世界中放浪コーチの感想

サッカー柴崎岳選手から学ぶ海外移籍の大変さ、そして英語を勉強する大切さ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

今回はサッカーの柴崎岳選手から学ぶ海外での大変さと英語を勉強する大切さについて書いていきます。
クラブワールドカップで活躍した柴崎選手ですが、スペイン2部テネリフェに移籍しました。 ですが、改めて日本人の海外適応の難しさを考えさせられました。

「 環境が変われば習慣が変わる 」

分かっているはずなのに、適応できない。 これはとても難しい問題です。 特に日本のスポーツ選手は勉強を怠っているので、コミュニケーションがほかの国の選手より間違いなく下手です。
特に今回のケースはそれを象徴しているのではないでしょうか?(空気が悪いなど外的要因による合う合わないはあり得る) 結局、どの国行っても日本人グループ固まってしまう傾向が強いです。

私たちはテニスをする以上、英語でコミュニケーションが取れないと話になりません。 英語を勉強してから海外に出るのと、全く勉強しないで現地で覚えようとするのでは理解度が全く違います。 ジュニアからしっかり英語を勉強してから、海外に出てください。

私が知っている限りでは、修造チャレンジでも英語のレッスンがあり、テニスの強豪校でも英検(ないよりまし)を取るように授業をしたり海外留学をするところもあります。 アメリカの大学に進学するために、SAT等の講座を開く会社も増えました。

英語を使う環境はどんどん広がっています。

テニスで海外に行きたい選手は、しっかり英会話を勉強してください。 そうじゃないと、孤立してホームシックになり帰国することになりますよ(笑)

P.S 今週末は久々のお休みのため、投稿はこれだけです。 これからカップケーキとムースを作るので「スイーツ系コーチ」になりそうです(笑)



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
雑談
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

サッカー柴崎岳選手から学ぶ海外移籍の大変さ、そして英語を勉強する大切さ。

TCE00073689

コメントありがとうございます。

元プロの方に読んでいただき光栄です。
まさにその通りで、ジュニアの場合は間違いなく、本人の努力でしかありません。
海外に行けば否応なしに使わざる得なのですから。

私としては、短い間でもキャンパーとしてくる選手でも海外の選手ともっとコミュニケーションを取ってほしいのです。
日本からくる選手のほとんどはしゃべれず、あまり海外の選手にかかわずに帰ってしまいます。
それだけに、英語が喋れないのが残念なのです。(私もそこそこですが)

また、コメントしていただけたら幸いです。
よろしくお願いします。

「サッカー柴崎岳選手から学ぶ海外移籍の大変さ、そして英語を勉強する大切さ。」へのコメント

元海外で過ごしていたプロ現コーチです。

日本である程度勉強はしてから行くべきだと私も考えています、が
実際に体験した身としてはしっかりと言うほど勉強をしなくても良かったのかなとも感じました。
テニスというのは精神力が物を言うのは皆さん百も承知だと思います。
ではそれを培うための要素とはなにか?と考えたときに、やっぱり自分を追い込むことなんですね。

英語が少ししか分からない、毎日の練習や勉強も果てしなく辛いもの、食べ物だって日本とは違う、などなど追い込まれる要素はいくらでもありました。
しかし、上に行く選手とはそれを理解した上で更に努力を積み重ねています。
海外でも時間を見つけては勉強できますし、強くなればルームメイトも色々と教えてくれるようになります。
正直なところ、英語を勉強する時間をテニスに費やし
それ以外の時間でひたすら勉強するべきではないかと。私個人としては思います。

全ては本人の努力だと考えます。

長文失礼致しました。

いつも様々なブロガーさんを拝見させていただいております。

お体にお気をつけながらこれからも頑張ってください!

楽しみにしております。

こんな記事も読みたい

【番外編】ベテランと若手の群雄割拠 今年はランキング争いも熾烈になる・・かも?【気ままにスポーツ日記】

2月最終週のATP500(ドバイ、アカプルコ)〜王様か英雄か〜【コラムン】

錦織はクレーでは勝てないのか リオ・オープン2017 【change-the-flow】

ブロガープロフィール

profile-iconotsuyoshito

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:291481

(09月18日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. やっぱり前か!!もう下がったストロークだけでは戦えない事実
  2. 100%どこよりも詳しい西岡対ベルディハ戦超細かい解説!!インディアウェルズ現地からお届け!!!
  3. 錦織VSジョコビッチ戦を終えての考察
  4. テニスの上達が早い選手、遅い選手違い(1)
  5. プロになるにはどのくらい練習が必要!?調べて分かったやっぱり○○時間!!
  6. 今回に錦織選手の試合の感想(データなし)と強い選手の条件
  7. どこよりも遅い全豪決勝戦のデータ分析
  8. テニスコーチに夢と希望はあるのか!?
  9. 上海テニス事情 中国はつらいよ
  10. IMGについて

月別アーカイブ

2017
05
04
03
02
01
2016
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss