ダービージョッキー大西直宏 騎手の視点

月別アーカイブ :2017年07月

新潟・小倉・札幌開幕! 7月29・30日の注目馬情報

注目ランクB 藤原英 厩舎 メジェールスー ※札幌1-5R・2歳新馬・芝1500mに出走予定 新種牡馬父ロードカナロア、質の良い牝馬との配合で抜群の好スタートを切っている。そして札幌開催でもデビュー向けて順調に調整されている馬がいる。母エイジアンウインズと言えば第3回ヴィクトリアマイルでウオッカを押さえて勝利した名牝。その母と同じ藤原英厩舎が管理、6月の下旬から函館で入念に乗り込み、良好な仕上がり......続きを読む»

今週末は思い出深いアイビスサマーダッシュ!

次週から夏の新潟・小倉開催が開幕し、いよいよ夏競馬も佳境に入りますね。 その開幕重賞はサマースプリントシリーズの第3戦となるアイビスサマーダッシュ、ご存知直線コースで行われる国内唯一の重賞競走です。 この新潟芝直線1000m、俗に「千直」と言われるコースですが、僕が現役時代、非常に相性が良く得意なコースのひとつでした。 と言うのも、大規模な改造工事が完了した2001年の夏、その最初の第1Rが「......続きを読む»

函館記念 向正面の時点でルミナスウォリアーの勝利が確定的に

梅雨が明けた関東、ここ茨城でもずっと30度以上の暑い日が続いています。夏は涼しい北海道に行きたくなりますが、今年は札幌なども暑いと聞きます。 馬はもちろん自分自身の体調にも気を配り、夏を乗り越えたいと思います。 先週は、函館競馬場でGⅢレース第53回函館記念が行われました。 優勝は5番人気ルミナスウォリアー。 馬場発表は重、時計がかかりスタミナ勝負のレースとなりました。 先に行く馬が揃ってい......続きを読む»

7月22・23日の注目馬情報

注目ランクB 菊沢隆 厩舎 ミッキースワロー ※福島7-10R・いわき特別・芝1800mに出走予定 これは鞍上としても楽しみにしている馬。しかし、それだけの能力を秘めている馬だけあって、いくらオヤジの厩舎とはいえそう何度もチャンスは与えてくれないもの。一部筋からの報告によれば、何やら今回負ければ次走は別のジョッキーを探すという話も出ているらしい。その意味で、鞍上としては何としても決めたいところだろ......続きを読む»

七夕賞 思惑あっての騎乗は否定こそできませんが……

七夕の時季にお馴染みのGⅢレース、第53回七夕賞が福島競馬場で行われました。 優勝は1番人気ゼーヴィント。 1年前のラジオNIKKEI賞を勝った福島で2度目の重賞勝利を飾りました。 このレースでは、2番人気マルターズアポジーが逃げることを全てのジョッキーが承知していました。マルターズアポジーは昨秋、七夕賞と同じ福島芝2000mで行われるGⅢ福島記念でゼーヴィントを2着に下し優勝している、今回の......続きを読む»

注目の新馬が登場! 7月15・16日の注目馬情報

注目ランクB 角居 厩舎 ヘンリーバローズ ※中京6-5R・2歳新馬・芝2000mに出走予定 コレは角居厩舎にあって「バケモノ級かもしれない」という評判が立っている馬。先週、川田が乗った追い切りでも格上馬を全く問題にしない動きを披露しており、どうやら本物のようだ。早くもクラシックの声が漏れ聞こえるほどの大器。果たしてどんな競馬を見せるのか、楽しみは尽きない。 なお、このレースは他にも池江寿厩舎のイ......続きを読む»

夏の福島、久々に物凄い競馬を見ました……

先週からお伝えしていたゼーヴィントが勝利を挙げましたね。 それにしてもスタート直後のフェイマスエンドの動き、久しぶりに凄い競馬を見ました。 マルターズアポジーに競りかけ、自らは勝ち馬から6秒近く遅れて最下位、勝ち馬と同じクラブの馬ですからね。福島の重賞だったこともあると思いますが衝撃的でした。 ゼーヴィントの鞍上戸崎騎手、絶好調ですね。今年も全国リーディングを獲りそうな雰囲気ですね。 次週......続きを読む»

ラジオNIKKEI賞 若手ジョッキーが初の重賞制覇を飾ることの意味

夏競馬が始まりました。 僕が現役時代に最も得意とし大好きだった福島競馬、先週はG3・第66回ラジオNIKKEI賞が行われ、2戦2勝で2番人気の支持を集めたセダブリランテスが優勝。鞍上のデビュー4年目の若手・石川裕紀人騎手と、人馬ともに重賞初制覇となりました。 レースは3番手を追走。この位置取りが良かったですね。 福島芝1800mコースのスタート地点は1コーナーまで距離がないのですが、あの位置を取......続きを読む»

七夕賞ウィーク 7月8・9日の注目馬情報

注目ランクMM 小島茂 厩舎 レッドジェノヴァ ※函館2-9R・3歳上500万下牝・芝2000mに出走予定 まだ体と気持ちが連動しないところがあり成長途上。そんな理由で前走後は放牧で成長を促した。その後は牧場から直接函館に入っている。実は、本来なら先週使う予定だったところ、軽い熱発があって1週スライドしたという経緯がある。気になる話ではあるが、「だいぶ回復して、来週追えば仕上がりそうです。休ませ......続きを読む»

福島名物・七夕賞 短冊に記す馬の名前は……

夏の福島開幕週、オープニング重賞のラジオNIKKEI賞を制したのは、僕もLINE等で注目とお伝えしていたセダブリランテスでした。 新馬戦はダートで勝利。ゆったりした競馬で勝ち上がって、2戦目は一転して速い馬場の新潟芝コース、しかしここでも抜群の決め手を繰り出し勝利、この時点でこの馬の高い性能を感じていました。 そして今回、重賞のメンバーに加え小回りコースというまた違う競馬だったわけですが、これ......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-icononishi-naohiro

元JRA騎手。1997年には、サニーブライアンに騎乗して皐月賞・日本ダービーの2冠を達成。通算512勝、重賞12勝。引退後は、騎手ならではの視点で競馬を表現するターフメディアクリエイターとして、レース解説などを発表。日刊スポーツをはじめ、各種メディアにて連載中。また、自らの名を冠した育成牧場「N.Oレーシングステーブル」を経営。ターフに活躍馬を送り出すべく、代表として手腕を発揮している。
  • 昨日のページビュー:4382
  • 累計のページビュー:2266601

(08月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 日本ダービーを若い川田騎手が勝った意義
  2. 桜花賞で明暗を分けた2人の騎乗
  3. 次週の朝日杯フューチュリティSについて
  4. ジャパンカップ 武豊騎手の騎乗技術の高さが際立っていましたね
  5. セントウルS 逃げ切ったビッグアーサーが抱える不安点
  6. さあ6週連続GI まずはスターホース2頭がぶつかる天皇賞・春!
  7. ヴィクトリアマイル 牝馬は実績よりも調子!
  8. 安田記念 力を出し切れた馬、出し切れなかった馬
  9. ダービー1・2着馬に騎乗した騎手2人の戦い
  10. 皐月賞3強を負かした蛯名騎手の好騎乗

月別アーカイブ

2017
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年08月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss