Over 40からの人類の天辺への道

世界(人類の)の先を行くには

このエントリーをはてなブックマークに追加

何を当たり前に設定するか。これは現世界トップを目指す選手、監督、コーチにとって最重要マインドセット(考え方の基本的な枠組み)だ。

人間は規範の中で生きている。スポーツでいえば、陸上でいえばボルトがすごい記録を出したから、僕も、私も9秒くらい行ける。体操なら 白井選手が4回ひねったから僕、私も2回、3回くらいすぐ?できるようになるぞ。

そう、人間は序列を構築するのだ。ある枠組みの中で自分の位置を確認して動き出す。でも本当に現世界のトップを行きたいならそれでは間に合わない。

例えば人間は100メートルを8秒で走るんだとコーチに刷り込まれたメディアとは無縁のある筋力に優れた部族の人間を育てたなら、 いきなり世界新記録を出す選手が出る確率は高いであろう。

5回ひねりが普通だと教わるマイナーな国の選手がいきなり世界大会に出たら白井君もびっくりかもしれない。

その好例は体操のレジェンドジュニア塚原選手(現オーストラリア国籍)でしょう。全国大会とかの指標がはなから脳内になく、はなから世界トップになるだけのトレーニングを当たり前に受けた。細かい過程事実やはここでは割愛m(==)mその結果世界大会出たらいきなり(もちろん国内大会を勝ち抜いたのは当然ですが)メダルを取る。序列をつける間もなく頂点だけを見た(見せられた)結果だ。

このマインドセットを指導者と選手が完全に共有してるのが中国であろう。だから今回の世界選手権は細かいミスがあって中国の結果はもうひとつだったが、技では完全に日本の5年から10年先を行っている。この差はもう何十年も埋まっていない!

情報筋によるとFIGでは独創技の評価は重要視されていないようであるが。流行にはサイクルがある。 今後体操に限れば美しさと完成度(現Eスコア)での勝負は限りがあるであろう。体操の原点「こんなことできるのか!」現Dスコアの比重が増えることは必至であろう。そのトレンドの中では「あの国の選手がやった(成功した)技やってみよう」では日本が頂点に立ち続けるのは黄信号になるのではないか。いつの間にか欧米主導になった柔道のようになる必要はない、体操もFIG主導じゃなく今日本が強い内に日本体操発信で引っ張って行ってもいいのじゃないか。でも現日本は新技より『既出の技を完璧に』が主流だから、ダメか。。。ん~これは以前述べたように、日本人気質『既出の製品をもっといいものに』と同じだから厳しいか!

でも井村雅代さん(日本、中国、イギリスのシンクロナイズドスイミングの指導者)の言葉は流石わかっている!と思わせるものだ。

~NHK 達×達より抜粋~

“人間って必ず一人目が大変で、一人目が出来たら必ず真似をするわけ。100m走るのんでも、カールルイスが10秒切った時「鳥人」言うて誰が次かって。今なんか9秒台でも予選のこれますか?でしょ?進化するからね。ということは「できるんだ」と思うわけですよ。「できるんだ」と思う心になるまでが大変。できたの見たら、できて当然と思う。”

“本当の指導者の力は、見本のないトップを引っ張る力。”

She knows how to break cognitive bias of human beings!!

追記:

関野吉晴(探検家、医師、武蔵野美術大学教授) ~グレートジャーニーより抜粋~

‟人が増えたり、よそから人がやってきたら、 残るのは強い人で、弱い人が突き出されます。 弱い人はみんな、追い出されて新しい土地に行く。突き出された人の中には、滅びる人もいっぱいいたはずです。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
体操
スポーツ心理
認知スポーツ科学
スポーツ心理、コーチング、体操
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

日本の育成力が見える12月【かぼすシュートの蹴球アラカルト】

「2015年は大変お世話になりました」 長谷部 直子です。【女子ラグビーチーム『YOKOHAMA TKM』コーチングレポート】

新年恒例「丸亀ランクリニック」今年も私が行きますよ!!【青山剛のKeep on Running!】

にしやん松戸ラグビー教室2015-53【Dream Rider  西山淳哉】

松戸ジュニアラグビー練習会2015-40【Dream Rider  西山淳哉】

生まれた日によってスポーツでの活躍のチャンスが奪われるようなことがあってはならない【Armar know Jack Bigwild】

にしやん松戸ラグビー教室2015-52【Dream Rider  西山淳哉】

体操進化論【Over 40からの人類の天辺への道】

ブロガープロフィール

profile-iconover40olympian

一種目だけで世界で活躍出来る時代の到来です!The time will come!The time has come!辞めなくて良かった、と言いたいところですが、いろいろ回り道もしました。現在、いばらの道踏みまくり中!年齢は自分にとってはただの数字ですが、葛西選手や三浦選手に続き世の中にポジティブインパクトを与え、日本人のメンタルボックスを取り払う一助になりたい!

そしてホモサピエンスの進化論の一旦を少しでも担いたい!

と言うことでI'm back on my trail again⇗



And again,I'm undaunted⇗
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:3971

(11月07日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 体操進化論
  2. 世界体操(予想) 吊り輪 新潮流はギリシャから!?
  3. 第69回全日本体操種目別選手権大会  1日目 所感+発見!? 出てませんので。。。
  4. 取り上げ方が違う、羽生vs内村&白井
  5. 東日本インカレ体操 観戦そして所感+A
  6. 世界体操(結果) 吊り輪 新潮流はやっぱりギリシャからでしたね!
  7. 筋肉の隙間をなくす!
  8. 今更新技そしてアウェイ
  9. 初めまして
  10. パワーポーズから入ろう!自信を持ちたい全ての人へ!

月別アーカイブ

2017
06
03
2016
03
02
2015
12
11
10
09
07
06
05
04
03

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月07日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss