ダービージョッキー大西直宏 騎手の視点

月別アーカイブ :2016年04月

チェッキーノはオークスでも期待大

先週日曜日は東京競馬場でオークストライアル・第51回フローラステークスが行われ3番人気チェッキーノが優勝。 これで4戦3勝、陣営がこの馬のために慎重にレースを選び大切に扱ってきたのがわかる期待の3歳牝馬です。 母ハッピーパスは2001年の牝馬クラシック戦線を賑わした人気馬、全兄コディーノも2歳重賞2勝に朝日杯FS2着、2013年皐月賞3着など活躍した馬です。 たとえGⅠタイトルがなくても馬名を......続きを読む»

4月30・5月1日の注目馬情報

注目ランクB 梅田智 厩舎 キタサンサジン ※東京3-12R・4歳上1000万下・ダ1300mに出走予定 当初は同じ日の京都にあるレースを使うつもりだったそうだが、オーナーがその日は京都に来られないという事情に加え、前走で悔しい思いをした戸崎から「是非また乗せてください」と熱烈なラブコールがあったとのことで、この東京遠征が決まったらしい。前走も伏兵の大駆けに屈しただけで、クラス突破順番待ちであるこ......続きを読む»

皐月賞3強を負かした蛯名騎手の好騎乗

全国的に強風に見舞われた先週日曜日、中山競馬場では牡馬クラシック第1弾・第76回皐月賞が行われました。 過去にも3強と言われる年は何度かありましたが、ここまで強烈に“ザ・3強”という感じの、飛びぬけた3頭が出走する皐月賞は初めてじゃないでしょうか。 また上位人気の3頭以外も例年であれば本命でもおかしくないほど普通に強い馬ばかりで、個人的には史上最高のメンバー構成と思います。 勝つのは3強のうち......続きを読む»

4月23・24日の注目馬情報

注目ランクMM 梅田智 厩舎 サイモンゼーレ ※京都1-10R・橘S・芝1400m外に出走予定 イイ、悪いをハッキリ言う厩務員が「メチャクチャいい」と絶賛するほど、今回は具合がイイらしい。どうやら一時の不振を完全に脱したと見ていいようだ。ならば、ココでは格上とも言える存在。「ベストは1200mだけど、開幕週なら1400でも押し切れると思いますよ」とは先の厩務員。人気落ちの今回、逆張りという手もあり......続きを読む»

桜花賞で明暗を分けた2人の騎乗

先週は第76回桜花賞が阪神競馬場で行われ、牝馬クラシック1冠をかけて大変に見ごたえのある勝負が繰り広げられました。 昨年の2歳女王、単勝1.5倍の断然1番人気馬メジャーエンブレムは4着。 敗因は1つではなく、様々な要素が重なってこのような結果になったと思われますが、やはり最も影響が大きかったのは、好スタートが切れずに普段よりも少し後ろの位置取りになったことでしょう。 これにより馬群に囲まれてし......続きを読む»

4月16・17日の注目馬情報

注目ランクMM 伊藤大 厩舎 タケルアヴァロン ※福島4-3R・3歳未勝利・ダ1700mに出走予定 厩舎にとってコレは秘密兵器的存在。メンバーが手薄な福島で、大駆けを目論んでいる。ひとつ上でアグネスデジタルを父に持つ半兄のクレメンスは大井で6戦5勝と大活躍。父がタイキシャトルに替わったこの馬は、門別から中央に移り、3月から美浦で本格的に調教を開始している。ココ最近はデビューを目指してウッド中心に乗......続きを読む»

大阪杯で改めて感じた横山典騎手の凄さ

先週日曜日に阪神競馬場で行われたGⅡ第60回産経大阪杯。 GⅠ級の馬が始動にあたり選ぶことが多く、レベルの高い内容が期待されるため、頭数こそ多くはありませんが毎年とても注目されるレースです。 今年も11頭立てでGⅠ馬が5頭参戦、春のGⅠ戦線に向けてそれぞれどんな競馬をしてくれるのか楽しみにしていました。 そしてこのレースを制したのはGⅠ未勝利ながら2番人気に支持されたアンビシャス。 結果的に......続きを読む»

4月9・10日の注目馬情報

注目ランクB 中館 厩舎 チュラカーギー ※中山5-6R・3歳500万下・ダ1200mに出走予定 前走後、引き上げてきた石川は、開口一番「連勝できますよ!」と陣営に興奮気味に語ったそうだ。確かに、早め先頭から押し切る横綱相撲で好時計圧勝、鞍上が強気になるのも頷ける内容だった。レースを重ねるごとに時計を詰めているだけでなく、位置取りを上げている点も好感が持てる。昇級で他にも速い馬はいるだろうが、様々......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-icononishi-naohiro

元JRA騎手。1997年には、サニーブライアンに騎乗して皐月賞・日本ダービーの2冠を達成。通算512勝、重賞12勝。引退後は、騎手ならではの視点で競馬を表現するターフメディアクリエイターとして、レース解説などを発表。日刊スポーツをはじめ、各種メディアにて連載中。また、自らの名を冠した育成牧場「N.Oレーシングステーブル」を経営。ターフに活躍馬を送り出すべく、代表として手腕を発揮している。
  • 昨日のページビュー:1409
  • 累計のページビュー:2262220

(08月21日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 日本ダービーを若い川田騎手が勝った意義
  2. 桜花賞で明暗を分けた2人の騎乗
  3. 次週の朝日杯フューチュリティSについて
  4. ジャパンカップ 武豊騎手の騎乗技術の高さが際立っていましたね
  5. セントウルS 逃げ切ったビッグアーサーが抱える不安点
  6. さあ6週連続GI まずはスターホース2頭がぶつかる天皇賞・春!
  7. ヴィクトリアマイル 牝馬は実績よりも調子!
  8. 安田記念 力を出し切れた馬、出し切れなかった馬
  9. ダービー1・2着馬に騎乗した騎手2人の戦い
  10. 皐月賞3強を負かした蛯名騎手の好騎乗

月別アーカイブ

2017
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年08月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss