Passion PLUS

月別アーカイブ :2007年09月

そこにある壁 ドイツ戦 女子W杯

なでしこジャパンのワールドカップが終わった。 前回優勝国のドイツに0-2で敗戦した日本代表はグループリーグで3位となり決勝トーナメントへの進出はならなかった。 正直、ドイツは強かった。 もう少し点差が開いてもおかしくはない試合だったと思うが、全員が集中して守備をしていたのでなんとかこの差で収まった。 ドイツがすごいのは、攻撃だけでなく守備が非常にいいところだ。 日本選手が一瞬、パス......続きを読む»

シュートを打つ勇気、ドリブルで仕掛ける勇気 アルゼンチン戦 女子W杯

初戦に続いて、ロスタイムに得点し、アルゼンチンに勝利しました。 あのような場面でパスを選択する男どもが多い中で、近賀選手がシュートを打つ勇気に打たれました。 なんて、素敵なんだ。 しかも、インステップで正確に蹴ったボールは、ほぼ無回転でキーパーの直前で変化し、ファンブルを誘いました。 そして、基本に忠実にゴール前に詰めていた永里選手がきっちり押し込んで、勝ち点三を得ることができました。 ......続きを読む»

サウジ引き分け絶体絶命 五輪最終予選

なんと、日本がカタールに1-0で勝った同じ日、サウジアラビアがアウェーとはいえベトナムに引き分けました。 オウンゴールで失点したサウジは終了10分前に同点ゴールを決めて、引き分けに持ち込みました。 これで、五輪最終予選で日本の属するC組は3試合終わり、 日本が勝ち点7で1位、カタールが勝ち点4で2位、ベトナムとサウジが勝ち点2で並んでいます。 残りは3試合です。 これでベトナムとサ......続きを読む»

セルジオ越後はなぜ批判を繰り返すのか?

9月10日に発売になったサッカー批評36を読んだ。 元々は、金子達人氏の書いた本の書評と「なぜ日本人選手の海外移籍は成功しないのか」の記事が読みたくて買ったのだが、もうひとつおもしろい記事があった。 それが、「セルジオ越後はなぜ批判を繰り返すのか?」だ。 内容に関する是非は、読者の方にお任せする。 それは読んだ人、それぞれの立場によって違ってくるからだ。 セルジオが好きな人もいれば......続きを読む»

成長の兆し U22日本代表 カタール戦 五輪最終予選

久しぶりに緊張感のある試合でした。 負けたら後がない状況というのは、選手はもちろん監督も成長させます。 そして、この試合を見て成長を感じました。 それはアウェーのサウジアラビア戦でも見られました。 本大会への出場権をかけた最終予選。 しかも、一位しか突破できないとなれば慎重に行くのは当然だと思います。 この試合、幸運にも早い時間帯に先制点を上げることが出来ました。 そこから怒濤......続きを読む»

圧倒的な強さでナイジェリア優勝 U17ワールドカップ決勝

お隣の韓国でおこなわれていたU17 ワールドカップがナイジェリアの優勝で幕を閉じた。 この結果に驚きはしない。 日本戦のナイジェリアを見れば、誰もがこの結果を容易に想像できただろう。 組織的な守備と圧倒的な身体能力をベースとした攻撃が組み合えば怖い物はない。 ただ、サッカーは何が起こるか分からない。 そして、決勝ではその何かが起こる可能性もあった。 彼らは決勝まで全勝で上り詰めて......続きを読む»

ジキルとハイド 日本代表 スイス戦

喜ぶべきか、悲しむべきか難しい試合だった。 前半と後半では違う選手が違う試合をやっているようだったからです。 前半は0-2。 スイスのプレスがあまりにも激しくて、日本は全く何もできない。 スイスはボールを奪うと素早くサイドに展開し、攻撃してくる。 そのシンプルで統一された戦術はお見事としかいいようがなかった。 二失点はどちらもセットプレーだが、それ以前に崩されていてファールせざる......続きを読む»

喜べない結末 イングランド戦 女子W杯

劇的な試合展開であった。 2-1と逆転されて迎えた後半ロスタイム。 宮間のFKがイングランドのゴールに吸い込まれた。 本来であれば、大喜びすべきなのだろうが、そうもいかない。 試合展開があまりにも、悪すぎたからだ。 前半から日本はなかなかボールをつなぐことが出来ていなかった。 イングランドはプレスをかけて、ボールを奪うと素早くスペースへ展開し、日本ゴールを脅かす。 それでも、前......続きを読む»

アウェーの戦い方 U22日本代表 サウジ戦 五輪最終予選

この試合は見方の別れる試合となりました。 10人になったサウジに対して、勝ち点3を取りに行くべきだという声もあるでしょう。 そう言う意味では、0-0の引き分けは不満です。 一方、アウェーで勝ち点1を拾ったのだから満足すべきだという声もあります。 私の立場は後者です。 高温多湿でのアウェーゲームは選手にとって過酷です。 相手は10人だし、ここで勝てばサウジアラビアの息の根を止められ、日......続きを読む»

決め手欠く日本代表 オーストリア戦 三カ国対抗

オシム監督就任後、日本代表の初めての欧州遠征です。 対戦相手は7日がオーストリア、11日がスイスです。 オーストリアがFIFAランキング84位。 この順位はカタールの一つ下で、中国の一つ上。 日本から見ると格下の相手です。 スイスは45位で、日本が41位ですからほぼ互角と言えるでしょう。 ただ、スイスは2006年のワールドカップで決勝トーナメントに進出していますし、直近の親善試合......続きを読む»

意志の力 天才プレーヤーの未来

U17 の柿谷選手は素晴らしい技術を持った素晴らしい選手です。 彼には、順調に成長してもらいたいと思います。 ただそれは、本人の意志の強さにかかっていると思います。 と言うのも私は、中田英寿が特別だったのは、技術ではなくて、意志の強さであったと思っているからです。 彼は各年代別の代表に選ばれていましたが、彼より上手い選手は他にもいたと彼自身も言っています。 五輪代表の時は前園の方が注目......続きを読む»

中嶋一貴 F1デビューか?

中嶋一貴の周辺が騒がしくなってきた。 来シーズンのシートを得られるのではないかと、言うのだ。 可能性は二つある。 一つは、ブルツの代わりにウィリアムズに乗るケース。 今年のブルツは表彰台にも乗り、ポイントもニコより稼いでいるがいかんせん予選でのパフォーマンスが悪い。 昨今のF1では予選順位は非常に重要になっており、ここまで予選が悪いとかなり厳しい。 その為、ブルツのシートは今年限りだ......続きを読む»

日本サッカーが直面する高い山

今まで、日本は技術を向上させれば世界と戦えると思い、それを目指し、ある程度は達成できたと思います。 ところが技術レベルがある程度まで向上しても、世界の強豪国と対戦すると互角に戦うには至りません。 惜しい試合はあるのですが、最後の最後に逆転されてしまいます。 もちろん、技術レベルが向上したといっても、世界トップとの差はまだ存在します。 わずかなパスコースの違いが、その後の展開に大きな影響を......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconpassion

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:758732

(11月20日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 史上最高の戦い ウィンブルドン男子決勝
  2. ポリバレントの本当の意味
  3. 歴史の残る決勝 フェデラーvsナダル
  4. みんな知っているが、誰もできないフェデラーの秘密
  5. ナダル勝利の真相 フレンチオープン決勝
  6. セルジオ越後はなぜ批判を繰り返すのか?
  7. 光と影 ナダルとフェデラーのウィンブルドン
  8. 天才サフィン 復活 今日、フェデラー戦
  9. 韓国 金メダル 北京五輪 野球 決勝戦
  10. 謎のスーパーアグリF1 新スポンサー SS UNITED

月別アーカイブ

2010
07
06
2009
09
07
2008
12
09
08
07
06
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2006
12
11
10
09
08
07
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss