ダービージョッキー大西直宏 騎手の視点

次走注目馬速報

宝塚記念ウィーク 6月24・25日の注目馬情報

注目ランクB 音無 厩舎 トリプライト ※函館4-7R・3歳上500万下牝・ダ1700mに出走予定 昨年の北海道シリーズで再三勝負情報をお伝えした馬。未勝利脱出が11番人気と全くのノーマークには驚いたものだ。今回は降級で再度500万条件。放牧を挟んで早めに函館入りして調整を進めている。さすがに今回は実績から人気になりそうだが、牝馬同士なら力は上位。勝ち負けになるだろう。ちなみに、音無厩舎は、今年、......続きを読む»

函館開催がスタート!6月17・18日の注目馬情報

注目ランクB 小西 厩舎 ピンクブーケ ※東京6-10R・芦ノ湖特別・芝2400mに出走予定 別の意味で有名になってしまったこの馬だが、能力も確か。休み休みにしか使えない弱さはネックでも、前走でも見せてくれた終いの切れ味は一級品。「大事に育てていきたい」という調教師の言葉からも、かなり期待していることが伝わってくる。今回は初の1000万クラスに加えて、距離も2400m。新潟での強さから左回りは得意......続きを読む»

初ダートのアノ馬に要チェック 6月10・11日の注目馬情報

注目ランクMM 上原 厩舎 クラリティシチー ※東京3-11R・アハルテケS・ダ1600mに出走予定 以前からどこかでダートを使うのではないかと見ていた馬だが、芝の前走で2着した後のこのタイミングとは少々驚いた。ただ、今回の舞台である東京ダ1600mは芝スタートでもあり、また、直線で決め手のある馬が有利になりやすいコース。その意味ではこの馬にはピッタリの舞台という可能性はある。そして、試すなら好走......続きを読む»

新馬戦もスタート 6月3・4日の注目馬情報

注目ランクB 藤沢和 厩舎 ファストアプローチ ※東京1-5R・2歳新馬・芝1400mに出走予定 オークスのソウルスターリング、ダービーのレオデオロと、この春のクラシックを盛り上げた藤沢和厩舎。層の厚い3歳馬が大活躍だったが、早くも2歳の新馬もスタンバイしている。母の弟(この馬にとっては叔父)が香港ヴァーズ勝ちのサトノクラウンという血統馬。順調に乗り込んで稽古でも良い動きを見せて仕上がり良好。鞍上......続きを読む»

ダービーウィーク 5月27・28日の注目馬情報

注目ランクB 梅田智 厩舎 キタサンサジン ※東京11-11R・欅S・ダ1400mに出走予定 初の重賞挑戦となった前走は、本社情報筋もかなりイイ話を聞いていたようで、本命公開から的中馬券をお届けしていたが、まさに今が充実期と思わせる踏ん張りを見せてくれた。そんなこの馬が予定していたさきたま杯に出られずココに矛先を向けてきた。直近の同カテゴリー覇者が出走できないという選出方法に疑問は残るが、「具合は......続きを読む»

オークス週 5月20・21日の注目馬情報

注目ランクB 中内田 厩舎 ゼンノサーベイヤー ※京都9-10R・シドニーT・ダ1200mに出走予定 西のブレーンによれば「担当はかなり自信を持っているようです」とのこと。この担当は腕利きで、同日の平安Sに出走するグレイトパールも手掛けているのだが、口ぶりからすると、何やらゼンノの方により自信がある様子だったそうだ。前走は逃げた勝ち馬が強すぎただけであり、この馬の評価が下がるものではない。その2月......続きを読む»

ヴィクトリアマイル週 5月13・14日の注目馬情報

注目ランクB 宗像 厩舎 ダイワインパルス ※東京7-12R・4歳上1000万下・ダ1600mに出走予定 東京ダ1400m~1600mに高い適性を示し、これまでも数々の的中をお届けしてきたお馴染みの馬。2走前に中山で惨敗して、前走の東京で勝負かと思っていたが、「実は入厩10日で急仕上げ。これを叩いて4週目でヤリだよ」との事だった。その話を裏付けるかの様に前走は精彩を欠くレースで7着に終った。この中......続きを読む»

マイルCウィーク 5月6・7日の注目馬情報

注目ランクB 中内田 厩舎 ダンシングワンダー ※新潟3-11R・駿風S・芝1000mに出走予定 陣営が「アイビスSDも狙える千直の申し子」と語るこの馬。まだ8分くらいの状態という中間報告だが、当週までにはキッチリ仕上げてくるだろう。また、今回は鞍上にも注目。厩舎が「中井にオープン特別を勝たせてやりたい」と思っているらしく、ココは早くから彼に打診していたそうだ。夏の飛躍を目指して、人馬ともに結果が......続きを読む»

東京開幕週 4月22・23日の注目馬情報

注目ランクB 清水英 厩舎 スケールアップ ※東京1-8R・4歳上500万下・ダ1600mに出走予定 前走2着の勢いに任せ、中1週で勝負に行った前走は「終わってみれば勇み足だった」と陣営も悔やむ一戦。その反省から今回はキッチリ休養を挟んでこの開催を目標に仕上げてきた。「デキは完全に戻っています」とは担当者。このトーンなら2走前を見直していい。前走の敗戦の分で人気が落ちるなら好都合かもしれない。 ......続きを読む»

皐月賞ウィーク 4月15・16日の注目馬情報

注目ランクMM 尾形和 厩舎 グラスハーモニー ※福島3-2R・3歳未勝利牝・芝1200mに出走予定 前走から約2ヶ月開いたが、中間の調教で好時計をマーク。特に今週は勝浦騎手が跨り、厩舎のオープン馬と互角の動きを見せた。前走の走りから距離短縮、平坦コースに替わるのは大歓迎。「適条件を求めて無理に使わず、目標を定めて調整した」と陣営。一変の可能性を秘めている。 注目ランクB 中内田 厩舎 エクレ......続きを読む»

桜花賞ウィーク 4月8・9日の注目馬情報

注目ランクMM 南田 厩舎 オケアノス ※中山5-8R・4歳上500万下・ダ1800mに出走予定 骨折で1年以上のブランクがあったが、鞍上の岩部騎手が付きっ切りで仕上げたと密かに期待していた前走。中団で流れに乗れたが、直線最内で包まれた不利も影響して6着までだった。「最後の伸び脚は良く、内容は悪くありませんでした。レース後の反動もないし、雰囲気は良くなってるので一変があるかもしれません」と陣営。4......続きを読む»

4月1・2日の注目馬情報

注目ランクB 鈴木伸 厩舎 アシャカダイキ ※中山3-7R・3歳500万下・ダ1200mに出走予定 前走がチョッとビックリの強さ。引き上げてきた鞍上も「合うとは思っていましたが、想像以上の適性ですね」と目を丸くしていたそうだ。陣営もすっかり気を良くしており、「徐々に短距離型にシフトしている感じはあったが、ようやく本物になった。これなら昇級でも勝ち負けできる」と、この中間、かなりトーンの高い話をして......続きを読む»

3月25・26日の注目馬情報

注目ランクB 手塚 厩舎 ルヴォワール ※中山1-9R・ミモザ賞・芝2000mに出走予定 これはデビュー前から「今年の世代一番馬」と厩舎が高く評価していた好素材。鞍上もその才能に惚れ込んでおり、前走も相当緊張して乗っていたそうだ。その前走を期待通りの走りで快勝、「コレは本物!」と大いに盛り上がったレース後。すぐに目標をココに設定し、調整は順調。「勝ってフローラSに行きます」と、既に視線の先には大舞......続きを読む»

3月18・19・20日の注目馬情報

注目ランクB 武井 厩舎 デコラス ※中山8-5R・3歳未勝利・芝1600mに出走予定 1番人気に推された前走、促して前に行くが折り合いを欠いて掛かりっぱなし。ようやく3角過ぎで落ち着いたが、序盤で余計な力を使ったのが影響して直線で伸びを欠いてしまい、ゴール前の接戦で遅れをとって4着と馬券の対象外になってしまった。そんなこともあり今回から蛯名騎手から戸崎騎手にスイッチ。中間はプールを併用しての調整......続きを読む»

3月11・12日の注目馬情報

注目ランクB 大竹 厩舎 ヒラボクビューン ※中山6-5R・3歳未勝利・芝2200mに出走予定 直線で内にこだわり過ぎて狭くなってしまい、追えなくなる不利が再三あり完全に脚を余してしまった前走。最後まだ伸びていただけに残念な競馬、結果は参考外と見ていいだろう。「間隔は開きましたが順調です。今週は格上馬と併せて互角の動き。コース替わりも問題ないし、スムーズな競馬ができれば勝てるはず」と陣営。 ちなみ......続きを読む»

3月4・5日の注目馬情報

注目ランクMM 南井 厩舎 ミキノグランプリ ※中山3-12R・4歳上1000万下・ダ1200mに出走予定 3戦連続4着と、あとワンパンチ欠く印象もある馬だが、西のブレーンに聞くところによると、「ずっと脚質転換を図っていたのですが、最近はようやくそれが実になったんです」と、厩舎サイドは確かな進境を感じているそうだ。今週でも使えたところ、武幸四郎騎手の引退レースとなったメイショウオオカゼを何とか出走......続きを読む»

2月25・26日の注目馬情報

注目ランクB 田島俊 厩舎 フェニックスマーク ※中山1-3R・3歳未勝利・ダ1800mに出走予定 デビュー戦でエピカリスの2着。そのエピカリスにはかなり離されてしまったが、同レースで戦った3、4、9、10着馬は既にもう未勝利は卒業しているというレベルの高さ。その新馬戦以来休養していたが、いよいよ来週復帰となる。今週の追い切りでは横山典騎手が跨って迫力満点の動きを見せていた。大型馬だが促されれば前......続きを読む»

2月18・19日の注目馬情報

注目ランクMM 武市 厩舎 マイネルトゥラン ※東京7-10R・金蹄S・ダ2100mに出走予定 ココに来て2連勝と完全に軌道に乗ったようだ。乗っている津村によれば、「馬が自信を付けています」という答え。どうやら精神的な本格化が大きく、勝つことによってさらにパフォーマンスを上げられるという好循環にあるようだ。昔から『格が馬を造る』という言葉もある。勢いに乗った今なら、一気に準オープン突破というシーン......続きを読む»

2月11・12日の注目馬情報

注目ランクMM 梅田智 厩舎 ブレッシングテレサ ※小倉1-7R・4歳上500万下牝・芝2000mに出走予定 アドマイヤラクティの下という良血馬で、新馬戦を危なげない内容で勝利。間違いなく素質はあるのだが、いかんせん虚弱体質。その後は伸び悩んでしまった。しかし、今回の休養は上手く行ったようで、「気配が抜群。今まで一番イイかもしれない」と、かなり良化した姿が見られそう。中間の本数が少なめな点も厩舎の......続きを読む»

2月4・5日の注目馬情報

注目ランクB 武井 厩舎 ブランエクラ ※東京3-7R・3歳500万下・ダ1400mに出走予定 デビュー戦では、『たとえ100頭立てでも負けないでしょう』と超強気な話もあったこの馬。そこで順当に勝ち上がった後、鞍上にムーアを迎えて連勝を狙った前走は3着も、まだ真剣に走っておらず成長の余地を十分に感じる競馬だった。その後は一息入れて成長促進、先週の追い切りでは松田騎手がわざわざ美浦に駆けつけるなど、......続きを読む»

1 3 4

ブロガープロフィール

profile-icononishi-naohiro

元JRA騎手。1997年には、サニーブライアンに騎乗して皐月賞・日本ダービーの2冠を達成。通算512勝、重賞12勝。引退後は、騎手ならではの視点で競馬を表現するターフメディアクリエイターとして、レース解説などを発表。日刊スポーツをはじめ、各種メディアにて連載中。また、自らの名を冠した育成牧場「N.Oレーシングステーブル」を経営。ターフに活躍馬を送り出すべく、代表として手腕を発揮している。
  • 昨日のページビュー:1988
  • 累計のページビュー:2087493

(06月26日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 日本ダービーを若い川田騎手が勝った意義
  2. 桜花賞で明暗を分けた2人の騎乗
  3. 次週の朝日杯フューチュリティSについて
  4. ジャパンカップ 武豊騎手の騎乗技術の高さが際立っていましたね
  5. セントウルS 逃げ切ったビッグアーサーが抱える不安点
  6. さあ6週連続GI まずはスターホース2頭がぶつかる天皇賞・春!
  7. ヴィクトリアマイル 牝馬は実績よりも調子!
  8. 安田記念 力を出し切れた馬、出し切れなかった馬
  9. ダービー1・2着馬に騎乗した騎手2人の戦い
  10. 皐月賞3強を負かした蛯名騎手の好騎乗

月別アーカイブ

2017
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月26日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss