Passion PLUS

月別アーカイブ :2006年08月

フォーミュラーニッポン観戦記 富士スピードウェイ見聞録

行ってきました改修なった富士スピードウェイ。 改修が終わったのは昨年ですから、かなり遅くなりましたが.....。 とりあえず、来年F1が開催されるので、その事前チェックも兼ねました。 まずは交通のアクセス。 今回はクルマで行きました。 続きを読む ...続きを読む»

2006 Rd.14 トルコGP観戦記 フェラーリに立ちはだかるアロンソの壁

▽マッサ初優勝 まずは初優勝と成し遂げたフェリペ・マッサを讃えよう。 今回は予選、決勝を通じて素晴らしい走りを見せてくれた。 ミハエル・シューマッハーが予選でミスしたり、セーフティーカーの入るタイミングがマッサにとっていいタイミングだったこともあるが、レース中もアロンソやミハエル・シューマッハーと遜色のないタイムを出しており、今回は実力でもぎ取った優勝といえるだろう。 ハンガリーGPでの......続きを読む»

2006 Rd.13 ハンガリーGP観戦記 バトン&ホンダ優勝の真実

▽ホンダ39年ぶりの優勝 ホンダが単独参戦では39年ぶりの優勝を果たした。 ドライバーは、これが初優勝となるバトンだ。 ホンダにとっては2000年から参加した第三期活動では、初優勝となる。 本来であれば、諸手を挙げて祝福したいことだがなぜか素直に喜べない自分がいる。 だが、それについては最後に話そう。 ▽やはり主役はアロンソ&ミハエル ホンダが39年ぶりの優勝をかざった......続きを読む»

ウェバー放出!ウィリアムズ 2007年ドライバーラインアップ発表

ウィリアムズが来年のドライバーラインアップを発表した。 だが、その内容には少々驚かされた。 ウィリアムズがウェバー放出を決めたのだ。 その代わりに、テストドライバーのブルツをレースドライバーとして起用する。 ニコ・ロズベルグは残留し、来年のウィリアムズは、この二人のラインアップで望む。 ウェバーとウィリアムズ側は交渉を続けていた。 ウェバーとウィリアムズは2年+オプション2年......続きを読む»

ドイツGPウラ観戦記 アロンソの敗因はマスダンパーなのか?

▽マス・ダンパーとはなにか? FIAはフランスGP終了後、マス・ダンパーを禁止する通達をおこなった。 そして、アロンソはドイツGPで5位に沈んだ。 これはFIAが禁止したマス・ダンパーなるデバイスが原因ではないかと言われている。 では、マス・ダンパーとは何をするモノなのか? 続きを読む→ ...続きを読む»

2006 Rd12 ドイツGP観戦記

▽ブリヂストンタイヤ三連勝 ドイツGPは開催前から騒がしかった。 フランスGP終了後、マスダンパーはレギュレーション違反している可能性があるとFIAが発表したからだ。 ルノーはマスダンパーをドイツGPへ持ってきて、車検も通っていたがレース後に失格になることを恐れて使用を自粛した。 結果的にドイツGPはミハエル・シューマッハーが三連勝をかざった。 今回もブリヂストンタイヤの優勢は続い......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconpassion

  • 昨日のページビュー:6
  • 累計のページビュー:758696

(11月11日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 史上最高の戦い ウィンブルドン男子決勝
  2. ポリバレントの本当の意味
  3. 歴史の残る決勝 フェデラーvsナダル
  4. みんな知っているが、誰もできないフェデラーの秘密
  5. ナダル勝利の真相 フレンチオープン決勝
  6. セルジオ越後はなぜ批判を繰り返すのか?
  7. 光と影 ナダルとフェデラーのウィンブルドン
  8. 天才サフィン 復活 今日、フェデラー戦
  9. 韓国 金メダル 北京五輪 野球 決勝戦
  10. 謎のスーパーアグリF1 新スポンサー SS UNITED

月別アーカイブ

2010
07
06
2009
09
07
2008
12
09
08
07
06
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2006
12
11
10
09
08
07
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月11日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss