……ぶんろぐsponavi……

トルチエ日誌 キリンチャレンジカップ2012 日本VSアゼルバイジャン

このエントリーをはてなブックマークに追加

okenoya-273486.jpg
トルチエ日誌 キリンチャレンジカップ2012 日本VSアゼルバイジャン ~トルチエ日誌~ 主にサッカー日本代表の試合感想を、 元日本代表監督トルチエが語り、ダバテイが通訳します。 つまり、ド素人によるただの妄想レビューです。 トルチエは少々辛口ですがそれだけ代表を愛しているのです。 スポナビ試合結果/詳細 試合詳細 過去のトルチエ日誌 2007年8月以降~ 2005年6月~2007年7月





2012年5月23日 とあるホテルの一室

記者
「トルチエさんこんばんは。よろしくお願いします」
トルチエ
「ウィ~シェトトプテュルテュルドゥドゥドゥ……
ティユティケスクセドゥドゥチョコラ」
ダバテイ(通訳)
「よろしくどうぞ」

記者
「ワールドカップアジア最終予選を目前に控えた一戦。日本は香川、岡崎のゴールで2-0の快勝。トルチエさんの率直なご意見をお願いいたします」
トルチエ
「ウィ~シェトトプテュルテュルドゥドゥドゥ……
ティユティケスクセドゥドゥチョコラ」
ダバテイ(通訳)
「そうですね。本番前のウォーミングアップと捉えればまずまずの戦いだったと思います」

記者
「では試合内容についての感想を詳しくお聞かせ下さい」
トルチエ
「ウィシェトトプテュルテュルドゥドゥドゥ……
ティユティケスクセドゥドゥチョコラ」
ダバテイ
「怪我から復帰した本田。一方で代表に不可欠だった遠藤の不在。久々に召集されて全員がそれぞれの様子を窺いながらパスを出す展開だった前半は、これだけのメンバーを揃えながら少々じれったい思いに苛まれましたね。ですがこれも世界各地で活躍する選手が集う代表ならではのもどかしさです。逆に言えば歴史も浅く弱小国だった日本がこういうジレンマに苛まれるまでにレベルアップした証拠でもあります。一昔前の海外組と国内組の融合に苦しんでいた頃を思えば、召集された短期間に高いレベルで個々が連携に磨きをかけていると考えれば、これは大いなる成長だと言えるでしょう」

記者
「その中で、復帰間もない本田が存在感を発揮し、今や世界が注目する香川が前半終了間際に見事に決めてくれました」
トルチエ
「ウィシェトトプテュルテュルドゥドゥドゥ……
ティユティケスクセドゥドゥチョコラ」
ダバテイ
「そうですね。本田はもう殆ど復活してますね。そして香川はもはや完全に勢いに乗ってます。何より先制の香川の点も、その前の本田、長谷部の繋ぎあってこそです。やはりどれだけ引いて守っても、スピードに乗って複数でかさにかかって突進してくる相手は脅威以外の何ものでもない。日本はそれを可能にするポテンシャルを持った選手が増えました。これから連携が高まれば、さらにバイタルエリアでのワン・ツーやダイレクトパスも増え、より日本らしい意味のあるパスサッカーが生きてくることでしょう。それにしても香川のシュート。素晴らしいですね。コースを確実に狙ったシュートでしたね」


記者
「シュート前には相手DFの不用意なスライディングをあざ笑うかのような足下でのボールさばき。非常に落ち着いていました」
トルチエ
「ウィシェトトプテュルテュルドゥドゥドゥ……
ティユティケスクセドゥドゥチョコラ」
ダバテイ
「あの相手DFのスライディングはいただけない。ウイイレをやり始めた少年が陥りやすいミススライディング。いわゆるミスズザーですね。しっかり相手からボールを奪うように至近距離でズザーを決めないと、スライディングはもろ刃の剣なのです。尤も、香川はあえてDFのスライディングを呼び込んだといえます。私たちはあのプレーをウイイレ用語で『誘いズザー』と呼んでいます」

記者
「……ああ、そうっすか。で、後半は選手を大幅に代えてきたザッケローニ監督。注目された宮市もついに代表デビューとなりました」
トルチエ
「ウィシェトトプテュルテュルドゥドゥドゥ……
ティユティケスクセドゥドゥチョコラ」
ダバテイ
「ようやく登場しましたね。しかしさすがプレミアの大舞台でプレーしているだけあって、非常に落ち着いてました。コースを狙った精度の高いシュート。深く切り込んでゴールラインすれすれでのセンタリング等、その片鱗を見せつけてくれました。非常に楽しみですね。何よりグッジョブなのは宮市の為に、後半は前線にあまり顔を出さず守備に専念した長友の実に空気を読むプレー。東京スカイツリーのライトアップのように粋ですね。この辺は逆サイドが対照的でしたね。今の日本においてセンタリングの精度はナンバーワンといっても過言ではない酒井宏樹が上がりやすいように、もう少し岡崎は空気を読んでほしかったですね」

記者
「しょうがねぇだろ……。ですがこの試合岡崎は素晴らしいパフォーマンスだったと思いますが」
トルチエ
「ウィシェトトプテュルテュルドゥドゥドゥ……
ティユティケスクセドゥドゥチョコラ」
ダバテイ
「いや、私は岡崎はこの試合のMOMを与えても良いと考えてます。あのように泥臭いプレーのできる選手が日本には絶対に必要なのです。私はただ、もっと酒井の良い所がみたかったので、岡崎ちょと空気読めと思っただけです」

記者
「……十分批判になってるじゃねーか。 他に今日気になった選手は?」
トルチエ
「ウィシェトトプテュルテュルドゥドゥドゥ……
ティユティケスクセドゥドゥチョコラビービーケスクセ」
ダバテイ
「宮市のイケメン度超ヤバイ。高橋秀人の意外な活躍超ヤバイ。森本、色んな意味でヤバイ」

記者
「……ここにも居たかヤバイ族。 他に今日気になった点は?」
トルチエ
「ウィシェトトプテュルテュルドゥドゥドゥ……
ティユティケスクセドゥドゥチョコラビービーケスクセ」
ダバテイ
「そうですね、何と言っても一青窈ですね。戦いに向けて士気を高める見事な国家独唱でした。あれなら某橋下市長を陥れようとしたが、ミイラ取りがミイラになってしまう失態を演じた某MBSの女性記者も、もらい泣きすることでしょう」

記者
「……頼むからそういう面倒くさいことになりそうなコメントやめてくれる? はい、どうもありがとうございました。ところでトルチエさん、この後どうすんの?」
トルチエ
「もちろんこのまま深夜もトゥーロン国際大会で五輪代表をしっかりチェックやで!」
ダバテイ
「そうですね明日も仕事があるので早めに起きて録画観戦します」


 トルチエ日誌 終

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
トルチエ日誌・代表戦レビュー
タグ:
日本代表 トルシエ トルチエ サッカー

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

伊野波は後半42分まで出場【Vamos la fútbol】

日本代表を採点 2012/5/23 アゼルバイジャン戦【VSOP】

別格!!本田!香川!長友!~国際親善試合 日本×アゼルバイジャン 雑感【国立(くにたち)競技場】

ブロガープロフィール

profile-iconokenoya

管理人 桶乃弥

主にサッカー・プロレスが好きですが、基本的にスポーツ全般観ます。
スポーツに関するレビューなどをこのブログでやりたいと思います。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:208659

(11月06日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. トルチエ日誌 2014年ワールドカップ アジア最終予選 第3戦 オーストラリアVS日本
  2. トルチエ日誌 ロンドン五輪 男子サッカー 準々決勝U-23日本 vs U-23エジプト
  3. トルチエ日誌 ロンドン五輪男子サッカー 1次リーグ第1戦U23スペイン vs U23日本
  4. トルチエ日誌 2012ロンドン五輪 男子サッカー3位決定戦 日本五輪代表 vs 韓国五輪代表
  5. トルチエ日誌 ロンドン五輪 男子サッカー 1次リーグ第2戦U-23日本 vs U-23モロッコ
  6. トルチエ日誌 2012ロンドン五輪 女子サッカー決勝 日本 vs アメリカ
  7. 代表の誇り ~中田英寿を通して~
  8. トルチエ日誌 2014年ワールドカップ アジア最終予選 第2戦 日本VSヨルダン
  9. トルチエ日誌 2014年ワールドカップ アジア最終予選 第1戦 日本VSオマーン
  10. トルチエ日誌 キリンチャレンジカップ2012 日本VSアゼルバイジャン

月別アーカイブ

2012
08
07
06
05
2011
11
10
09
08
07
06
03
01
2010
09
06
05
04
03
02
2009
06
2008
10
06
03
2007
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月06日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss