ダービージョッキー大西直宏 騎手の視点

日本ダービーをはじめ通算512勝を挙げた元JRA騎手・大西直宏のオフィシャルブログです。

onishi-naohiro

元JRA騎手。1997年には、サニーブライアンに騎乗して皐月賞・日本ダービーの2冠を達成。通算512勝、重賞12勝。引退後は、騎手ならではの視点で競馬を表現するターフメディアクリエイターとして、レース解説などを発表。日刊スポーツを もっと見る
  • 昨日のページビュー:7188
  • 累計のページビュー:1619016
  • (03月30日現在)

最新の記事

シュンドルボンを導いた吉田豊騎手の選択

先週日曜日のメインは東西ともに牝馬の重賞。 中山競馬場では第34回中山牝馬ステークスが行われ4番人気シュンドルボンが優勝し、初重賞勝利をあげました。 重賞経験は今回がまだ3戦目という5歳馬ですが、昨年1年間の成績を見ると条件戦とはいえ9戦し7連対(うち3勝)は大したもので、こういう堅実な走りができるのは素質があるからこそ。 いよいよ本格化してきたということでしょう。 レースは16頭立ての16......続きを読む»

3月19・20・21日の注目馬情報

注目ランクMM 手塚 厩舎 マレーナ ※中山7-12R・4歳上1000万下・ダ1200mに出走予定 人気を裏切る大敗を喫した前走だが、少々気難しさがある馬だけに、内枠で揉まれる競馬になったことが堪えた様子。「まともならあんなに負けることはありません」と、レース直後に次走での巻き返しを期す話が聞こえてきた。少し間隔は開いたが、仕上がりに問題はないとの報告。外枠が条件になるが、それが叶えば勝ち負けに持......続きを読む»

抜けた3頭がやはり上位3着を独占

皐月賞のトライアルレース第53回弥生賞が先週、中山競馬場で行われました。 つまらない、と言われようとも僕がこのレースで注目していたのは1~3番人気馬3頭です。 今年の弥生賞メンバーでこの3頭の力が抜けているのは明らか、その通り4着馬に5馬身もの差をつけて上位3着を占める結果となりました。 ただし優勝したのは1番人気と人気を分け合う形になった2番人気馬マカヒキ。 1コーナーを回るときは最後方の......続きを読む»

3月12・13日の注目馬情報

注目ランクB 小島太 厩舎 フォワードカフェ ※中山5-9R・館山特別・芝2000mに出走予定 叩き2戦目の勝負話を我がチーム飯塚がお伝えし、1万3620円を含む3種馬券的中をお届けした前走。惜しくも2着止まりだったが、相手は準オープンで2着もある実力馬で、仕方ないとも言える。この中間も坂路で迫力満点の動きを見せており順調そのもの。叩き3戦目となる次回こそ勝ち上がり、厩舎の先輩でもあるディサイファ......続きを読む»

少頭数ながら実績馬が揃った中山記念

先週の第90回中山記念は、出走頭数こそ11頭と少なめですが皐月賞馬が3頭集まり、他のメンバーも重賞での実績ある馬ばかりの何とも豪華なレースとなりました。 どの馬が勝ってもおかしくない今回は非常に予想が難しかったのですが、その中で僕が注目していたのが4番人気アンビシャス。 鞍上のルメール騎手はこれまでに3戦騎乗し3勝、初重賞勝利となった昨年のラジオNIKKEI賞も彼が手綱を握り相性は抜群。 馬の......続きを読む»

1 2 3 5

このブログの記事ランキング

  1. 日本ダービーを若い川田騎手が勝った意義
  2. 桜花賞で明暗を分けた2人の騎乗
  3. 次週の朝日杯フューチュリティSについて
  4. セントウルS 逃げ切ったビッグアーサーが抱える不安点
  5. ジャパンカップ 武豊騎手の騎乗技術の高さが際立っていましたね
  6. ダービー1・2着馬に騎乗した騎手2人の戦い
  7. 皐月賞3強を負かした蛯名騎手の好騎乗
  8. 次週のGIは国内最高賞金レースのジャパンカップです。
  9. 来週はマイルチャンピオンシップですね
  10. 荒れた開幕週を終え、次週からは3歳クラシックのトライアルが始まります!

このブログを検索

月別アーカイブ

2017
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年03月30日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss