Passion PLUS

守備と攻撃の絶妙なハーモニー オランダ対ウルグアイ

このエントリーをはてなブックマークに追加

守備と攻撃のバランスは、サッカーではいつも悩ましい問題である。
攻撃力の高いチームは守備が弱いことが多く、守備の強いチームは攻撃力に問題を抱えている場合が多い。

だが今夜のオランダは、そのバランスが素晴らしかった。
彼らはその攻撃力が魅力的だが、彼らが勝ち進んでいるのは、守備の強さが見逃せない。

魅力的なタレントをそろえるオランダだが、非常に守備の意識が高い。
その為、ウルグアイが速攻を仕掛けようとしても、素早く戻り、決して自由にはプレーさせない。

それでもウルグアイは、素晴らしいプレーをした。
相手のプレッシャーが高い場所でも、決してボールを失わずシュートまで持って行く。
そして二点を返し、最後まで追いつく可能性を残した。

チームとしての総合力ではオランダには及ばないが、彼は彼らなりのスタイルで勝利を模索した。
だが、力のあるオランダにこれだけキッチリとしたゲームをされると勝てる可能性は低い。

これだけタレントを揃えたチームが、守備をしっかりしてくると、ウルグアイのように堅守速攻を基本戦術にするチームは難しいゲームを強いられる。。

特にオランダは後半リードした後、引いて守るのではなく、前線からプレスを仕掛けていきウルグアイに自由にプレーさせない。
前線のプレスをかわされてもj、すぐに次の選手がプレスを掛けて時間を稼ぎ、かわされた選手も全力で戻って、スペースを埋める。

これだけ守備の意識が高いにもかかわらず、選手の技術は高く、ボールを持てるので、決してバランスを崩すことなく、攻撃を仕掛けて得点できる。

後半の終盤にウルグアイに得点され1点差に追い上げられたが、危なげなく逃げ切り、オランダは内容通り順当に勝ったと言えよう。

今日のように、自分たちが主導権を取りながら勝ちきる試合もできるし、準々決勝のブラジル戦のように、相手に主導権を渡しながらもワンチャンスを生かして逆転勝利することもできる。

今のオランダには隙が見られない。
決勝の相手がどこになるかは、まだわからないが、優勝のチャンスは十分にある。
そう感じさせた今日のオランダだった。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
サッカー
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

こんな記事も読みたい

オランイェ、ついにフィナーレへ!【我がフェイエノールト】

オランダ3-2ウルグアイ【S-PULSE江東】

オランダ 3-2 ウルグアイ【(元)地方サポは何を思う】

ブロガープロフィール

profile-iconpassion

  • 昨日のページビュー:3
  • 累計のページビュー:757011

(05月02日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ポリバレントの本当の意味
  2. 歴史の残る決勝 フェデラーvsナダル
  3. 史上最高の戦い ウィンブルドン男子決勝
  4. みんな知っているが、誰もできないフェデラーの秘密
  5. ナダル勝利の真相 フレンチオープン決勝
  6. セルジオ越後はなぜ批判を繰り返すのか?
  7. 光と影 ナダルとフェデラーのウィンブルドン
  8. 天才サフィン 復活 今日、フェデラー戦
  9. 韓国 金メダル 北京五輪 野球 決勝戦
  10. 謎のスーパーアグリF1 新スポンサー SS UNITED

月別アーカイブ

2010
07
06
2009
09
07
2008
12
09
08
07
06
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2006
12
11
10
09
08
07
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月02日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss