ダービージョッキー大西直宏 騎手の視点

荒れた開幕週を終え、次週からは3歳クラシックのトライアルが始まります!

このエントリーをはてなブックマークに追加

東西で春の大舞台の前哨戦が行われましたが、東西どちらも波乱の決着になりましたね。


近年では高松宮記念の重要なステップレースとなっている阪急杯。 ただ今年は戦前からレベルに『?』が付くメンバー構成、シュウジが凡走したら何が来るのだろうか…と思えるレースでした。結果もそれを象徴するような、上手く折り合えてロスなく競馬できた2頭で1・2着でしたね。3着には大外で展開の嵌った初芝のナガラオリオンが入線し、3連単は約250万円の高額配当になりました。

皆、シュウジの出方を見ながらのレース。そのシュウジがやや掛かり気味で終い失速したぶん、結果は紛れましたね。勝ったトーキングトラムも、最内の厳しいところを突いて来ました。人気をしていたらあそこは通せないでしょうからねぇ…人気が無かったからこそできる芸当です。

勝ち馬が7歳馬、2着が6歳馬、3着は初芝の8歳馬。ダンスディレクターとビッグアーサーの戦線離脱で高松宮戦線は大混戦ですが、その混戦に拍車を掛ける結果になりましたね。


中山記念も、GI馬4頭が出走していながら、最先着がロゴタイプの3着。 大凡走のリアルスティ-ル、そういうところを持っている馬とは言え、このメンバーなら格好は付けてほしかったところ。戸崎騎手との手が合わないのかも知れませんね。

4着アンビシャスもあの感じで来て3着にも上がれなかったのは気になりますね。昨年の勢いを感じません。逆に牝馬ヴィブロスは収穫ある一戦だったと思います。牡馬のトップクラス相手でも好勝負できるところを見せました。牝馬限定なら間違いなく最上位ですが、今後も牡馬混合戦での走りを見てみたいですね。

勝ったネオリアリズムは、札幌記念で鞍上モレイラのモーリスを下し、マイルCSでもアワヤの競馬をしていました。6歳を迎えてさらに充実してきた雰囲気もあります。この辺りはさすが堀厩舎ですね。


いよいよ次週は

弥生賞 チューリップ賞

ですね。


阪神JFの1・2着が揃い踏みのチューリップ賞。昨年のジュエラーとシンハライトの雰囲気もありますが、今年は昨年以上に上位が抜けて拮抗していると思います。ちょうど、昨年の3歳牡馬の様な感じですね。

このレースでも紅梅Sを圧勝、しかもまだ余裕ある勝ち方だったアロンザモナや、その紅梅Sで3着に敗れたシンハライトの半妹ミリッサなども2頭に肉薄してくる可能性はありそうです。 そして別路線からのアドマイヤミヤビ、立て直しているミスエルテなど対決が楽しみですね。

ん!? 現在の主役候補と言える4頭、フランケル産駒(ソウルスターリング、ミスエルテ)とハーツクライ産駒(リスグラシュー、アドマイヤミヤビ)ですねぇ…そういう対決でもあるんですね。ますます楽しみです!


弥生賞には京都2歳Sを勝ったカデナが出走予定ですね。 福永騎手はこの馬のために復帰を頑張ったのでしょうねぇ…それほど期待しているのでしょう。本番を見据えてどんな競馬をするか注目です。

またシーザリオの仔グローブシアターも予定、鞍上は川田騎手の様ですね。

あとはブレスジャーニーが使うかどうかですが、どちらにしても楽しみなレースです。昨年の様な迫力があるなかで緊迫したレースを期待したいですね!


それにしても、共同通信杯を勝ったスワーヴリチャードやアーリントンCのペルシアンナイトも皐月賞直行の様ですし、今年の皐月賞は能力比較が難しくなりそうですね。僕たちの見せ場になりそうです。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
その他
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

2017 阪急杯・中山記念 レース回顧【ホースレース・ロマネスク】

26日の注目馬の結果【競馬素人が万馬券に挑戦するブログ】

土日重賞反省【気の向くままに】

ブロガープロフィール

profile-icononishi-naohiro

元JRA騎手。1997年には、サニーブライアンに騎乗して皐月賞・日本ダービーの2冠を達成。通算512勝、重賞12勝。引退後は、騎手ならではの視点で競馬を表現するターフメディアクリエイターとして、レース解説などを発表。日刊スポーツをはじめ、各種メディアにて連載中。また、自らの名を冠した育成牧場「N.Oレーシングステーブル」を経営。ターフに活躍馬を送り出すべく、代表として手腕を発揮している。
  • 昨日のページビュー:4569
  • 累計のページビュー:2092061

(06月27日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 日本ダービーを若い川田騎手が勝った意義
  2. 桜花賞で明暗を分けた2人の騎乗
  3. 次週の朝日杯フューチュリティSについて
  4. ジャパンカップ 武豊騎手の騎乗技術の高さが際立っていましたね
  5. セントウルS 逃げ切ったビッグアーサーが抱える不安点
  6. さあ6週連続GI まずはスターホース2頭がぶつかる天皇賞・春!
  7. ヴィクトリアマイル 牝馬は実績よりも調子!
  8. 安田記念 力を出し切れた馬、出し切れなかった馬
  9. ダービー1・2着馬に騎乗した騎手2人の戦い
  10. 皐月賞3強を負かした蛯名騎手の好騎乗

月別アーカイブ

2017
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月27日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss