Passion PLUS

セルジオ越後はなぜ批判を繰り返すのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

9月10日に発売になったサッカー批評36を読んだ。
元々は、金子達人氏の書いた本の書評と「なぜ日本人選手の海外移籍は成功しないのか」の記事が読みたくて買ったのだが、もうひとつおもしろい記事があった。
それが、「セルジオ越後はなぜ批判を繰り返すのか?」だ。

内容に関する是非は、読者の方にお任せする。
それは読んだ人、それぞれの立場によって違ってくるからだ。

セルジオが好きな人もいれば、嫌いな人もいる。
それは、彼が良くも悪くも自分の主張をはっきりするからだ。
そう言う人は日本で嫌われることが少なくない。



ちなみにインタビューアーの宇都宮氏の立場は、オシム擁護であり、セルジオの立場はその逆である。
そこには、宇都宮氏がインサイダーであり、セルジオ氏がアウトサイダーであることが明確に現れている。
宇都宮氏はJAFから許可をもらい取材させてもらっている立場であり、それ故批判しにくい立場である。
それは他の元日本代表OB氏が、TV解説の際に協会批判をしないことと同じである。

宇都宮氏は、フリーのサッカージャーナリスト(フォトグラファーか?)であり、JFAからにらまれれば飯が食えなくなる。
それはそれで理解できる。
恐らく宇都宮氏は、そんなことはない。
是々非々で論評すると言われるかもしれないが、外の人間から見ればそう見えてしまう。

一方のセルジオ氏は一時代表スタッフ入りをしていたが、完全なアウトサイダーである。
言いたいことが言える立場だ。

ただ、インタビューアーの宇都宮氏は、元々対談形式で打診されたのだが、それを断ったそうである。
その理由は格が違うからだそうだ。
でも、この時点で負けている。
格が違うといって逃げている彼の姿は、1対1で勝負しない日本代表を見るようである。

格ではなく、氏には内容で勝負して欲しかった。

内容はセルジオがブラジル人の基準で話しているのに、宇都宮氏は日本の基準で話しをしている。
だから、二人の会話は成り立たない。
宇都宮氏は、言いたいことはいっぱいあるがセルジオのマシンガントークに圧倒されて言うことができないとおっしゃっているが、言わないとわからない。
まるで、言葉が分からずに海外移籍した元日本代表という感じである。

サポティスタには、このように書いてあった。
「セルジオの繰り出す正論にまるで太刀打ちできないインタビュアー。その圧倒的な力の差は日本対ブラジルそのもの。」
まさしく、その通りで思わず笑って(^^)しまう。

内容はともかく、主張するブラジル人と、奥ゆかしい日本人の対比が鮮やかで、別の意味でも楽しめる。
一読の価値がある。

付け加えておくが、私は宇都宮氏を批判しているのではない。
私はスポナビに記載される、氏の記事を読むのが好きだ。

そもそも人間は二面性、三面性を持っている。
そして、人は自分の行動の90%を無意識におこなう。
それ故、自分が認識する自分と、他人が自分の行動によって認識する他人は違うのが当たり前なのだ。

私だって、席を譲らずに狸寝入りすることもあれば、席を譲ることもある。
そして、席を譲らないときは、いろいろといい訳をする自分がいる。
どちらも自分なのある。
よってどちらも否定することは出来ない。

半ば自分自身への戒めの気持ちを含めて、この記事を書かせていただいた。
でも、こんな私の姿勢は逃げなのか?(^^)。

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
サッカー
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

こんな記事も読みたい

ブロガープロフィール

profile-iconpassion

  • 昨日のページビュー:5
  • 累計のページビュー:757003

(04月29日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ポリバレントの本当の意味
  2. 歴史の残る決勝 フェデラーvsナダル
  3. 史上最高の戦い ウィンブルドン男子決勝
  4. みんな知っているが、誰もできないフェデラーの秘密
  5. ナダル勝利の真相 フレンチオープン決勝
  6. セルジオ越後はなぜ批判を繰り返すのか?
  7. 光と影 ナダルとフェデラーのウィンブルドン
  8. 天才サフィン 復活 今日、フェデラー戦
  9. 韓国 金メダル 北京五輪 野球 決勝戦
  10. 謎のスーパーアグリF1 新スポンサー SS UNITED

月別アーカイブ

2010
07
06
2009
09
07
2008
12
09
08
07
06
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2006
12
11
10
09
08
07
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年04月29日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss