Passion PLUS

月別アーカイブ :2006年10月

2006 Rd.18 ブラジルGP観戦記 皇帝時代の終わり

ついにミハエル・シューマッハーのラストレースが終わった。 彼は8度目のワールドチャンピオンにもなれなかったし、最後のレースを勝利で飾ることもできなかった。 だが、彼は勝者に値することを証明して、最後のレースを終えた。 フリー走行からダントツの速さを見せつけていたフェラーリとブリヂストンタイヤ。 予選でも第一、第二ピリオドと他車を圧倒し、ポールポジションはほぼ間違いがないと思われていた。 ......続きを読む»

AIGオープン決勝 フェデラー対ヘンマン

今年も行ってきましたAIGオープン決勝。 今年はフェデラー初来日で注目度も高く、平日でも1万人近く入る大盛況。 当然、日曜日は大入り満員でした。 フェデラーは金曜日の準々決勝で鈴木貴男にフルセットのタイブレークまで持ち込まれましたが、それ以外は危なげない試合運びでした。 コーチや、専任のストリンガーも連れてこない。 どう考えても半分観光のために来ているとは言え、それでも勝ってしまう......続きを読む»

2006 Rd.17 日本GP観戦記 アロンソ タイトルへ逆王手

信じられない光景だった。 トップを快走中のミハエル・シューマッハーのフェラーリから白煙が吹き出している。 ピットアウト直後のトラブルだ。 最後のピットインを終えたミハエル・シューマッハーとアロンソの差は約5秒。 追い抜きが難しい鈴鹿サーキットのことを考えると、このままレース終了すると考えるのが普通の状況だった。 続きを見る→ ...続きを読む»

ミハエル・シューマッハー 引退の真相

ミハエル・シューマッハーが引退の決めたのは昨年の前半である。 彼は昨年の前半、チームに翌年(2006年シーズン終了後)に引退したいことを申し出た。 これには、昨年のチームの不振が大きく関わっていると見られる。 競争力のないマシンをドライブするのであれば、楽しくないし、走っていても意味がないとミハエルは考えた。 ここからのフェラーリの動きが早かった。 以前からジャン・トッドが評価していた......続きを読む»

ミハエル チャンピオンに大きく前進

中国GPでミハエル・シューマッハーが勝ち、今年のチャンピオンシップは大きくミハエル・シューマッハーに傾いた。 中国GPで勝ったことによりミハエル・シューマッハーは今シーズン7勝。 一方のアロンソは現在6勝で、ポイントは同点。 ポイントが同点の場合、勝ち星が多い方がチャンピオンになる。 そうすると次のレースでアロンソが勝っても、ミハエルが2位であれば2点差で最終戦に臨む。 最終戦でミ......続きを読む»

2006 Rd.16 中国GP観戦記 ミハエル王者へ王手

▽痛恨!ルノーの判断ミス 今回、ルノーは予選から完全にGPをコントロールしていた。 ここのところフェラーリ優勢のGPが続いていただけに、予選で天候に恵まれたとはいえミハエル・シューマッハーを引き離す絶好のチャンスだった。 しかし、それをたった一つの判断ミスから失うことになった。 その判断ミスとは、アロンソの最初のピットインでフロントタイヤを交換したことだ。 続きを読む→ ...続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconpassion

  • 昨日のページビュー:4
  • 累計のページビュー:758752

(11月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 史上最高の戦い ウィンブルドン男子決勝
  2. ポリバレントの本当の意味
  3. 歴史の残る決勝 フェデラーvsナダル
  4. みんな知っているが、誰もできないフェデラーの秘密
  5. ナダル勝利の真相 フレンチオープン決勝
  6. セルジオ越後はなぜ批判を繰り返すのか?
  7. 光と影 ナダルとフェデラーのウィンブルドン
  8. 天才サフィン 復活 今日、フェデラー戦
  9. 韓国 金メダル 北京五輪 野球 決勝戦
  10. 謎のスーパーアグリF1 新スポンサー SS UNITED

月別アーカイブ

2010
07
06
2009
09
07
2008
12
09
08
07
06
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2006
12
11
10
09
08
07
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss