カープ一筋40年の独り言

訃報

このエントリーをはてなブックマークに追加

新しい年を迎え、今年の抱負や何かを書こうと思っていたところに飛び込んできたのは訃報でした。 星野仙一 彼の評価については功罪半ばするところがあると思います。 私自身、北京オリンピックの時にはかなり批判した記憶があります。 しかし「野球人」星野仙一は、決して小さな存在ではありませんでした。

『「島」じゃなくて「星」の間違いだろう!』 運命のドラフト会議から始まったプロ野球人生。 あの時すんなり巨人に入団していたら、これだけの存在になっていたのでしょうか? あの時中日に入ったからこそ「投げる闘魂」として、数字以上の存在感を示すことができたのだと思います。 決して凄い球を投げる投手ではありませんでした。 しかし、投げるボールに炎が見えるほど、気持ちが入った球で相手をねじ伏せていった記憶があります。 それは、島岡明治の伝統を色濃く受け継ぐものだったと思います。 監督になってもそれは変わらず、中日における第一次政権の時は、溢れる「闘魂」そのものの采配でした。 しかし、年経るごとに采配は変わり、北京での惨敗を経て、楽天での采配は見事なものだったように思います。 田中将大の大活躍もあり、初めての日本一を獲得し、監督を勇退したわけですが、彼に求められるものはもはや一球団の監督とか、そんな小さなものではありませんでした。 広い人脈もあり、発言に力がある彼こそがコミッショナーになって、プロ野球界を大きく変革してほしかった、私は心からそう思っていました。 球界にとって大きな損失ですよね。 本当に残念です。

新年早々ではありますが、心からご冥福をお祈りいたします。

移転先の新ブログ カープ一筋45年の独り言



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
NPB一般
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

巨人・畠、新人で6勝!過去巨人で6勝以上の新人投手と「2年目のジンクス」【プロ野球個人成績の話。マニアというよりフェチなんです!】

ブログ移転先開設のおしらせ【ひまスポ ~オリファンの愚痴と屁理屈~】

【ブログ終了します!】【ベイの優勝を信じてやまない太郎】

ブロガープロフィール

profile-icononlycarp30years

東京在住のカープファン(というよりカープが生活の一部になっています)50歳代自営業です。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:15669698

(01月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 福井と斎藤
  2. FA~栗原健太はどこに向かうのか?
  3. 前田智徳~神の境地へ
  4. 中日吉見投手の発言について
  5. 「カット打法」について
  6. カープに井端は必要なのか?
  7. 今回のドラフト会議
  8. 今村猛という男
  9. 史上最大の下剋上へ~東京への道は拓いた!
  10. 野村謙二郎という選手、野村謙二郎という監督

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss