Passion PLUS

オシムとの決別

このエントリーをはてなブックマークに追加

オシムが倒れた。
脳梗塞で意識がないらしい。
一説によると、意識がないのは治療に専念させるためであるらしい。
つまり、意図的に意識がない状態を作り出しているようだ。
であれば、意識が戻ることは可能であろう。

しかし、問題がある。
それは、意識が戻ったとしても日本代表の指揮を執ることは、もはやできないことだ。
日本全国がオシムの回復を祈っている。
私とてオシムの回復を願っているが、回復したとしても監督をすることはできないだろう。

となれば、日本サッカー協会がすべきは後任の監督を捜すことである。
オシムの回復を待っている余裕はない。
ワールドカップの予選は来年の2月。
目前に迫っている。



ヨーロッパのシーズンがまっただ中である以上、ヨーロッパから監督を連れてくるのは難しいだろう。
モウリーニョはフリーであるが、彼が日本に来るわけもない。
そもそも、JFAのリクルート能力は高くない。
今までの外国人監督だって、そのほとんどは日本で監督経験があるか、ベンゲルから紹介されたトルシエであるし、ファルカンはジーコの紹介であろう。

となると、後任監督は日本人の中で選ぶのが、順当であろう。
日本人監督の中で、実績があるのは横浜Fマリノスで2連覇した岡田氏か、現ガンバ大阪の西野監督だろう。
この二人はフランスワールドカップと、アトランタ・オリンピックでともに予選を経験している。

ただ、日本サッカー協会は日本人監督をつなぎとして、2009年の最終予選には外国人監督を招聘したいようだ。
しかし、こんなことでは岡田氏も西野監督を含め誰も、代表監督を引き受けはしないだろう。
であれば、腹を決めて日本人監督にワールドカップまで任せてしまうしかない。

幸運にも、アジアの枠は4.5あり、日本はよほど下手な手を打たない限り、ワールドカップ出場はできる。
だから、早く後任を探し、委ねてしまう方が良い。
その監督がダメだったら、また次を探せばいいのだ。

今、一番避けなければならないのは、オシムの回復を願い、何もしないことである。
脳梗塞を患えば、短期間で完全に治癒することは難しい。
しかも、代表監督などという激務をこなすことは、なおさらである。

監督という仕事は外から見ると、体を動かさなくていいから楽であると考えられがちであるが、ある意味選手より激務である。
体力的には問題ないが、その精神的プレッシャーはとてつもなく大きい。
そして、世の中の病気のほとんどは何らかの精神的な問題が関連している。

だから、回復したとしても彼に代表監督を任せるのは反対だ。
だが仮に、彼に代表監督を任せないことに同意いただいても、オシムのサッカーを継続すべきであるという意見が大勢である。
だがら、現在の代表コーチから後任を選ぶべきだという意見もある。

だが、私はこれに反対である。
オシムのサッカーはオシムだからできるのだし、例え理念が似ていても師弟関係にあっても、違う人間が指揮を執れば違うサッカーになる。
それは、息子であるアマル氏が監督するジェフ千葉を見れば分かるではないか。

また、協会幹部はオシムの意識回復を待って、彼に後任問題の意見を求め、それを最大限尊重すると報道されている。
だがこれにも、断固として反対したい。
後任問題をオシムに丸投げするような、サッカー協会に未来はない。

彼を治療に専念させてあげるべきであろう。
なぜなら、オシムが指名した人が後任なれば、オシムは今後も代表の結果に気をもむだろう。
それは、明らかにオシムの回復の妨げになる。

これは、協会が自分たちで考え、自分たちで決断すべき問題である。
オシムに後任問題を丸投げすれば、協会幹部はその結果について責任をとらなくていい。
シュートを打たないと選手を批判する資格が、このサッカー協会にあるのだろうか。

だから、我々はオシムに感謝しつつも、別の道を探さなければならない。
決して、後任監督にオシム流を望んではいけない。
サッカーには100人の監督がいれば、100通りのチーム作りがある。
我々は幻想を追いかけるのではなく、現実を見据えてワールドカップを目指すべきである。

次の監督を信じて。

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
サッカー
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

こんな記事も読みたい

ブロガープロフィール

profile-iconpassion

  • 昨日のページビュー:12
  • 累計のページビュー:757070

(05月14日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ポリバレントの本当の意味
  2. 歴史の残る決勝 フェデラーvsナダル
  3. 史上最高の戦い ウィンブルドン男子決勝
  4. みんな知っているが、誰もできないフェデラーの秘密
  5. ナダル勝利の真相 フレンチオープン決勝
  6. セルジオ越後はなぜ批判を繰り返すのか?
  7. 光と影 ナダルとフェデラーのウィンブルドン
  8. 天才サフィン 復活 今日、フェデラー戦
  9. 韓国 金メダル 北京五輪 野球 決勝戦
  10. 謎のスーパーアグリF1 新スポンサー SS UNITED

月別アーカイブ

2010
07
06
2009
09
07
2008
12
09
08
07
06
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2006
12
11
10
09
08
07
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月14日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss