ダービージョッキー大西直宏 騎手の視点

日本ダービーをはじめ通算512勝を挙げた元JRA騎手・大西直宏のオフィシャルブログです。

onishi-naohiro

元JRA騎手。1997年には、サニーブライアンに騎乗して皐月賞・日本ダービーの2冠を達成。通算512勝、重賞12勝。引退後は、騎手ならではの視点で競馬を表現するターフメディアクリエイターとして、レース解説などを発表。日刊スポーツを もっと見る
  • 昨日のページビュー:624
  • 累計のページビュー:2632465
  • (12月18日現在)

最新の記事

夏の福島、久々に物凄い競馬を見ました……

先週からお伝えしていたゼーヴィントが勝利を挙げましたね。 それにしてもスタート直後のフェイマスエンドの動き、久しぶりに凄い競馬を見ました。 マルターズアポジーに競りかけ、自らは勝ち馬から6秒近く遅れて最下位、勝ち馬と同じクラブの馬ですからね。福島の重賞だったこともあると思いますが衝撃的でした。 ゼーヴィントの鞍上戸崎騎手、絶好調ですね。今年も全国リーディングを獲りそうな雰囲気ですね。 次週......続きを読む»

ラジオNIKKEI賞 若手ジョッキーが初の重賞制覇を飾ることの意味

夏競馬が始まりました。 僕が現役時代に最も得意とし大好きだった福島競馬、先週はG3・第66回ラジオNIKKEI賞が行われ、2戦2勝で2番人気の支持を集めたセダブリランテスが優勝。鞍上のデビュー4年目の若手・石川裕紀人騎手と、人馬ともに重賞初制覇となりました。 レースは3番手を追走。この位置取りが良かったですね。 福島芝1800mコースのスタート地点は1コーナーまで距離がないのですが、あの位置を取......続きを読む»

七夕賞ウィーク 7月8・9日の注目馬情報

注目ランクMM 小島茂 厩舎 レッドジェノヴァ ※函館2-9R・3歳上500万下牝・芝2000mに出走予定 まだ体と気持ちが連動しないところがあり成長途上。そんな理由で前走後は放牧で成長を促した。その後は牧場から直接函館に入っている。実は、本来なら先週使う予定だったところ、軽い熱発があって1週スライドしたという経緯がある。気になる話ではあるが、「だいぶ回復して、来週追えば仕上がりそうです。休ませ......続きを読む»

福島名物・七夕賞 短冊に記す馬の名前は……

夏の福島開幕週、オープニング重賞のラジオNIKKEI賞を制したのは、僕もLINE等で注目とお伝えしていたセダブリランテスでした。 新馬戦はダートで勝利。ゆったりした競馬で勝ち上がって、2戦目は一転して速い馬場の新潟芝コース、しかしここでも抜群の決め手を繰り出し勝利、この時点でこの馬の高い性能を感じていました。 そして今回、重賞のメンバーに加え小回りコースというまた違う競馬だったわけですが、これ......続きを読む»

宝塚記念 キタサンを負かしたデムーロの手綱 横山典の騎乗にも拍手

春のグランプリ、第58回宝塚記念が行われました。 注目はやはりGIレース3連勝がかかるキタサンブラック。単勝1.4倍の圧倒的人気に支持されました。 春の天皇賞で3200mをレコードタイムで勝ってから約1か月半の間に、GI大阪杯からのレース疲れや目に見えない肉体的・精神的な消耗を取り除き、それからまた調教の日々で勝つために鍛える。芯からリフレッシュできている状態であればよいのですが、もしも前走まで......続きを読む»

7月1・2日の注目馬情報

注目ランクB 角田 厩舎 キョウワゼノビア ※福島2-10R・さくらんぼ特別・芝1200mに出走予定 前走後、すぐに降級するココを目標に設定し、計算通りの調整過程を踏んでいるという西のブレーンからの報告。不利を受けやすいキャラクターではあるが、能力は以前から秋山も惚れ込んでいるほどで、かなりのものがある。ましてや勝って同条件、さすがに人気にはなるだろうが、臨戦過程を含めて信頼の置ける存在になりそう......続きを読む»

本格的な夏競馬モードに突入します!

宝塚記念が終わりました。 勝ったのはサトノクラウン。春天を使わず大阪杯から直行してきた馬です。3着ミッキークイーンも春天以外からの参戦、やはり古馬とは言え3200mの競馬はタフで厳しいのでしょう。 そしてそこから2ヶ月弱、疲れを取るのは大変なんでしょうねぇ。 過去の傾向通り、春天組以外の好走が目立つレースとなりました。 さて、次週から夏の福島も開幕し、本格的な夏競馬モードに突入します! 夏......続きを読む»

ユニコーンS JDDは私も現地へ観に行くつもりです

3歳のダートGⅢマイル戦、第22回ユニコーンSが東京競馬場で行われ2番人気サンライズノヴァが優勝。初重賞勝利を飾りました。 当日の馬場は良の発表ながら、雨の影響で脚抜きは良く競走馬には走りやすいコンディションだったようで、こういう状態のときは必然的にレースのペースが上がります。 終わってみるとやはり前半3F34.1秒、いくら走りやすい馬場とはいえ少し速すぎかなと思います。先行馬には苦しい展開になっ......続きを読む»

宝塚記念ウィーク 6月24・25日の注目馬情報

注目ランクB 音無 厩舎 トリプライト ※函館4-7R・3歳上500万下牝・ダ1700mに出走予定 昨年の北海道シリーズで再三勝負情報をお伝えした馬。未勝利脱出が11番人気と全くのノーマークには驚いたものだ。今回は降級で再度500万条件。放牧を挟んで早めに函館入りして調整を進めている。さすがに今回は実績から人気になりそうだが、牝馬同士なら力は上位。勝ち負けになるだろう。ちなみに、音無厩舎は、今年、......続きを読む»

次週は上半期の総決算・宝塚記念 気になる穴馬は……

次週はいよいよ、上半期を締め括る『宝塚記念』ですね! 1週前の特別登録で11頭、最終的には9頭立てくらいになりそうですが、逆に馬券的には勝負のしがいがありそうです。 何か競馬ではなく、カジノみたいな雰囲気のレースですね! さすがにこのメンバーならキタサンブラックが絶対的存在。100%勝つとまでは言えませんが、3着以内ならほぼ100%と言えるのではないでしょうか? ゆえに、相手をどの馬に......続きを読む»

夏競馬開幕 暑さが苦手な競走馬をケアする関係者に最敬礼

来週の宝塚記念を終えたら上半期のGIシーズンは終了、夏のローカル競馬に入ります。 夏はすぐそこ、とはいえまだ梅雨入りして間もないこの時季は、暑いと思えば肌寒い日があったり、人間にとっても馬にとっても体調を崩しやすくとても神経を遣います。 馬は暑さが苦手なのでトレセンや近隣の牧場でひと夏を過ごすのは大変なことですが、全ての馬が涼しい北海道で滞在するわけにもいきません。ミストシャワーを取りつけ空気を冷......続きを読む»

函館開催がスタート!6月17・18日の注目馬情報

注目ランクB 小西 厩舎 ピンクブーケ ※東京6-10R・芦ノ湖特別・芝2400mに出走予定 別の意味で有名になってしまったこの馬だが、能力も確か。休み休みにしか使えない弱さはネックでも、前走でも見せてくれた終いの切れ味は一級品。「大事に育てていきたい」という調教師の言葉からも、かなり期待していることが伝わってくる。今回は初の1000万クラスに加えて、距離も2400m。新潟での強さから左回りは得意......続きを読む»

次週は乗り替わりがカギを握りそうです…!

新馬戦も開幕して2週目、早い時期とは言え東京と阪神でデビューさせるだけあって なかなか楽しみな馬が早くも現れていますね。 次週の重賞は東京では3歳限定のダート戦 『ユニコーンS』 そして待望の開幕となる北海道シリーズ函館では 『函館スプリントS』 ともに秋を見据えて注目の重賞ですね! 暮れの川崎の全日本2歳優駿の勝ち馬でNHKマイルCでも2着と、中央のGI、しかも芝でも勝負になる......続きを読む»

安田記念 力を出し切れた馬、出し切れなかった馬

5週連続で実施されたGIレースも先週の第67回安田記念でひと休み、あとは宝塚記念を残すところとなりました。 1番人気イスラボニータは、スタート後ハイペースで進んだレースで中団に位置し、鞍上ルメール騎手との折り合いも道中の手応えも良いように見えました。ところが4コーナーを回り、馬群が一気に固まったところで抜けるスペースを見つけられず、追い出すことができないまま。前がずっと壁になっていたのが辛いとこ......続きを読む»

初ダートのアノ馬に要チェック 6月10・11日の注目馬情報

注目ランクMM 上原 厩舎 クラリティシチー ※東京3-11R・アハルテケS・ダ1600mに出走予定 以前からどこかでダートを使うのではないかと見ていた馬だが、芝の前走で2着した後のこのタイミングとは少々驚いた。ただ、今回の舞台である東京ダ1600mは芝スタートでもあり、また、直線で決め手のある馬が有利になりやすいコース。その意味ではこの馬にはピッタリの舞台という可能性はある。そして、試すなら好走......続きを読む»

夏競馬 GIシーズンが終わっても是非ご覧になって下さい!

安田記念が終わり上半期のGIは残すところ宝塚記念だけになりました。 GIは終わりますが、逆にこの時期の競馬はクラス再編成で、特に条件戦は予想ファクターが増えると同時に読み応えがあるので本当に面白いですよね! 1週目の先週も東西で3歳馬や降級馬が入り混じったレースが行われました 比較的降級馬の活躍が目立ちましたが、やはり昨年の世代、サトノダイヤモンドの世代は全体的にもレベルが高いのでしょうか? ......続きを読む»

日本ダービー 腹の据わっていた横山典騎手、神業のルメール騎手

今年もこの日がやってきました。第84回日本ダービー。 大混戦と言われた今年は、どの馬の組み合わせでも好配当がつくことからもわかるように、予想する者にとっては本当に頭を悩ませるレースでした。 そして、今年のダービーは超がつくほどのスローペースとなってしまいました。 皐月賞組とは別路線組となるサトノアーサーも注目の一頭でしたが、この馬は末脚を武器とするためスタート後は後方に下げての追走、こういう追い込......続きを読む»

新馬戦もスタート 6月3・4日の注目馬情報

注目ランクB 藤沢和 厩舎 ファストアプローチ ※東京1-5R・2歳新馬・芝1400mに出走予定 オークスのソウルスターリング、ダービーのレオデオロと、この春のクラシックを盛り上げた藤沢和厩舎。層の厚い3歳馬が大活躍だったが、早くも2歳の新馬もスタンバイしている。母の弟(この馬にとっては叔父)が香港ヴァーズ勝ちのサトノクラウンという血統馬。順調に乗り込んで稽古でも良い動きを見せて仕上がり良好。鞍上......続きを読む»

ダービーからダービーへ また新しい1年の始まりです!

ダービーが終わりました。先週に続き今週も藤沢和雄厩舎とルメールでしたね。 本命視できなかった事に反省はありますが、昨年末のホープフルSを勝った時に「来年はこの馬で仕方ないな」と思っていた事が間違いではなかったことは救われます。 次週からは新たな世代がデビューします。 『ダービーからダービーへ』 また来年のダービーへ向かって繰り広げられる戦いを楽しみたいと思います。 さて、クラシック......続きを読む»

ダービーウィーク 5月27・28日の注目馬情報

注目ランクB 梅田智 厩舎 キタサンサジン ※東京11-11R・欅S・ダ1400mに出走予定 初の重賞挑戦となった前走は、本社情報筋もかなりイイ話を聞いていたようで、本命公開から的中馬券をお届けしていたが、まさに今が充実期と思わせる踏ん張りを見せてくれた。そんなこの馬が予定していたさきたま杯に出られずココに矛先を向けてきた。直近の同カテゴリー覇者が出走できないという選出方法に疑問は残るが、「具合は......続きを読む»

次週は日本ダービー 今週のコンビ再びとなりますか…?

オークスも終わり、いよいよ次週は日本ダービーです。 それにしてもルメール騎手、鮮やかな騎乗でしたね。直線、ど真ん中に出して伸びて来る辺りがまた強さを引き立たせました。併走せずど真ん中を伸びて来れる、これも能力の証だと思います。ソウルスターリング、今後が本当に楽しみです。 ソウルスターリングを管理しているのは美浦・藤沢和雄厩舎、ダンスインザムードの桜花賞以来のクラシック制覇ですかね。 ルメール騎......続きを読む»

ヴィクトリアM 牝馬のレースの難しさが如実に出た一戦

先週は東京競馬場で牝馬のマイルGⅠレース、第12回ヴィクトリアマイルが行われました。 このレース、過去の結果を見ると上位人気馬同士の決着がほとんどありません。 例えば昨年は7歳牝馬ストレイトガールが1番人気ミッキークイーンに2馬身半の差をつけて優勝、連覇を果たしましたが、前年にこのレースを制し(秋にはスプリンターズSも優勝し)ているにもかかわらず、7番人気に甘んじ配当は高め。 さらに2013~2......続きを読む»

オークス週 5月20・21日の注目馬情報

注目ランクB 中内田 厩舎 ゼンノサーベイヤー ※京都9-10R・シドニーT・ダ1200mに出走予定 西のブレーンによれば「担当はかなり自信を持っているようです」とのこと。この担当は腕利きで、同日の平安Sに出走するグレイトパールも手掛けているのだが、口ぶりからすると、何やらゼンノの方により自信がある様子だったそうだ。前走は逃げた勝ち馬が強すぎただけであり、この馬の評価が下がるものではない。その2月......続きを読む»

オークス&ダービーはもう間近 トレセンの雰囲気も…

春の連続東京GIもいよいよ佳境を迎えます。 次週は優駿牝馬オークス そして翌週には東京優駿日本ダービー トレセンの雰囲気もチョッと変わってきましたね。今年もいよいよです! 今年のクラシック開幕前は…… 無敗のソウルスターリングにライバル・リスグラシュー、そして当時はレベルの高いメンバーだった百日草特別で牡馬を一蹴したアドマイヤミヤビ、さらにファンディーナの存在などがあり、「今年の牝馬は強い」......続きを読む»

NHKマイルC アエロリットの勝因は鞍上の『覚悟』と手腕

3歳のマイルGⅠレース、第22回NHKマイルカップが東京競馬場で行われました。 優勝は2番人気の牝馬アエロリット、僕も上位を窺う一角の存在と見ていました。 重賞勝ちこそありませんがGⅢで2着2回、前走の桜花賞では掲示板に載る(5着)健闘を見せるなど出走メンバーの中でも力上位。桜花賞では出遅れてしまいスムーズなレース運びができませんでしたが、今回はロケットスタートを決めて好位を楽々と取りに行けました......続きを読む»

ヴィクトリアマイル週 5月13・14日の注目馬情報

注目ランクB 宗像 厩舎 ダイワインパルス ※東京7-12R・4歳上1000万下・ダ1600mに出走予定 東京ダ1400m~1600mに高い適性を示し、これまでも数々の的中をお届けしてきたお馴染みの馬。2走前に中山で惨敗して、前走の東京で勝負かと思っていたが、「実は入厩10日で急仕上げ。これを叩いて4週目でヤリだよ」との事だった。その話を裏付けるかの様に前走は精彩を欠くレースで7着に終った。この中......続きを読む»

ヴィクトリアマイル 牝馬は実績よりも調子!

5週連続東京GIの2週目、次週は荒れるGIでもあるヴィクトリアマイルです。 古馬牝馬の春の女王決定戦ですが、牡馬相手のマイルGIで勝ち負けできるほどの存在は見当たらず、牝馬限定ならではの混戦ムードですね。 それでもミッキークイーンを筆頭に、クイーンズリング、レッツゴードンキ、そしてGIタイトルはありませんがルージュバックなどその対決は楽しみです。 ただ現時点で注目しているのは、上記の実績馬で......続きを読む»

天皇賞・春 武豊騎手のタフな作戦に見事応えたキタサンブラック

伝統のGⅠレース、第155回天皇賞・春が京都競馬場で行われました。 中距離がメインになりつつある昨今の競馬界ですが、騎手同士のペースの駆け引きや、騎乗馬をどうやって上手く走らせるかなど、距離が長くなればなるほど鞍上の技術が問われる長距離レースは短距離戦とは違った魅力があります。 熱狂の短距離戦に対し、密やかな興奮とでもいうのか、そんなワクワク感とともに騎手の腕を純粋に楽しむのが長距離の醍醐味かと思......続きを読む»

マイルCウィーク 5月6・7日の注目馬情報

注目ランクB 中内田 厩舎 ダンシングワンダー ※新潟3-11R・駿風S・芝1000mに出走予定 陣営が「アイビスSDも狙える千直の申し子」と語るこの馬。まだ8分くらいの状態という中間報告だが、当週までにはキッチリ仕上げてくるだろう。また、今回は鞍上にも注目。厩舎が「中井にオープン特別を勝たせてやりたい」と思っているらしく、ココは早くから彼に打診していたそうだ。夏の飛躍を目指して、人馬ともに結果が......続きを読む»

いよいよ、春の東京GI5連発ですね!

GWに突入しいよいよ5週連続東京GIです。 NHKマイルC ヴィクトリアマイル 優駿牝馬オークス 東京優駿日本ダービー 安田記念 やはり東京競馬場で行われるGIはどのレースもワクワクしますね! そして何と言っても『競馬の祭典』日本ダービー、今年もいよいよかという雰囲気になってきます。 ダービーが近づくと、トレセンの雰囲気もガラッと変わるんですよね。特に有力馬を管理している厩舎はもちろ......続きを読む»

1 3 5 6 7 8

このブログの記事ランキング

  1. 日本ダービーを若い川田騎手が勝った意義
  2. 桜花賞で明暗を分けた2人の騎乗
  3. 次週の朝日杯フューチュリティSについて
  4. ジャパンカップ 武豊騎手の騎乗技術の高さが際立っていましたね
  5. セントウルS 逃げ切ったビッグアーサーが抱える不安点
  6. さあ6週連続GI まずはスターホース2頭がぶつかる天皇賞・春!
  7. ヴィクトリアマイル 牝馬は実績よりも調子!
  8. 安田記念 力を出し切れた馬、出し切れなかった馬
  9. ダービー1・2着馬に騎乗した騎手2人の戦い
  10. マイルCSは雨が降れば分かりやすくなるかも?

このブログを検索

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss