Passion PLUS

ポリバレントの本当の意味

このエントリーをはてなブックマークに追加

「ポリバレント」。
オシムが使うまで、この言葉を知っていた日本人は何人いたことだろう。
そう言う私も、以前は知らなかった。
ポリデントなら知っていましたが( ^ ^ )。

一般的にこの言葉は、一人の選手が複数のポジションをこなすことだと理解されている。
だが、今回のアジアカップを見ていて、オシムが使う「ポリバレント」という言葉には複数のポジションをこなす、という意味以上のことが含まれているではないかと考えました。

全員攻撃、全員守備が常識の現代サッカーにおいて、選手のポジションは常に流動的です。



パスを出す選手がサイドに流れて突破を計ったり、デフェンスの選手がスペースに上がりラストパスを出したりする。
FWも前戦で張っているだけでなく、サイドに流れたり、FWが流れてできたスペースにパッサーが詰めてゴールを狙ったりする。

ボールを取られたら、一番近くの選手がチェックに行き、守備の起点となる。
そして、周りの選手がそれをフォローし、相手にプレッシャーをかける。

こういうポジションにとらわれない流動的なサッカーこそ、オシムの理想とするサッカーなのではと思います。
それを体現しているのが中村憲剛であり、羽生なのでしょう。

つまり、全員が状況に応じて全てのポジションをこなしていけるサッカーこそ、「日本化」なのではないかと。
日本人の長所は、良くも悪くも均一性だと思います。
考え方も能力も均一性では、負けていません。
突出したすごい才能はなかなか生まれませんが、平均点という意味では高いのが特徴です。
みんな勤勉ですし、まじめで、戦術理解度も優れています。

そう言う意味で、アジア大会でポリバレントは、ある程度達成できました。
では、日本代表に足りなかったのは何だったのでしょうか。
それこそが、何回もいっているリスクを冒して勝負する意志だったと思います。
勝負することで、スペースもできますし、味方選手のマークも甘くなります。

サッカーはチームスポーツでありますが、局面局面で見ると常に一対一の勝負を繰り広げています。
日本は個人の弱さを、組織で補ってきました。
しかし、組織の限界もアジアカップから見てえきました。

やはり、最終局面では個人で突破を図らないと、相手を崩せません。
技術がないから無理、スピードがないから無理という声もあるかもしれません。
しかし、それ以前に突破しようという意志がなければ、どうしようもありません。

オシムには今後、勝負して戦う意志をチームに植え付けていって欲しいと思います。
ユーゴスラビア代表では、戦う意志を教える必要はなかったでしょう。
何しろ、みんなが個人で勝負したがります。
だから、オシムは組織的なプレーをするように指揮すれば良かったのですが、日本では全く逆です。

今の日本代表が組織プレーに片寄りすぎていることは明白です。
いかに最終局面で、個人で勝負を仕掛けられるかが、最大の課題であることは間違いありません。

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
サッカー
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

こんな記事も読みたい

ブロガープロフィール

profile-iconpassion

  • 昨日のページビュー:4
  • 累計のページビュー:758687

(11月09日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 史上最高の戦い ウィンブルドン男子決勝
  2. ポリバレントの本当の意味
  3. 歴史の残る決勝 フェデラーvsナダル
  4. みんな知っているが、誰もできないフェデラーの秘密
  5. ナダル勝利の真相 フレンチオープン決勝
  6. セルジオ越後はなぜ批判を繰り返すのか?
  7. 光と影 ナダルとフェデラーのウィンブルドン
  8. 天才サフィン 復活 今日、フェデラー戦
  9. 韓国 金メダル 北京五輪 野球 決勝戦
  10. 謎のスーパーアグリF1 新スポンサー SS UNITED

月別アーカイブ

2010
07
06
2009
09
07
2008
12
09
08
07
06
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2006
12
11
10
09
08
07
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月09日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss