ダービージョッキー大西直宏 騎手の視点

マカヒキは納得の敗戦 そして、いよいよ2017年のGⅠが始まります!

このエントリーをはてなブックマークに追加

先週の京都記念と共同通信杯、ともに少頭数で堅く収まりそうな雰囲気がありましたが、意外と高配当で決着しました。


京都記念はマカヒキの凡走により3連単の配当が高くなりましたね。

ハイレベル世代のダービー馬、そこにムーア騎手騎乗ですからより人気になりますよね。ただ、この敗戦は戦前から「馬場が合わない」と懸念していた方は多かったと思います。また、大阪杯ではルメール騎手にスイッチするのならば、


『ムーア騎手がここで乗る意味が何なのか?』


そこを考えて行くと、僕も勝負度合いは全く感じなかったんですよね。

ただ、「やっぱりな…」と思う敗戦ではありましたが、いくら勝負度合いが低いといっても、スマートレイアーに内から差し返されたのはちょっと気になります。もしかするとゴール前でアクシデントがあったのか…そんな懸念さえ感じる負け方でした。気になります。


ミッキーロケットは出遅れて流れに乗れず自分の競馬が出来ませんでしたね。度外視していいレースだとは思いますが、出遅れは癖になることもあるので、今後はどうしてもその懸念が付き纏いますよね。

勝ったサトノクラウンは文句無しの競馬でした。昔は折り合いに心配があったと思うのですが、自在に動ける先週の競馬が出来るのなら、いよいよ本格化を感じます。

「最強馬だったのでは」と囁かれるドゥラメンテが、全9戦中で唯一1番人気にならなかったのが皐月賞、そこで1番人気に推されていたのがこの馬です。ある意味で、ドゥラメンテの唯一のライバルだったのでは無いでしょうか。そんな馬が本格化したとなれば、やはり同期のキタサンブラック以上の評価を与えられる日も近いかも知れませんね。


共同通信杯については週中で触れます。


次週はいよいよ本年度一本目のJRAGI、フェブラリーSです。毎年このレースが来ると

「いよいよだな…」

と思うんですよね。

ダービーや有馬記念のような花形GIではありませんが、東京で開催するGIなだけに見応えあるレースが多いからでしょうね。


今年、アウォーディーやアポロケンタッキーはいませんが、それでも見応えあるまずまずメンバーが揃いました。

最大の焦点は昨年の1・2着馬がぶっつけで挑んでくるところでしょう。特にモーニンは、


何故ぶっつけなのか? 仕上がりはどうなのか?


大きなカギですね。

僕が思うには、秋の古馬3冠の様に先に大きなレースがあるならいざ知らず、次に大きいレースが控えていないのにも関わらず前哨戦を使わないという事は、何かしら調整が遅れた理由があるのだと思っています。直前の話を確認しなくては明言は出来ませんが、まずは疑ってみても良いと思うんですよね。


ではどの馬か… まだ結論ではありませんが、ゴールドドリームは気になる1頭です。

前走で崩れましたが、ここは実績あるベスト条件です。この馬もぶっつけなんですが、逆に使うよりはぶっつけの方が良いタイプでしょう。なので“敢えて”な気がします。

レッツゴードンキは使うんですかねぇ? もし使ってくれれば面白いのですが…

この馬もまた、折り合いが難しくそれが影響して一時成績が冴えませんでした。それが短距離を使うようになって漸くスランプを脱出した感がありました。

そのまま短距離戦線でいくのかと思っていたのですが、昨秋、JBCレディスクラシックを使って来ましたね。初めてのダート戦、合いそうな雰囲気は感じていましたが、想像以上にいい走りでした。また、大外枠だったにも関わらず、掛かることなく折り合ってレースが出来ていました。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
その他
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ブロガープロフィール

profile-icononishi-naohiro

元JRA騎手。1997年には、サニーブライアンに騎乗して皐月賞・日本ダービーの2冠を達成。通算512勝、重賞12勝。引退後は、騎手ならではの視点で競馬を表現するターフメディアクリエイターとして、レース解説などを発表。日刊スポーツをはじめ、各種メディアにて連載中。また、自らの名を冠した育成牧場「N.Oレーシングステーブル」を経営。ターフに活躍馬を送り出すべく、代表として手腕を発揮している。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1745019

(04月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 日本ダービーを若い川田騎手が勝った意義
  2. 桜花賞で明暗を分けた2人の騎乗
  3. 次週の朝日杯フューチュリティSについて
  4. セントウルS 逃げ切ったビッグアーサーが抱える不安点
  5. ジャパンカップ 武豊騎手の騎乗技術の高さが際立っていましたね
  6. ダービー1・2着馬に騎乗した騎手2人の戦い
  7. 皐月賞3強を負かした蛯名騎手の好騎乗
  8. 次週のGIは国内最高賞金レースのジャパンカップです。
  9. 来週はマイルチャンピオンシップですね
  10. 荒れた開幕週を終え、次週からは3歳クラシックのトライアルが始まります!

月別アーカイブ

2017
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年04月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss