Passion PLUS

情熱があれば不可能はない! サッカーからF1、野球、テニス、NFL等、全てのスポーツを愛する人に届けます

passion

  • 昨日のページビュー:21
  • 累計のページビュー:756972
  • (04月25日現在)

最新の記事

Jリーグを救う51番目のアイディア

双葉社から「サッカー批評」という雑誌というかムックというかが発行されている。 今時珍しくコマーシャリズムに毒されていない貴重な本であり、毎回買って読んでいる。 だいたいワールドカップ開催直前に、ワールドカップネタを出さない所も好感が持てる。 ビジネス的には絶対的に不利だが、それをわかった上でJリーグネタで勝負するところがまた、気持ちいい。 内容も字が多くとても読むのに時間がかかるが、それ......続きを読む»

サッカーに正解はない スペイン初優勝 W決勝

スコアは1-0だったが非常に興味深いサッカーとなった。 前半から両チームとも非常にコンパクトなラインを保ち、なかなかチャンスを作れない。 ボール支配率はスペインが高いものの、オランダもスペインのボール保持者に素早くプレスを掛けて自由にプレーさせない。 オランダとしては、スペインに中盤で自由にプレーされると、準決勝のドイツのように後手に回るのを恐れたのだろう。 スペインはオランダのプレ......続きを読む»

持ち味を出したスペインと出せなかったドイツ スペイン対ドイツ

非常にソリッドで見応えのある試合だった。 もちろん、両チームとも攻撃的でないという批判はあるだろう。 しかし、4年に一度のワールドカップの準決勝。 共に負けたくないと思うのは当然である。 こういう人生を賭けた試合でナイーブに攻めていくのは、あまりにも馬鹿げている。 試合序盤から、両チームとも守備のバランスを崩さない。 スペインのボール支配率が高かったが、ドイツも守備を固めて危なげなく......続きを読む»

守備と攻撃の絶妙なハーモニー オランダ対ウルグアイ

守備と攻撃のバランスは、サッカーではいつも悩ましい問題である。 攻撃力の高いチームは守備が弱いことが多く、守備の強いチームは攻撃力に問題を抱えている場合が多い。 だが今夜のオランダは、そのバランスが素晴らしかった。 彼らはその攻撃力が魅力的だが、彼らが勝ち進んでいるのは、守備の強さが見逃せない。 魅力的なタレントをそろえるオランダだが、非常に守備の意識が高い。 その為、ウルグアイが......続きを読む»

光と影 ナダルとフェデラーのウィンブルドン

ナダルが二年ぶり二回目の優勝を飾った。 決勝戦自体は、3-0で完勝。 対戦相手のベルディッチはいい戦いをしていたが、サービスゲームをキープするときも、かなり厳しいプレーを強いられていた。 その為、ナダルがプレーのレベルを上げてくると、キープすることができなかった。 集中力、モビリティ、ストロークの質。 サービス以外はナダルが圧倒的に優れていた。 二人の力の差はかなりあったと言えよう。......続きを読む»

ブラジル敗退の衝撃

あまりにも脆かったブラジル。 前半はほぼ完全にゲームをコントロールし、1-0でリードしていたブラジル。 その後もチャンスを作りつつ、追加点を奪いゲームを終わらせようとした。 ところが一つのミスが全てを台無しにした。 後半8分、スナイデルのセンタリングにGKジュリオ・セザールが飛び出てパンチングを試みるが、味方DFと接触し空振り。 ボールはそのまま無人のブラジルゴールに吸い込まれていく。......続きを読む»

遠かった世界ベスト4への道 日本対パラグアイ

日本のワールドカップは終わった。 グループリーグを突破してのベスト16。 これをどう総括するのかは、別の機会にして、今日はパラグアイ戦を振り返ろう。 日本はグループリーグ3ゲームと同じく守備を固めて失点を防ぐ戦術を採用。 これまで有効に機能してきていただけに、これは予想できた。 一方のパラグアイも、彼ららしく守備を固めて失点を防ぐ戦術を採用してきた。 同じような戦術を採用する両者......続きを読む»

日本代表の諸君、ようこそワールドカップへ

終わってみればあっけない幕切れだった。 3-1の勝利。 PKによる1失点は、微妙なジャッジもあり許容できる範囲だろう。 今回の勝利を実現した要因はいくつかある。 本田の先制点は引き分けでもいい日本にとって大きな追い風となった。 これでデンマークは2点必要となった。 だがこれはまだ逆転可能な点数である。 彼らはカメルーン戦でも、逆転勝利をあげており、逆転する自信はあっただろう。 ......続きを読む»

日本代表の目指すべき姿

グループEのもう一試合である、カメルーン対デンマーク戦。 カメルーンが先制したが、デンマークが逆転。 2-1で勝利しました。 試合内容はカメルーンは相変わらず、個人技だけで勝負するので、デンマーク守備陣を崩せず。 先制した場面は、デンマークDFのミスパスからの得点。 カメルーンの攻撃は機能していなかった。 とにかく何でも個人で突破しようとするカメルーン。 彼らがパスするのは前が詰まって......続きを読む»

W杯 日本対オランダ 最善の敗戦

0-1での敗戦は悪くはない結果だ。 この時点で、デンマーク対カメルーン戦の結果がわからないが、これで日本は勝ち点3の得失点差0。 これでデンマークはカメルーン戦に二点差以上で勝たなくてはならなくなった。 カメルーン戦での1点差の勝利では、デンマークは日本戦に勝たなくてはならない。 内容的にもいい試合だったと思う。 カメルーン戦に続き、まず自陣に守備網を築いて強力なオランダ攻撃陣を迎え撃......続きを読む»

勝利が覆い隠した現実

さて世の中的には、カメルーン戦に勝って決勝トーナメント進出だと意気が上がっているのだろう。 「オランダ戦で決勝トーナメント進出も」などと、あおるメディアもあるようだが、それはいくらなんでも無理だろう。 だってどう考えてもカメルーンと日本はW杯出場国の中では、下から数えた方が早い。 つまり日本は組み分けに恵まれたと言える。 先日のコートジボワール戦を見る限り、彼らと本大会で試合をしていたら負け......続きを読む»

勝利より大きい収穫 カメルーン戦

今回、勝利のポイントが守備にあったことは、昨日述べた。 今日はそれを詳しく解説してみよう。 日本代表が失点する場面で多いのが、中盤で押し上げて高い位置で、プレスを掛けにいくのだが、それがかからない時だ。 中盤は高い位置でプレスを掛けるので、押し上げる。 ところがそれにDFラインがついて押し上げないと、当然中盤とDFラインの間に広大なスペースが出現する。 プレスがかかってボールを奪取した......続きを読む»

世界が驚く前に、日本が驚いた勝利

元々、日本代表の課題は一般に言われている得点力不足ではなく、守備にあった。 理由は簡単で今年に入って失点が2失点以上ある試合が続いていたからだ。 4月以降の4試合での失点は3点、2点、2点、2点。 日本が3点以上取らないと勝てないわけで、それはかなり難しい。 2失点もすれば日本代表だけでなく、ブラジル代表でさえ勝つのは難しいだろう。 そして、今日の勝利で日本代表はゼロ点に抑え込んだ......続きを読む»

ワールドカップ今夜開幕 優勝するのはブラジルだ!

いよいよ今日、FIFA ワールドカップ 2010 南アフリカ大会が開幕します。 というわけで、久しぶりのコラムとして優勝予想などしてみましょうか。 今回の優勝予想は簡単です。 私の優勝予想はブラジル。 なぜなら今回のブラジルは、守備がしっかりしているからです。 過去のブラジル代表を見ると、ペレなどがいた昔はいざ知らず、最近は守備がきちんとしているときは好成績を収めています。 19......続きを読む»

親善試合 日本vsオランダ

日本の課題は4年前となんら変わっていなかった。 ある程度守れるが、点が取れない。 確かに前半は素晴らしいプレスをかけていて、オランダの協力攻撃陣を押さえ込んでいたし、シュートも打っていたが、枠にいくシュートは少なく、得点のにおいを感じさせる物はなかった。 日本がある程度守れることは、わかっている。 問題はどうやってそれを90分間持続するかと言うこと。 90分間ずっとプレスをかけ続けるこ......続きを読む»

ウィンブルドン男子決勝 ロディックの敗戦と成長

今回のウィンブルドン男子決勝の勝敗は分けたのは、ほんの少しの差だった。 だが最後に勝ったのはフェデラー。 二人を分けた差は、フェデラーの持つチャンピオンのメンタリティだったのだろう。 去年のフェデラー対ナダルの試合でもそうだが、テニスの試合は勝負の流れが行ったり来たりする。 だが、今回の試合は、二人が真ん中で押し合いまったく流れの動きがほとんどなかった。 それくらい二人の力は拮抗してい......続きを読む»

コンフェデ雑感

1年後にW杯が開催される南アフリカで開催されたコンフェデレーションズ・カップでブラジルの優勝で幕を閉じた。 決勝は、アメリカが二点先取する意外な展開。 ブラジルが後半に自力を発揮し、大逆転しての勝利だった。 アメリカにとっての不運は、前半に2点リードしてしまったことだろう。 彼らのゲームプランに前半2-0の状況は考えられていなかった。 今回のコンフェデレーションズ・カップを見て強く感じ......続きを読む»

ホンダ F1撤退へ

ホンダがF1を撤退する。 今日5日の午後に緊急記者会見を開く予定だ。 ホンダは新たなる出資者が12月末までに見つからなければ、F1を撤退する。 これは、F1のコンストラクターの会議において、ホンダが表明した。 その会合において、ホンダのチーム首脳がF1組織団体の会合で「1カ月以内に新たな買い手が見つからなければチームは解散する」と語ったという。 しかし、この金融危機のご時世に、......続きを読む»

吉崎エイジーニョの挑戦 つづき

ドイツ サッカー界に挑戦した吉崎エイジーニョ氏がまたまた無謀な、いやいや果敢な挑戦を始めた(^^)。 彼はなんとJリーグ参入を目指す茨城県3部リーグの「スポルティーバつくば」に入団したのだ。 彼のブログによると今、日本にはJリーグ昇格を目指すクラブが100近くあるそうだ。 そして、その中で実際に活動を開始しているクラブは60近くある。 今回、彼が入団した「スポルティーバ つくば」......続きを読む»

ブラビッシモ ベッテル イタリアGP観戦記

難しいコンディションの中、ほぼ完璧なレース運びを見せたのはなんと21歳のベッテル。 まるで10年選手のような落ち着いたドライビングだった。 奇しくも、今年初優勝をあげたドライバー三人、表彰台にが上がったが、この中では、ベッテルが一番ではないかと思っている。 抜群のマシン・コントロールに、冷静さを失わない精神力、そしてインタービューを聞いていてわかる頭の良さ。 彼は優れたドライバーが持......続きを読む»

マクラーレンの控訴は認められない可能性も

先日のブログで、ベルギーGPでのハミルトンへのペナルティに対してマクラーレンがFIAの国際裁判所へ控訴し、受理されたと報じたが、どうも事情はもう少し複雑である。 正確には日曜日にマクラーレンはペナルティを受けて、控訴の意向を示した。 ペナルティに不服のあるチームは8日以内に控訴する権利が与えられている。 だから、まだ正式にマクラーレンの控訴が受理されたわけではない。 問題が複雑なのは......続きを読む»

マクラーレン FIA国際裁判所へ提訴

ハミルトンへの25秒加算のペナルティを受けて、マクラーレンはすぐさまFIA国際裁判所へ提訴した。 だがこの判定が覆される可能性は極めて低い。 マクラーレンの提出したデータは証拠採用されない ホンダがコレクター・タンクで失格した裁定に抗議した時もデータを提出したが、信憑性が疑わしいとして証拠採用されなかった。 画面を見るとわかるが、ハミルトンはストレートで明らかにライコネンを先に行かせ......続きを読む»

マッサ ハミルトンのペナルティでベルギーGP優勝

昨日開催されたベルギーGPにおいてトップでゴールしたハミルトンに25秒加算のペナルティが追加され、結果としてハミルトンは3位に後退。 これにともない2位のマッサが1位に、3位のハイドフェルドが2位に繰り上がった。 レース終了後、審議対象となったライコネンとハミルトンのバトルであるが、スチュワードはシケインをショートカットしたハミルトンは、それによりアドバンテージを得たと判断。 ライコネンは......続きを読む»

スパの森に住む悪魔 ベルギーGP観戦記

今シーズンは荒れるレースが多いのだが、毎回荒れ模様のスパでも大荒れのレースとなった。 スタート前、雨は完全に上がっていたが路面は少し濡れている状態で、第二セクターはほぼドライ。 この状況では、すべてのドライバーがドライタイヤを選択。 ピケJr以外のドライバーはすべてソフトタイヤでスタート。 スタートでは、コバライネンが出遅れ、路面が濡れていた1コーナーではライコネンが立ち上がりで飛び......続きを読む»

完勝と完敗 日本代表 WC最終予選 バーレーン戦

日本代表は素晴らしいプレーを見せてくれた。 前線からボール・チェースに始まり、中盤での守備、最終ラインの安定性。 どこからみても危なげない、守備だった。 攻撃でも、サイドバックのオーバーラップこそ少なかったが、両サイドバックは勝負に徹して、リスクを冒さずに意識して上がらなかったはずであり、ツゥーリオの上りが、セットプレー時以外ではなかったのも同じだろう。 FWの玉田、田中達也、二人が......続きを読む»

Jリーグがしなければならないこと

Jリーグが、スター選手獲得を目指すJクラブを支援する計画が浮上しているらしい。 具体的には、スター選手獲得に動くクラブに対して、Jリーグがスポンサーを募ってクラブに紹介、Jリーグがクラブとスポンサーの橋渡しをして、クラブ側の獲得にかかる負担を軽減させようというもので、広告代理店と協議の上、クラブに働きかけるという。 しかし、私はこれがJリーグにとって良いこととは思わない。 なぜなら、ス......続きを読む»

錦織 デルポトロに敗れ全米8強入りならず

錦織圭の冒険が終わった。 全米OPの四回戦で、第17シードのファン・マルティン・デルポトロと対戦した錦織はセットカウント0-3(3-6、4-6、3-6)でストレート負けを喫し、準々決勝進出を逃した。 ともにシンデレラ・ストーリーを歩んできた10代同士の対決はデルポトロの勝利に終わり、錦織の夢のような快進撃は終わった。 結果は、3-0だったが勝つチャンスが全くなかったわけでもなかった......続きを読む»

錦織圭の冒険 ベスト16へ 日本男子では71年ぶり

もう何も言うことはありません。 日本の男子が全米OPでベスト16とは。 三回戦の相手は、ATPランキング4位のダビド・フェレール。 錦織圭は6-4、6-4で連取したものの、フェレールも巻き返し3-6、2-6と取り返しセットカウント2-2に。 最終セット、サービング・フォー・マッチのゲームを、ブレークされて5-5となれながらも、そのあとを連続して取り7-5で奪い勝利した。 本当にどち......続きを読む»

錦織圭 35年ぶり三回戦進出

錦織圭がまたまた、やってくれました。 現在開催中の全米オープンで、錦織圭がロコ・カラヌシッチと対戦し勝利した。 錦織は6-1、7-5とリードした後、相手が足の不調を訴えて棄権。 三回戦に進出した。 これは、1973年の神和住純以来だそうだ。 三回戦は第4シードのダビド・フェレールと対戦する。 かなり厳しい試合になりそうだが、試合終了間まで怪我無くプレーして欲しい。 そして、1セット......続きを読む»

フェラーリ トラブル頻発の背景

フェラーリは“ロリポップマン”を起用せず、独特の信号を使っている。 バレンシアでピットストップ時に問題が発生したことから、その方法を断念すべきとの意見が聞かれるものの、チームを率いるステファノ・ドメニカリはそれを擁護している。 フェラーリが導入しているのはライトを使った新システム。 主要なメカニックがボタンを押すと、ドライバーに“グリーン”ライトが掲示される。 しかしながら、ヨーロ......続きを読む»

1 3 4 5 6 7

このブログの記事ランキング

  1. ポリバレントの本当の意味
  2. 歴史の残る決勝 フェデラーvsナダル
  3. 史上最高の戦い ウィンブルドン男子決勝
  4. みんな知っているが、誰もできないフェデラーの秘密
  5. ナダル勝利の真相 フレンチオープン決勝
  6. セルジオ越後はなぜ批判を繰り返すのか?
  7. 光と影 ナダルとフェデラーのウィンブルドン
  8. 天才サフィン 復活 今日、フェデラー戦
  9. 韓国 金メダル 北京五輪 野球 決勝戦
  10. 謎のスーパーアグリF1 新スポンサー SS UNITED

このブログを検索

月別アーカイブ

2010
07
06
2009
09
07
2008
12
09
08
07
06
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2006
12
11
10
09
08
07
カテゴリー

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年04月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss