズが名もない地方のクラブ 愛媛FCに敗れた。 レッズの敗因はいくつか上げられるだろう。 まずは、リーグ戦とACLの連戦の疲れ。 どんなに優れた技術があっても、走れなければゲームにならない。 また、土曜日のリーグ最終戦を睨んだ、主力選手の温存もある。 これまで、レッズはリーグ戦、ACLとも主力組を休まさずに戦ってきた。 結果として、アジア・チャンピオン......続きを読む»

日本代表の対戦相手決定 W杯アジア三次予選

今日、2010年にW杯が開催される南アフリカで大陸別予選組み合わせ抽選会が開かれ、アジア三次予選での日本の対戦相手がタイ、オマーン、バーレーンと決まった。 対戦国のFIFAランキングはオマーンが76位、バーレーンが101位、タイは113位と、いずれも格下。 ちなみに日本は33位。 上位2チームが2008年の10月から開催される最終予選に進出できるので、日本が最終予選に進出するのは問題は......続きを読む»

反町監督の意地 U22日本代表

反町監督は多くを語らなかったが、言いたいことはたくさんあったことだろう。 北京五輪 最終予選の前、解任すべしと言う声が多かった。 本来、代表監督を擁護すべき日本サッカー協会の川渕氏までが「ぴちぴち感がないと」批判した。 それでも、じっと耐え結果をだした反町監督は反論したいことがあったはずだ。 だが、彼は何も語らず率直に安堵の表情を浮かべていた。 反町監督は、この最終予選を通じて......続きを読む»

オシムとの決別

オシムが倒れた。 脳梗塞で意識がないらしい。 一説によると、意識がないのは治療に専念させるためであるらしい。 つまり、意図的に意識がない状態を作り出しているようだ。 であれば、意識が戻ることは可能であろう。 しかし、問題がある。 それは、意識が戻ったとしても日本代表の指揮を執ることは、もはやできないことだ。 日本全国がオシムの回復を祈っている。 私とてオシムの回復を願っているが、......続きを読む»

ベトナムに勝利し五輪へ大きく前進 U22日本代表 

日本はベトナムに4-0で勝利し、北京オリンピックに大きく前進した。 しかも、幸運なことにカタールがサウジアラビアに負けた。 これにより日本は、最終戦のサウジアラビア戦に勝つか引き分ければ、オリンピック出場が決まる。 試合結果は日本とベトナムとの実力差がそのまま出ていたといえよう。 流れの中からの得点が一点だけというのも、今のチームの実力だろう。 本田が最後のPKを外したので心配したが、......続きを読む»

レッズのACL制覇は日本サッカーをレベルアップする

浦和レッズが、アジアチャンピオンズリーグを制覇した。 本当にすばらしい偉業であると思うと同時に、この偉業は日本サッカーのレベルアップに多大なる貢献をするだろう。 レッズにとって、移動の過酷さという面では、ヨーロッパのチャンピオンズリーグすらしのぐだろう。 AFC内で、日本は東の果てに、中東の国々は西の果てに位置している。 レッズの選手はいったい何キロの移動を強いられたのだろうか。 ......続きを読む»

あなたは川渕三郎氏を支持するか?

日本を代表する、サッカー雑誌「サッカー批評」。 そのサッカー批評がサッカーファンの声を募集している。 12月発売号の記事の為に、サッカーファンの声を集めて、検証するそうです。 アンケート内容は下記の通りです。 私の答えも書いておきます。 当初は11月12日締め切りだったのですが、締め切りが15日に延びました。 是非、皆さんの声を紙面に反映させましょう。 アンケートの送信......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconpassion

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:758732

(11月20日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 史上最高の戦い ウィンブルドン男子決勝
  2. ポリバレントの本当の意味
  3. 歴史の残る決勝 フェデラーvsナダル
  4. みんな知っているが、誰もできないフェデラーの秘密
  5. ナダル勝利の真相 フレンチオープン決勝
  6. セルジオ越後はなぜ批判を繰り返すのか?
  7. 光と影 ナダルとフェデラーのウィンブルドン
  8. 天才サフィン 復活 今日、フェデラー戦
  9. 韓国 金メダル 北京五輪 野球 決勝戦
  10. 謎のスーパーアグリF1 新スポンサー SS UNITED

月別アーカイブ

2010
07
06
2009
09
07
2008
12
09
08
07
06
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2006
12
11
10
09
08
07
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss