Passion PLUS

反町監督の意地 U22日本代表

このエントリーをはてなブックマークに追加

反町監督は多くを語らなかったが、言いたいことはたくさんあったことだろう。
北京五輪 最終予選の前、解任すべしと言う声が多かった。

本来、代表監督を擁護すべき日本サッカー協会の川渕氏までが「ぴちぴち感がないと」批判した。

それでも、じっと耐え結果をだした反町監督は反論したいことがあったはずだ。
だが、彼は何も語らず率直に安堵の表情を浮かべていた。

反町監督は、この最終予選を通じて成長した。
周りの無責任な発言に惑わされることなく、自分の信じるサッカーを貫き通した。



このチームのベースには、高い守備意識がある。
非常に守りが堅いのが特徴だ。

昨日の試合も、このチームの特徴がよく出ていた。
何度か危ないチャンスはあった。
特に前半9分のピンチは決定的。
GK西川がはじいたボールに、詰めたサウジの選手が至近距離からシュート。
青山がゴールライン上で防いだが、クリアしたと言うよりは当たったといった方がいいくらい決定的な場面だった。

その後も、勝たなければいけないサウジアラビアは攻め続ける。
だが、日本は組織的に守り、パニックに陥ることもなかった。

後半は日本も流れの中から何度かチャンスを作るが、決めきれない。
試合終了間際でも、全員が守備の意識高く持ち続け、中盤でサウジのボールホルダーにプレスをかけ続け、安易にゴール前にボールを入れられることがなかった。
だから、サウジアラビアが攻めているようで、彼らのプレーは限定されていた。
攻撃的な守備ともいえる素晴らしいプレーだった。

また、アウェーのカタール戦で、試合終盤に無理な攻撃からボールを奪われる場面が多く、それが結果的に逆転負けにつながった教訓を生かし、ボールをキープする場面も多かった。
私が求めていたゲームの終わらせ方をしてくれました。

選手もまた、手痛い失敗から貴重な教訓を学び、それをこの最終戦で活かすことができました。
彼らもまた、この最終予選で大きく成長を遂げました。

最終予選前や予選中に反町監督を批判していた人は、何を望んでいたのでしょう。
全ての試合を3-0で勝つことを望んでいたのでしょうか。

ただ、私も北京五輪出場が決まったとはいえ、安心しているわけではありません。
反町監督も言っているとおり、五輪は出場するだけでは意味がありません。
そういう意味では、反町監督の「メダルを目指す」と言う発言には納得がいきません。
「金メダルを目指す」と言って欲しかったと思います。

というのも銀メダルや銅メダルは、金メダルを狙って失敗したときに、手に入れられると思うからです。
メダルを目指すという発言は3位でもいいというように、聞き取れます。
そうではなくて、金メダルを目指すと言わなければいけません。
そうでなければ、結局メダルを手に入れることはできないでしょう。

もとろん、今のままで優勝できるほどオリンピックは甘くはありません。
ですが、優勝を目指すとなればすることは決まってきます。
今のチームの延長線上には、メダルはありません。

セットプレーで多くの得点を奪ってきたこのチームですが、世界を相手にした場合は厳しいでしょう。
アジアレベルと世界レベルでは、体格も違いますし、身体能力も違います。
優勝を目指すのであれば、オーバーエイジ枠も使わなければいけないでしょう。

もちろん、最終予選を終えたばかりの反町監督にそこまで求めるのも、酷かもしれません。
今日一日は喜びに浸り、そして明日からは北京オリンピックに向けて始動して欲しいと思います。
そして、最後に一言。

おめでとう、反町監督。

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
サッカー
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

こんな記事も読みたい

ブロガープロフィール

profile-iconpassion

  • 昨日のページビュー:4
  • 累計のページビュー:758752

(11月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 史上最高の戦い ウィンブルドン男子決勝
  2. ポリバレントの本当の意味
  3. 歴史の残る決勝 フェデラーvsナダル
  4. みんな知っているが、誰もできないフェデラーの秘密
  5. ナダル勝利の真相 フレンチオープン決勝
  6. セルジオ越後はなぜ批判を繰り返すのか?
  7. 光と影 ナダルとフェデラーのウィンブルドン
  8. 天才サフィン 復活 今日、フェデラー戦
  9. 韓国 金メダル 北京五輪 野球 決勝戦
  10. 謎のスーパーアグリF1 新スポンサー SS UNITED

月別アーカイブ

2010
07
06
2009
09
07
2008
12
09
08
07
06
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2006
12
11
10
09
08
07
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss