ダービージョッキー大西直宏 騎手の視点

ユニコーンS JDDは私も現地へ観に行くつもりです

このエントリーをはてなブックマークに追加

3歳のダートGⅢマイル戦、第22回ユニコーンSが東京競馬場で行われ2番人気サンライズノヴァが優勝。初重賞勝利を飾りました。

当日の馬場は良の発表ながら、雨の影響で脚抜きは良く競走馬には走りやすいコンディションだったようで、こういう状態のときは必然的にレースのペースが上がります。 終わってみるとやはり前半3F34.1秒、いくら走りやすい馬場とはいえ少し速すぎかなと思います。先行馬には苦しい展開になってしまいました。


サンライズノヴァは、ゲートで出遅れて中団よりやや後ろの位置になりましたが、それが結果的には幸いした形になり、前半は脚をためつつ追走、直線で外に持ち出すと他馬とは全く違う脚色で追い込み、瞬く間に前を捕らえて最終的に2着馬に4馬身の差をつけゴール。 上がり35.4秒は良馬場ダートではかなり速い時計、馬自体がここにきてグンと力をつけていたようです。

次走は7月に大井競馬場で行われるジャパンダートダービーとか。JDDは南関東クラシック三冠の最終戦であり、春の3歳ダート馬の頂点といえる大きなレースで、JRA所属馬もこの“砂のダービー”目指し参戦します。僕にとっては2000年の第2回をマイネルコンバットで勝った思い出のレースです。当日は現地へ足を運び、間近でレースを観ようと思っています。


2着は5番人気ハルクンノテソーロ。 スタートで行き脚がつかず後方からの競馬になり、鞍上の田辺騎手は一瞬ヒヤリとしたでしょうが、これも勝ち馬と同じくペースが速くなったおかげで理想的な流れになりました。3・4コーナーは内を突きロスを最小限に抑え、直線で外に出すと猛然と追い込んで2着、上がり36.1秒は2番目に速い時計です。前走の青龍Sでも2着にきているようにダート戦で好成績をあげており、これからさらに成長が見込めると思うので先が楽しみです。

それにしても今回のレース結果を見ると、いかに全体的にペースが速かったかがわかります。まだ幼く、身体も出来上がるまでにはあと少し時間が必要な春の3歳馬には、体力・精神面でとてもキツいレースだったでしょうね。


1番人気のリエノテソーロは前走のGⅠレース・NHKマイルCで2着、今回は得意と思われたダートに戻り、その実績からも走り方からも多くの期待が寄せられていました。道中は4番手を追走、スムーズで雰囲気良く走れていたようでしたが直線に入って失速し結果は7着。大野騎手負傷により急遽乗り替わった内田騎手はよく乗れていたと思うし、彼もイメージ通りレースを運べたとコメントしていましたが、やはり今回の前半の速いペースに乗って走ったことで相当な体力の消耗があったのでしょう。

得意と思われた舞台だっただけに送り出した武井調教師もショックが大きいとか。その気持ちはわかります。まだ分からないところもあるので、次走あらためて注目したいところです。



このブログを読んで頂いている方とも直接繋がることができるLINE@を始めました。

僕の視点で馬券のヒントになる様々な情報をお届けします。

友だち追加で下のIDを検索してみてください。

@(アットマーク)は必須なので気をつけてくださいね。

@0024n

下のQRコードを読み取って頂くことでも見られます。

【QRコードをクリック(タップ)でも友だちになれます】 LINE@アカウントQRコード

※只今、週末に出走予定の大西直宏注目馬をメッセージ送信中です!

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
レース回顧
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

2017年宝塚記念の調教診断⁉【玄青雀虎の競馬予想🐎】

2017 6月第3週新馬戦 レース回顧(日曜編)【ホースレース・ロマネスク】

『凄馬出馬表&馬券検討』6/18の結果(函館スプリントステークス)【『ウマニティ』凄馬(スゴウマ)プロジェクト/凄馬出馬表分析&馬券検討】

ブロガープロフィール

profile-icononishi-naohiro

元JRA騎手。1997年には、サニーブライアンに騎乗して皐月賞・日本ダービーの2冠を達成。通算512勝、重賞12勝。引退後は、騎手ならではの視点で競馬を表現するターフメディアクリエイターとして、レース解説などを発表。日刊スポーツをはじめ、各種メディアにて連載中。また、自らの名を冠した育成牧場「N.Oレーシングステーブル」を経営。ターフに活躍馬を送り出すべく、代表として手腕を発揮している。
  • 昨日のページビュー:1005
  • 累計のページビュー:2269469

(08月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 日本ダービーを若い川田騎手が勝った意義
  2. 桜花賞で明暗を分けた2人の騎乗
  3. 次週の朝日杯フューチュリティSについて
  4. ジャパンカップ 武豊騎手の騎乗技術の高さが際立っていましたね
  5. セントウルS 逃げ切ったビッグアーサーが抱える不安点
  6. さあ6週連続GI まずはスターホース2頭がぶつかる天皇賞・春!
  7. ヴィクトリアマイル 牝馬は実績よりも調子!
  8. 安田記念 力を出し切れた馬、出し切れなかった馬
  9. ダービー1・2着馬に騎乗した騎手2人の戦い
  10. 皐月賞3強を負かした蛯名騎手の好騎乗

月別アーカイブ

2017
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年08月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss