カープ一筋40年の独り言

このページは広島に産まれ、広島東洋カープをこよなく愛する「カープ一筋40年」の独り言を集めたページです。カープファン以外の方(特に読売ファン)には向いていないページですので退出した方がいいと思います。(改題しました)

onlycarp30years

東京在住のカープファン(というよりカープが生活の一部になっています)50歳代自営業です。 もっと見る
  • 昨日のページビュー:4873
  • 累計のページビュー:15067453
  • (07月23日現在)

最新の記事

最後に水をさされたけれど・・・いい勝ち方でした

今夜は薮田に尽きますね。 ストレートの走り、変化球の切れとも抜群でした。 ゲレーロには旨く打たれてしまいましたが、それ以外はピンチらしいピンチもなく6回を投げ切りました。 広島の熱い夏をうまく乗り切った格好です。 打線も、序盤は柳の素晴らしい投球にかわされていましたが、中盤松山の気迫の内野安打で先制すると、柳の降板後には丸がしっかり仕事をしてくれました。 柳投手は腕がつったとのことでしたが、これこそ......続きを読む»

暑い夏の夜に負けた

今日はジョンソンの出来が全てでしたが、今年一番の暑さを乗り切れなかったのが原因だったかもしれません。 二回木下の予定外の死球の後、バルデスを打席に迎えて、集中力が切れていたようにも見えました。 三回は立ち直ろうとする矢先のエラー。 その後は大島も初球 アウトに取ったとはいえゲレーロも初球 そしてビシエドに対しても初球 慎重さのかけらもなく甘いストレート系を配して痛打される姿には、集中力欠如と言われて......続きを読む»

常に青信号!

一昨日、昨日とカープ打線はしっかり点を積み重ねて連勝しました。 打線は本当に好調ですね。 そんな中見逃せないのが河田コーチです。 ガンガン回しますね。本当に驚くほど回しています。 昨日の8回ですが、新井の二塁打での誠也は当然としても、安部のライト前でも回しましたね。あれには驚きました。 福留の捕球位置を考えるとさすがに止めると思うのですが、それでも回し、野間は見事に生還しました。 さすがに次の會澤の......続きを読む»

やはり新井さんですね

この三連戦の前に金本監督はこう言ってました。 「6回までに1点でもリードして継投で逃げ切る」 打線で劣る阪神は、ロースコアの戦いを想定していたのだと思います。 初戦はその言葉通りの戦いになりました。 昨日は早い回からカープ打線が爆発し、そのまま逃げ切りました。 そして今夜は、ルーキー小野の好投で、恐らくは阪神の思惑通りの展開で中盤まで来たと思います。 しかし、一つだけ想定外だったのは5回までほぼ完ぺ......続きを読む»

簡単に勝たせてはくれないですね

後半戦が開幕しました。 いきなり甲子園での阪神戦はきついところですが、今日は打線爆発で後半戦初勝利となりました。 昨日も決して悪い試合ではありませんでしたが、祐輔が肝心のところで粘り切れず、打線はメッセンジャーからの継投に封じ込められました。 今日は得意にしている岩貞を早めに攻略し、大瀬良もしっかり腕を振っての好投だったのですが・・・ 8回はスタミナ切れでしょうか? 急にストライクボールがはっきりし......続きを読む»

岩ちゃん捕手をまたぐ(笑)

今日は何といっても岩ちゃんでしょう。 7回2死満塁。 昨年も今年もなかなかチャンスが与えられない中、ようやく巡ってきた今季初打席でした。 ノー感名空振りを繰り返した後、一球ボールを見ての4球目。 外寄りのストレートを叩いた打球は、本当に岩本らしい打球でした。 岩本の左中間への打球は本当によく伸びます。 あっという間に打球がフェンスに届く間に、菊池と丸はほーうを駆け抜け、新井はホームに驀進していました......続きを読む»

赤松3軍合流!

胃がんからの復帰を目指す赤松がついに3軍合流! 今季中の1軍復帰を目指しての第一歩は、まずはリハビリ組の3軍からですが、大きな一歩になりました。 思えば昨年のVロードは、交流戦時のコリジョンサヨナラからだったと思います。 そのタイムリーを放ったのが赤松でした。 守備に走塁にとチーム内の存在感を示していた赤松が、バットで大きく貢献した瞬間でした。 それから1年。 チームはさらに強くなり首位を快走してい......続きを読む»

誠也の4安打

ここまで3割近い打率でホームランもそこそこ出て打点は2位・・・ それでいながら誠也は悩み続けていたと思います。 タイミングが取れない・・・ インパクトあるホームランが出ているから目立ちませんが、チャンスであまりにもあっさりした打席が多いのも、しっかりタイミングが取れていないからです。 もちろん4番に入って、相手投手の攻め方が変わってきていることもあると思います。 内角を厳しく攻められ、外角もギリギリ......続きを読む»

シンデレラストーリーは終わらない

そのボールは魅入られたように真ん中に吸い寄せられていき、そのボールをひっぱたいたバティスタの打球はものすごい勢いで、レフトスタンドの先の防球ネットの半ばほどに突き刺さりました。 その時、マツダスタジアムは歓声だけではなく、驚きを含んだどよめきが起こるほどでした。 ここまでカープ打線を翻弄してきた今永の108球目。 バティスタの一撃は、試合の流れを一気にカープに持ってくるとともに、勝利を持引き寄せまし......続きを読む»

神宮の夜はやっぱり今夜も熱かった

最後はやはり新井さんでした。 昨日の試合では、ヤクルトナインの勝利への執念と根性は凄まじいものでした。 絶対連敗を止めるんだ、という強い意志がワンプレーワンプレーにも感じられました。 5回に集中打で大瀬良から3点を取った時なんか、凄い圧力を感じました。 しかし、カープはいつもと変わらぬ野球を続け、負け試合を引き分けに持ち込みました。 けが人だらけのヤクルトとカープとの差と言ってしまえば簡単ですが、......続きを読む»

神宮の夜は今夜も熱かった

今夜は、昨日の勢いをそのまま持ち込んでの快勝でした。 立役者の薮田は、いきなり点を取られるとギアを上げ、一気に7回を投げ切りました。 特筆すべきは11三振の内容です。 その大部分は150キロ超のストレートで取っているということです。 今夜はフォークをあまり使わず、威力満点のストレート中心の投球だったように思います。 時折投げるカーブがうまく緩急をつけることになり、ストレート勝負をアシストしていました......続きを読む»

七夕の夜空に向かって打て

「回ってくる予感はあった」 おいおい新井さん。9番から始まる9回表ですよ。新井さんの出番は7番投手のところです。 回るってことは、どういうことかわかっているの? と言いつつ、私も新井まで回してくれと願っているカープファンの一人でした。 そこまでの試合展開がひどすぎましたから、負けるにしても新井の出番がある試合にはしてほしかった、というのが本音です。 久しぶりの戸田は、山田を抑えることができずに試合を......続きを読む»

丸に救われた

モヤモヤした試合展開でしたが、何とか勝ててほっとしています。 勝因は丸と中崎でしょう。 それまでは何度勝ち越しても追いつかれる嫌な展開でした。 ジョンソンは良いボールと悪いボールがはっきりしており、なおかつ村田と小林に対しては、なぜか甘いボールが行ってしまいました。 そんな混とんを打ち砕いたのは丸の二本目のホームランでした。 交流戦終盤から、これまで秘められていた長打力、特に逆方向への力強いスイング......続きを読む»

二試合連続完封負け

田口、菅野という好投手をそうそう打てるとは思っていませんでした。 とはいえ、これだけ打てないとちょっと考えなければならいかもしれません。 カープの場合、相手が好投手だとファーストストライクから積極的に打つことで対応してきています。 しかし、この二試合はそれが裏目に出てしまっています。 早めのカウントで打つということは、凡打に終わった場合は球数少なく乗り切られてしまうからです。 結果として、相手のベン......続きを読む»

俺たちは強いんだ

6回裏を終わって、こんな結末になることを誰が予想したことでしょう。 6回は唯一柳に合っていた丸にも回ってきたのですが、あっさりと三者凡退でしたから、久々に敗色濃厚という状況です。 そのチームを救ったのは磯村であり、松山であり 試合を決めたのが誠也だったということになります。 それにしても、あの場面で磯村が打つと思いますか? 数少ない柳の失投を捉えた打球は、しっかりしたスイングに乗ってレフトスタンド最......続きを読む»

一つ上のレベルへ

リーグ戦再開後、確かにカープは3勝1敗と順調に来てはいます。 しかし、火曜日の試合のように明らかな勝ち試合をひっくり返されるという、悪い部分も孕んでいるが故に、今一つその力がどの程度なのか確信できないでいます。 その中で、今日からの中日戦は試金石となるべき3連戦になります。 中日は交流戦を5割で乗り越え、リーグ戦開催後は巨人阪神相手に5勝1敗と好調です。 打線はともかく、若手と外国人が融合した先発陣......続きを読む»

新井貴浩という存在

今日の試合は素晴らしい逆転勝利でした。 そしてその立役者は、我らが新井先生でした。 7回ツーアウトから四球、二塁打でつかんだチャンスで、代打で出てきたのが新井でした。 その時私の脳裏に浮かんだのは「新井貴浩という存在」という事でした、 今年の新井は盤石のレギュラーではありません。と言って代打要因というわけでもありません。 しかし、やるべきとに結果を残すその姿は、実は今も「四番打者」なのかもしれません......続きを読む»

菊池涼介の存在感

交流戦がある今のペナントレースには「開幕戦」が4回あります。 その三回目の開幕戦は、打線が爆発しての大勝となりました。 試合としてのポイントは、ジョンソンが投じた初球をはじき返した高山の打球を、菊池が好プレーでアウトにしたことだと思います。 ペナントレースの開幕戦では、ジョンソンは高山に初球をはじき返されて、結局リズムに乗ることなく敗れました。 しかし今日は、わずか1球でワンアウトを取れたことにより......続きを読む»

交流戦総括

12勝6敗 交流戦の勝率自体はソフトバンクと並び、直接対決に敗れたために2位になってしまいましたが、長年の交流戦に対する苦手意識は払しょくされたといって良いと思います。 昨年はコリジョンサヨナラや誠也の連続サヨナラ弾など、最後の一週間を6連勝で乗り切ったわけで、どちらかと言えば勢いで勝ち越した感じがありましたが、今年はどっしりと自分の戦いをしながらの貯金6です。 これは昨年の優勝という結果が、一回り......続きを読む»

ゾーンに入っている丸

やはりソフトバンクは強いですね。 最後の最後までハラハラドキドキの展開でしたが、何とか勝ちきることができました。 その立役者はもちろん丸。 同点に追いつくきっかけを作った、チーム初ヒットも丸でした。 そして8回。マウンド上には昨日三振に打ちとられた岩崎。 その岩崎の初球ストレート。 多少甘かったとはいえ153キロのストレートを見事に捉え、丸で昨日の録画を見るように打球は左中間スタンドに吸い込まれてい......続きを読む»

丸の三連発

今日は、試合には敗れてしまいましたが、いいものを見せてもらいました。 丸の三打席連続ホームランです。 全てバンデンハークの150キロ超のストレートを打ち返したものですから、その価値は高まります。 今年の丸は本当に安定していますね。 4月末辺りには3割を切る時期もありましたが、その後は3割以上をキープし、勝負強い打撃でチームを支え続けてくれています。 思えば、昨年優勝したとはいえ、丸自身は3割を打てず......続きを読む»

覇気で3連勝

今日は非常に良い展開での快勝でした。 相手のミスに付け込んで初回にビッグイニング。 中押しはホームラン。 ダメ押しは下位打線でのタイムリー。 先発は責任イニングをしっかり投げて、リリーフ陣は無失点継投。 文句なしではありますが、今日の岡田にはちょっとがっかりさせられました。 初回から丁寧な投球で3回まではほぼ完ぺきな内容でしたが、4回になって突然ストレートの制球を失い、最後まで治りませんでした。 前......続きを読む»

本当に今年も打ってしまいました

4時間半近い試合の終わりに、主役になったのは昨年同様誠也でした。 いろいろあって迎えた12回裏の攻撃。 ややオリックスに流れが行っていた中で、九里が見事な投球でその流れを断ち切った直後でした。 マウンドには佐藤達也。 ボール先行、3球目をファールした後の4球目。 真ん中やや外寄りの153キロのストレートを迷い無く振り抜いた打球は、ライナー性の力強い球道で左中間スタンドに吸い込まれていきました。 その......続きを読む»

薮田和樹~成長の証

今日の試合は松山に尽きるでしょう(笑) でもあのプレーがなかったら、恐らく試合展開は全く別なものになったことでしょう。 プレーボール直後のビッグプレー、しかも初球でしたから、そのあと薮田が乗っていくには最高のプレーだったと思います。 薮田は大きな危機感を抱いてマウンドに登ったことと思います。 祐輔とジョンソンが戻ってきて、ローテーション再編の中、まずまずの結果を残してきた先輩九里があっさり中継ぎに配......続きを読む»

楽天戦連敗に想う~秋には再び杜の都へ

体調不良のためしばらくお休みしていました。すみません。 さて、具合が悪くても試合だけは見ておりましたが、楽天の強さの秘密を自分なりに感じたので、それを書かせていただきます。 楽天打線が好調だ、という評判だったのでそこを中心に見ていたわけですが、土曜日と日曜日はむしろ投手戦に近い内容でした。 美馬と岸という好投手が先発してきたので苦戦は予想されましたが、特に美馬の出来は素晴らしかったです。 この二人......続きを読む»

お帰り!ジョンソン!

今夜はジョンソンの復帰戦でした。 それを打線が16安打12得点の熱烈歓迎で出迎えました。 ジョンソンの投球内容については課題だらけではありましたが、早めの援護で楽に投げられたことは確かです。 あとは何試合か投げていくうちに、本来の球威と切れを取り戻すことでしょう。 ジョンソンの復帰で九里がブルペンにまわり、投手陣もどうやら形になってきました。 ファームではヘーゲンズも好投し、戸田もいつでも上がれる状......続きを読む»

とりあえずのリベンジ

今日は好ゲームと言える試合だったと思います。 誠也の先制弾 丸の中押しタイムリー 野間の足でダメ押し点 点の取り方は見事でした。ただ、7回に追加点取っていればもっと楽な展開にはなっていたでしょう。 ジャクソンがストレートを狙い打たれて1点差に迫られはしましたが、逆転を許すこともなく逃げ切ったのは、まさに中崎と今村のおかげです。 誰かが不調でも、残りの仲間がカバーしきれていることが、連勝と言う好循環に......続きを読む»

やはりバティスタでしょう

今夜はやはりバティスタですね! 逆転ツーランに、斎藤を降板に追い込む二塁打に、ダメ押しのホームラン・・・ 出場4試合で4ホームラン!凄すぎます! これまでの打席を見ていますと、ホームランは全て甘い変化球をしっかり振りぬいていることがわかります。 ですから課題としては、力あるストレートを打てるかどうかという点になります。 実際、今日の最終打席は、エスコバーのストレートにバットを粉砕されました。 恐らく......続きを読む»

札幌の地で

昨年の日本シリーズ。 ここ札幌では一つも勝つことができず、そのまま敗れ去ることになりました。 ジャクソンも中崎も、この札幌で抑えきれずに一発を浴びました。 その因縁の地で、今年のカープは先手を取ることに成功しました。 ミスからいただいたワンチャンスをしっかり生かしての逆転勝ちは、カープナインの集中力と粘りによるものです。 丸の同点打にしてもエルドレッドの逆転打にしても、目の前の1球に対する集中力から......続きを読む»

完勝

今日は理想的な試合展開でした。 先発が試合中盤まで試合をしっかり作り、打線は先制、中押し、ダメ押し。 継投で登場する投手もしっかり無失点で締めての完勝です。 中村は素晴らしい投げっぷりでした。 まだ、會澤のミットをめがけて腕を振っているだけかもしれませんが、キレのいい球を投げ続けました。 6回は自らの悪送球で失点しましたが、6回1失点は見事な投球です。3勝目に相応しい内容でした。 打線では丸がチーム......続きを読む»

1 3 4 5 6 7 8 9 62 63

このブログの記事ランキング

  1. 福井と斎藤
  2. FA~栗原健太はどこに向かうのか?
  3. 前田智徳~神の境地へ
  4. 中日吉見投手の発言について
  5. 「カット打法」について
  6. カープに井端は必要なのか?
  7. 今回のドラフト会議
  8. 今村猛という男
  9. 野村謙二郎という選手、野村謙二郎という監督
  10. 史上最大の下剋上へ~東京への道は拓いた!

このブログを検索

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss