no title

vs Deportivo Alavés 2-0 ◯ 【ティトビラノバ政権のデジャブ】

このエントリーをはてなブックマークに追加

第2節アラベス戦。 結果的には危なげない勝利だったと思います。

ただ状況は思わしくありません。

メッシ依存がえげつない。

みんなメッシを探すし、メッシもメッシでネイ、スアレス、だったら確実にパスを選択する数的不利な場面でもドリブルを選択する。 結果突破できちゃうこともあんだけど…。

この試合を見ていて12-13シーズンのティトビラノバ政権下のバルセロナを思い出しました。 あの時もメッシへの依存度がものすごくて、メッシを経由しない得点はほぼありませんでした。 そのシーズンはどうなったでしょうか? リーガは前半戦の貯金もあり獲ることができましたが、CLは準決勝でバイエルンに大敗、コパもマドリーに準決勝で敗れました。

序盤戦でメッシのコンディションがいい時は無難に勝ち点を積み重ねられます。 ただシーズンは長く、メッシも人間です。 シーズン終盤にさしかかってくると体力の消耗はもちろん、トーナメントである、CL、コパは相手のクオリティーも上がってきます。

さらにビラノバ政権下よりよろしくない状況があります。 これは今に始まった事ではないのですがシャビ、プジョルのような存在がチームに不在であることです。 完全に僕の主観ではありますが、メッシに少し他の選手から近寄りがたい空気感がありました。 長くバルセロナの試合を見ている方共感してくれるのではないでしょうか。 ネイ、スアレスがいればプレーに自体に遊びが生まれ、気持ちよくプレーできていることでまだ緩和されていた部分がありました。 1点目を取った後は下を向きフラストレーションを爆発させるかのようなガッツポーズ。 2点目は少し笑顔が見えましたが、すぐに険しい表情に。 これだけ名声と実力を兼ね備えた選手ですが、あくまでも11人のうちの1人。 チームとしてまとめる精神的主柱のような存在がやはりチームには不可欠です。 ちなみにイニエスタもブスケツもそういうタイプではないです。 ジダンがマドリーの監督に就任してロナウドに守備のタスクを与えスター軍団をまとめ上げたように、監督もしくは選手にそういう力を持った存在が一人いるだけで状況はかなり変わってくると思います。

MÉS QUE UN CLUB 「クラブ以上の存在」はバルセロナのスローガン。 MESSI QUE UN CLUB まだないとは思いますが、今の状況を見る限りこのままいけばメッシがクラブ以上の存在になってしまいそうです。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
バルセロナ
タグ:
ヨーロッパサッカー
レオメッシ
リーガエスパニョーラ
FCバルセロナ

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

リベンジどころか大惨敗……【プレミア雑記】

今週の乾/柴崎/久保/森岡/小林/堂安/奥川/関根/内田(8/28)【POOH - San の蹴球見聞録】

第3節結果:3連勝はフェイエノールトとPSVだけに。4チームが3連敗で代表戦休み。デ・クールの人工芝が灼熱に【我がフェイエノールト】

ブロガープロフィール

profile-iconpanenka

バルセロニスタです。
グアルディオラ時代の2011-2012シーズンが地球上、歴史上、最強のチームだと思っています。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:12071

(09月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. リーガ開幕前 バルサの仕上がりは?
  2. vs Real Betis 2-0 ◯ 【ブスケツのポジショニング】
  3. vs Deportivo Alavés 2-0 ◯ 【ティトビラノバ政権のデジャブ】
  4. vs RCD Espanyol 5-0 ◯ 【メッシ依存】

月別アーカイブ

2017
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss