Passion PLUS

史上最高の戦い ウィンブルドン男子決勝

このエントリーをはてなブックマークに追加

なんとも、言うべき言葉がない。
私の見たゲームの中で、最高のゲームだったことだけは、間違いがない。
準決勝までのゲームは練習ではないかと思うほど、レベルの高い闘い。

意味のないショットは、ひとつもなかった。
全てのショット、エースに意味があり、ミスにさえ意味があった。

スーパーショットの連続。
素晴らしいコートカバリング。
段違いの正確性とスピード。

称賛する言葉はいくつでも浮かんでくる。

それでは、偉大なるゲームを振り返ってみよう。
このゲームの最大の特徴は、ナダルがフェデラーのバックサイドへ高いボールを打ち続けたことだ。
これは、私が以前から話していたのだが、フェデラーには弱点がない。
唯一つ、バックの高いボール以外は。
だから、フェデラーに勝ちたいプレーヤーは、100回でも200回でもフェデラーのバックサイドにボールを打ち続けるしかない。

そして、ナダルはそれをやり遂げた。
なぜ、バックに打ち続けるといいのかというと、フェデラーがミスをしやすいということもあるが、それ以上に彼を精神的に揺さぶることができる。
実際、この試合のフェデラーはいつになく、苛立っており、何度も声を出していた。
そうすることによって、フェデラーの精神状態を追い込んでいく。
テニスのシングルスはメンタルが非常に重要で、フェデラーがNo.1の座を続けていられるのも、精神的に安定していることが、実はテクニック以上に大きい。
そのフェデラーのメンタルにプレッシャーをかけ続けることができる。

さらに、バックを攻め続けると、フェデラーは無理にでもフォアに回り込もうとする。
だが、これも当然、計算の範囲だ。
無理に回り込もうとすると、当然バランスを崩してしまう。
フェデラーは通常、抜群のバランスを持ってプレイしているので、このバランスを崩すのも、フェデラーを倒すのにはとても重要な役割を果たした。
実際の試合でも、フェデラーは何度もフォアに回り込もうとして、ミスをしていた。
ナダルにしてみれば、無理に回り込まれてポイントを失ってもいいくらいの気持ちで、バックに打ち続けていただろう。
フェデラーに無理な体勢でテニスをさせることが、大きな目的だからだ。

そして、バックを狙い続けることにより、フェデラーを倒したのだが、この戦術は誰にでもできる訳ではない。
それは、ナダルが左利きであることと、大きな関係がある。

左利きがクロスに打てば、右利きのバックサイドに飛ぶ。
つまり左利きの選手は、リスクを抑えて右利きのバックサイドが狙えるのだ。
さらにナダルには、超高速トップスピンのストロークがあり、それによりより高い位置でフェデラーにバックハンドで打たせるようにできた。

これは、サーブでも同じでナダルがスライスで打てばフェデラーのバックサイドに打てる。
これにより、ナダルはセカンドサービスでも、フェデラーに攻撃される回数が、少なかった。

このように、この戦術は左利きの方がやりやすいし、効果的だ。
そういう意味では、小さいときに右利きのナダルを、無理やり左利きに変えたことは大きな意味を持ってくる。

さらにナダルは、これらの戦術を何度も何度も繰り返した。
それにより、フェデラーが通常では考えられないミスを何度も犯していた。

それでも、フルセットまでもつれ込むのだから、フェデラーというプレイヤーは底知れない技術とメンタルを持ったスーパープレイヤーだ。
六連覇は逃したものの、史上最強のプレイヤーであることは間違いがない。

そして、ナダル。
クレーコートスペシャリストの彼が、ここまで到達するには並大抵ではない。
普通のクレーコートスペシャリストであれば、フレンチで勝って満足するだろう。
ウィンブルドンの決勝まで来られれば、満足するだろう。

だが、ナダルは違った。
彼は、クレーコートでは無敵であるにも関わらず、さらに技とパワーに磨きをかけて、打倒フェデラーを誓い、ウィンブルドンで勝った。

その頂点を目指す姿には、本当に脱帽だ。

最後に、ナダル、フェデラー本当にありがとう、
こんなすごい試合は、もう見ることはないだろう。
どちらが勝っても、おかしくなかった。
人間の限界の戦いを見せてもらった。

本当にすごい試合だった。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
テニス
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

史上最高の戦い ウィンブルドン男子決勝

コメントありがとうございます。
本当に最高の試合でした。
一生で一度あるか無いかの試合です。
本当に見られて幸せでした。
これで途中の中断時間さえなければ、よかったのですが(^^)
でも、来年からは屋根が付くそうなので、そんな心配も無用ですね。
ただ、伝統の雨での中断が無くなることについては、少し寂しい気持ちもします。
この雨が幾多の名勝負を生んできたのも、確かですから。

史上最高の戦い ウィンブルドン男子決勝

濃密な各セットの内容はまさに史上最高でしょう。私は3-1くらいでフェデラーが完敗したら 引退もあるのではと思っていましたので あと1年は延びたような気がします。しかしナダルは本当に強くなりました。結果的にフェデラーと5セットも戦ってブレイクされたのはわずか1ゲーム。ファーストが入らないとすぐにピンチになるフェデラーとは対照的でした。あとはひざの爆弾だけが少し心配ですが・・・。

史上最高の戦い ウィンブルドン男子決勝

ナダルは左利きではなく、今でも右利きです。その証拠にスプーンを使うときも、サインをするときも右で行います。

彼は12歳の頃までサッカーの有望選手でもありました。12歳の頃にテニス一本にしたのです。ちなみに彼の叔父はサッカーの元スペイン代表でした。サッカーは利き足の制度を高めるだけでなく、利き足でない足もつまり両足の精度を高める必要があるスポーツです。ナダルが小さいときに右打ちから、左打ちに矯正できたのも幼少の頃とはいえ、少なからずサッカーの影響があったのではないでしょうか?
とはいえ、今年のウインブルドンの決勝は本当に素晴らしいものでした!ナダルが2セットアップしたときには驚きましたが、フェデラーにも意地があるので必ずおいつくと思っていましたが、予想通り5セット目に突入してくれました。
あとは両者の技術、体力うんぬんなしに互いのプライドの闘いでした・・・。
この決勝を制したナダルは本当にすごい選手になったと思いました。確実にナダルは世界NO.1に限りなく近づいたとおもいます。しかし、フェデラーもこれで終わりではないはずです。この敗戦によって、さらに強くなったフェデラーが見られると思います。フェデラー絶対の時代が終わりを告げ、今後のテニス界はおそらくこの2人で引っ張っていくでしょう。次の全米が楽しみです!
あとサフィンが個人的には大好きなので彼がグランドスラムの中で初めて制した全米でもう一度優勝してほしいです^^今年のウインブルドンでは苦手な芝でベスト4という素晴らしい結果でした。

史上最高の戦い ウィンブルドン男子決勝

中断の度にうつらうつらしながら、5時過ぎまで見ました。
古い話で恐縮ながら、80年ボルグV5、81年マック初優勝、82年コナーズのロードバックがあった黄金の3年間を
思い出します。
特に、今回試合時間の記録を更新したことで話題になった82年コナーズvsマック戦は、自分の中ではベストバウトで、寝るのも惜しんだ記憶があります。
今年のウィンブルドン決勝は、それ以来の釘付け。
いいものを見せてもらいました。

こんな記事も読みたい

ブロガープロフィール

profile-iconpassion

  • 昨日のページビュー:7
  • 累計のページビュー:756999

(04月28日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ポリバレントの本当の意味
  2. 歴史の残る決勝 フェデラーvsナダル
  3. 史上最高の戦い ウィンブルドン男子決勝
  4. みんな知っているが、誰もできないフェデラーの秘密
  5. ナダル勝利の真相 フレンチオープン決勝
  6. セルジオ越後はなぜ批判を繰り返すのか?
  7. 光と影 ナダルとフェデラーのウィンブルドン
  8. 天才サフィン 復活 今日、フェデラー戦
  9. 韓国 金メダル 北京五輪 野球 決勝戦
  10. 謎のスーパーアグリF1 新スポンサー SS UNITED

月別アーカイブ

2010
07
06
2009
09
07
2008
12
09
08
07
06
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2006
12
11
10
09
08
07
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年04月28日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss