ダービージョッキー大西直宏 騎手の視点

次週は共同通信杯はじめ豪華3重賞 今から本当にワクワクします!

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日の競馬、お疲れ様でした。

クラシックへ向けて注目の一戦となったきさらぎ賞、勝ったのはアメリカズカップでした。

単勝1.4倍の圧倒的支持を受けていたサトノアーサーは2着に敗れてしまいました。

ただ重心が低くストライドの大きい走りをするので、緩い馬場を気にしたのでしょう。新馬戦もそんな感じでしたしね。3着も危ないかと思ったところを2着まで押し上げたのは地力だと思います。 ただ、本当に強い馬ならそれでも勝つものです。例えば同じ時期のサトノダイヤモンドと比較すると、やや劣るかも知れませんね。今後の成長に期待ですね。

勝ち馬とは馬場の巧拙の差はあるとは思いますが、鞍上の松若騎手の好騎乗も輝るものがありました。まだデビュー3年目ながらこれで重賞4勝目、これからはGIでの騎乗機会もより増えてくるでしょう。今までも注目していましたが、今後は重賞など大きいレースでも活躍してきそうです。

さて次週は、昨年はディーマジェスティが勝ち、一昨年はリアルスティールとドゥラメンテで決まり、3年前もイスラボニータが勝利、3年連続で連対馬から皐月賞馬が出ているクラシックの登竜門的な存在の共同通信杯が行われます。

今年も可能性をその秘める素質馬が出走しますね。 エアスピネルの全弟エアウィンザー、今回と同じコースで行われた東京スポーツ杯2着のスワーヴリチャード、そして何と言っても、その東スポ杯では3着でしたが

『ムーヴザワールド』

は個人的に期待している1頭です。

2戦目の前走、想像していた以上にいい走りを見せました。キャリア1戦で東京までの長距離輸送、初めての場所で一泊してのレース、しかも最内枠からの競馬でかなり厳しい状況を強いられたと思います。 しかしながら、3着とは言えその逆境を跳ね返すように伸びてゴールを迎えていました。こういうタイプは奥があると思うんですよね。

鞍上は戸崎騎手のようですね。このスイッチにも本気度合いを感じます。 ルメールにはレイデオロがいますからね。聞くところによるとトライアルを使わず直行の可能性もあるようですね。それもスイッチする理由のひとつでしょう。

注目したいですね!

京都ではマカヒキが登場する京都記念が行われます。 1週前追い切りでは白く染まったコースで破格の動きを披露したみたいですね。 馬券は抜きにしてもレースが楽しみです。

もうひとつ、土曜日の東京でクイーンCが行われます。 こちらも、昨年はメジャーエンブレムが制し、一昨年はミッキークイーンが2着、過去にはヴィルシーナやホエールキャプチャなど後のGI馬を多く輩出している出世レースです。

このレースもまた、今年面白いメンバーで争われそうです。

なかでも注目しているのはアドマイヤミヤビです。

昨秋の東京、百日草特別を勝った馬ですが、その勝ち方が印象深く残っています。 というのも、追い出してからグッと重心が低くなり、そこからどんどん加速して留まるところを知らない様な伸び、東京だからこその競馬にも思えますがとにかく圧巻でした。

それが牝馬、しかも負かした相手が次走で京都2歳Sを勝つカデナとひいらぎ賞を圧勝したアウトライアーズですからね、これは相当なモノだと思います。

ソウルスターリングの強力なライバルでしょう!リスグラシューより上だと思いますよ。

但し、オークス向きだとは思うのでマイル戦は少し忙しく感じます。 それでも素質・能力の違いで何とかしてくれると思っています。

今年のクイーンCには、1勝馬にもクラシック有力候補がいますね。 ハナレイムーンやシンボリバーグ・キャナルストリートもそんな存在です。 抽選対象だと思いますがみんな出走してきたら、馬券は難しくなりますがワクワクするレースになりますね。

次週は重賞が3鞍、どれも見応えがあり本当に楽しみな週末です!!

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
その他
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【東京新聞杯・きさらぎ賞2017回顧】勝ち馬プラックスピネルとアメリカズカップの評価とは?次走の狙い馬も掲載!【倉本匠馬の重賞コラム・予想】

2017年 東京新聞杯 -少頭数の落とし穴-【スポーツとしての競馬】

2017 東京新聞杯・きさらぎ賞 レース回顧【ホースレース・ロマネスク】

ブロガープロフィール

profile-icononishi-naohiro

元JRA騎手。1997年には、サニーブライアンに騎乗して皐月賞・日本ダービーの2冠を達成。通算512勝、重賞12勝。引退後は、騎手ならではの視点で競馬を表現するターフメディアクリエイターとして、レース解説などを発表。日刊スポーツをはじめ、各種メディアにて連載中。また、自らの名を冠した育成牧場「N.Oレーシングステーブル」を経営。ターフに活躍馬を送り出すべく、代表として手腕を発揮している。
  • 昨日のページビュー:1444
  • 累計のページビュー:1746462

(04月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 日本ダービーを若い川田騎手が勝った意義
  2. 桜花賞で明暗を分けた2人の騎乗
  3. 次週の朝日杯フューチュリティSについて
  4. セントウルS 逃げ切ったビッグアーサーが抱える不安点
  5. ジャパンカップ 武豊騎手の騎乗技術の高さが際立っていましたね
  6. ダービー1・2着馬に騎乗した騎手2人の戦い
  7. 皐月賞3強を負かした蛯名騎手の好騎乗
  8. 次週のGIは国内最高賞金レースのジャパンカップです。
  9. 来週はマイルチャンピオンシップですね
  10. 荒れた開幕週を終え、次週からは3歳クラシックのトライアルが始まります!

月別アーカイブ

2017
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年04月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss