Passion PLUS

韓国 金メダル 北京五輪 野球 決勝戦

このエントリーをはてなブックマークに追加

すごい試合だった。
9回1アウト満塁で、キャッチャーが審判の判定に抗議して退場。
ピッチャーも交代。
絶体絶命のピンチに、ダブルプレーで優勝。

あまりにも劇的な優勝。

結局、韓国は全勝で金メダルを得た。
10連勝なのであるから、彼らの金メダルは文句なし。
悔しいという思いすらない。

この大会は、彼らが最強だったのだ。

勝因はと問われれば、彼らの金メダルに掛ける思いだろう。
我々日本人すら彼らが、金メダルに掛ける気持ちが伝わってきた。
得点を入れるたびにガッツポーズする選手たち。
声を出し続けるベンチ。

根性などという言葉は大嫌いだが、彼らの気持ちは一つになっていた。
レギュラーシーズンの試合を中止してまで、ベストメンバーで臨んだ韓国。
バックアップ体制も十分だった。

韓国を格下とみることはもう、できない。

次のオリンピックはない野球というスポーツ。
日本が、今大会の敗戦で失ったものは大きい。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
野球
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

こんな記事も読みたい

さようなら星野ジャパン【「サア-っとやる」ってどんくらい?】

日本メダル逃す 北京五輪 野球 対アメリカ戦【Passion PLUS】

“最後の五輪野球”への雑感~「日本野球」は最強なのか【フィールド上の些事争論】

ブロガープロフィール

profile-iconpassion

  • 昨日のページビュー:3
  • 累計のページビュー:757011

(05月02日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ポリバレントの本当の意味
  2. 歴史の残る決勝 フェデラーvsナダル
  3. 史上最高の戦い ウィンブルドン男子決勝
  4. みんな知っているが、誰もできないフェデラーの秘密
  5. ナダル勝利の真相 フレンチオープン決勝
  6. セルジオ越後はなぜ批判を繰り返すのか?
  7. 光と影 ナダルとフェデラーのウィンブルドン
  8. 天才サフィン 復活 今日、フェデラー戦
  9. 韓国 金メダル 北京五輪 野球 決勝戦
  10. 謎のスーパーアグリF1 新スポンサー SS UNITED

月別アーカイブ

2010
07
06
2009
09
07
2008
12
09
08
07
06
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2006
12
11
10
09
08
07
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月02日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss