ダービージョッキー大西直宏 騎手の視点

月別アーカイブ :2017年08月

夏競馬も残すところあと2週となりました。

まずは……北九州記念! 武豊騎手、鮮やかでしたねぇ。 エアスピネルに乗らずメイショウカイドウの引退式に華を添える、見事な勝利でした! 最終レース終了後、メイショウカイドウの引退式で跨ったようですね。小倉3冠馬と言うだけでも珍しいのですが、これを同一年で成し遂げました。あとにも先にもこの馬だけでしょうね。 武豊騎手も感慨深い勝利だったと思います。 札幌記念は武豊騎手と同期の蛯名騎手が制しま......続きを読む»

関屋記念 スタートでほぼ勝利を手中にしたマルターズアポジー

サマーマイルシリーズ2戦目、GⅢ第52回関屋記念が新潟競馬場で行われました。 優勝は7番人気マルターズアポジー。 マイル戦で好走した実績はあるものの、やはりこれまで1800~2000mをメインに出走してきたためか今回はこの馬にしては意外なほど人気がありませんでしたが、終わってみれば快勝、納得の結果です。他の馬に競りかけられてしまい本来の力を出せずに大敗した前走の七夕賞はともかく、自分の競馬さえで......続きを読む»

8月19・20日の注目馬情報

注目ランクB 二ノ宮 厩舎 クレッシェンドラヴ ※新潟7-9R・出雲崎特別・芝2400mに出走予定 2走前にようやく未勝利を勝ったこの馬だが、そもそもデビュー時から蛯名や戸崎といった名手が口を揃えて乗り味を高く評価していたという背景。当時はハミを取らない気難しさが祟って結果を出せなかったが、時間が経つにつれそんな面も解消してきた様子。それに伴ってキッチリ結果を出せるようになったということだろう。そ......続きを読む»

GI馬は不在でも……札幌記念は面白くなる!

夏競馬も早くも佳境を迎えますね。 次週は夏競馬のGIとも言える札幌記念です。 ただ今年の札幌記念は、残念ながらスターホースの参戦がありません。 せっかくの札幌記念なんですけどね。 GI馬はおらず、GI連対があるのが ・サウンズオブアース ・エアスピネル  の2頭。 ただ、そのぶん馬券的には面白いかも知れませんね。 1番人気はヤマカツエースか… 鞍上でエアスピネルか… それとも実......続きを読む»

8月12・13日の注目馬情報

注目ランクB 岡田 厩舎 ルナーランダー ※札幌6-9R・3歳上500万下・芝1800mに出走予定 「下手に乗ってもったいないことをしました」とはレース後の菱田騎手。この夏は各所を飛び回り活躍している彼だが、あの一戦は相当悔しかったことだろう。何しろ、確勝級の話も現地で盛り上がっていた中、中団でソツなく流れに乗っていたものの、直線で狙った内が開かずに手綱を引っ張る痛恨の不利でゲームセット。まともな......続きを読む»

アイビスサマーダッシュ 千直の舞台ならではの明暗が出た一戦

夏の新潟競馬が開幕しました。 メインは芝の直線1000mコースで行われるGⅢレース、第17回アイビスサマーダッシュ。 今年の優勝馬の勝ちタイムは54.2秒でした。 優勝はラインミーティア。 一昨年の夏から新潟開催のたびに参戦し、1000m直線のレースばかり走ってきました。出走回数は2年間でなんと12回。おそらく最も能力が発揮できるコースなのでしょう。 過去にも数回出している上がりタイム31.6秒......続きを読む»

8月5・6日の注目馬情報

注目ランクB 相沢 厩舎 リリカルホワイト ※新潟3-8R・3歳上500万下牝・ダ1800mに出走予定 ハナを叩いた前走が、馬なりのまま大差勝ち。騎乗した石川も「ビックリするくらい強かった」と舌を巻いていたようだが、確かに、ココまで変わるかと目を疑う圧勝劇だった。そんなこの馬が降級で再度500万クラスに出走。しかも牝馬同士。「前の止まらない新潟なら負けられません」と強気な話が持ち上がるのも当然だろ......続きを読む»

今年もレコードは破られませんでしたね

アイビスサマーダッシュ、それにしても勝ったラインミーティアの斬れ味、もの凄かったです。 邁進特別の時も凄い脚を見せましたが、重賞でも同じ脚を使いましたね。鞍上の西田騎手は2010年のアイビスサマーダッシュ以来の重賞制覇のようですね。 勝ち時計は54秒2でした。また1年レコードを破られずに済みそうです。 素直にカルストンライトオの記録が残る事は嬉しいですね。 札幌で行われたクイーンSは、ア......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-icononishi-naohiro

元JRA騎手。1997年には、サニーブライアンに騎乗して皐月賞・日本ダービーの2冠を達成。通算512勝、重賞12勝。引退後は、騎手ならではの視点で競馬を表現するターフメディアクリエイターとして、レース解説などを発表。日刊スポーツをはじめ、各種メディアにて連載中。また、自らの名を冠した育成牧場「N.Oレーシングステーブル」を経営。ターフに活躍馬を送り出すべく、代表として手腕を発揮している。
  • 昨日のページビュー:1409
  • 累計のページビュー:2262220

(08月21日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 日本ダービーを若い川田騎手が勝った意義
  2. 桜花賞で明暗を分けた2人の騎乗
  3. 次週の朝日杯フューチュリティSについて
  4. ジャパンカップ 武豊騎手の騎乗技術の高さが際立っていましたね
  5. セントウルS 逃げ切ったビッグアーサーが抱える不安点
  6. さあ6週連続GI まずはスターホース2頭がぶつかる天皇賞・春!
  7. ヴィクトリアマイル 牝馬は実績よりも調子!
  8. 安田記念 力を出し切れた馬、出し切れなかった馬
  9. ダービー1・2着馬に騎乗した騎手2人の戦い
  10. 皐月賞3強を負かした蛯名騎手の好騎乗

月別アーカイブ

2017
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年08月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss