……ぶんろぐsponavi……

トルチエ日誌 2014年ワールドカップ アジア3次予選 第3戦 日本VSタジキスタン

このエントリーをはてなブックマークに追加

okenoya-273486.jpg
トルチエ日誌 2014年ワールドカップ アジア3次予選 第3戦 日本VSタジキスタン ~トルチエ日誌~ 主にサッカー日本代表の試合感想を、 元日本代表監督トルチエが語り、ダバテイが通訳します。 つまり、ド素人によるただの妄想レビューです。 トルチエは少々辛口ですがそれだけ代表を愛しているのです。 スポナビ試合結果/詳細 試合詳細 過去のトルチエ日誌 2007年8月以降~ 2005年6月~2007年7月






2011年10月11日 とあるホテルの一室

記者
「トルチエさんこんばんは。今日もよろしくお願いします」
トルチエ
「ウィ~シェトトプテュルテュルドゥドゥドゥ……
ティユティケスクセドゥドゥチョコラ」
ダバテイ(通訳)
「よろしくどうぞ」

記者
「ワールドカップアジア3次予選。日本はタジキスタン相手に8-0と圧勝。トルチエさんの率直なご意見をお願いいたします」
トルチエ
「ウィ~シェトトプテュルテュルドゥドゥドゥ……
ティユティケスクセドゥドゥチョコラ」
ダバテイ(通訳)
「そうですね。まずはリーグ戦ということで得失点差を考えて大量得点が出来たことは非常に満足ですね」

記者
「まさに格の違いを見せつけました。では試合内容についての感想を詳しくお聞かせ下さい」
トルチエ
「ウィシェトトプテュルテュルドゥドゥドゥ……
ティユティケスクセドゥドゥチョコラ」
ダバテイ
「正直な所、この試合に内容というものを問うのは酷な話です。シュート練習を見せられて感想を問うようなものですので。点を獲ろうという気の無いチーム相手ですから。何より、関西のサポーターは代表戦で散々苦い思いをしてきてますから、今日の長居のサポーターは溜飲の下がる気持ちの良いゲームだったと思います」

記者
「ハーフナー・マイクの初先発、初ゴール。香川の復活ゴール。駒野に至っては驚きましたが今日が代表初ゴール。非常に意味のあるゴールが生まれたと思います」
トルチエ
「ウィシェトトプテュルテュルドゥドゥドゥ……
ティユティケスクセドゥドゥチョコラ」
ダバテイ
「確かにゴールを決めた選手は素晴らしい。初ゴールの駒野には拍手を送りたいです。ですが、あれだけサイドを自由に支配出来ながら、センタリングの精度がやはり心もとない。香川も1点目のゴールは彼らしい難しいプレーではありましたが、まだまだ本調子では無い。彼ならもっとキレのある動きができるはずです。ハーフナー・マイクは代表でのポジショニングをしっかり掴むことが出来ればもっとゴールを量産できるはずです。これからのさらなる連携、意思の疎通に期待したいですね。」

記者
「それにしても4日前の試合からは想像出来なかった圧勝でした」
トルチエ
「ウィシェトトプテュルテュルドゥドゥドゥ……
ティユティケスクセドゥドゥチョコラ」
ダバテイ
「想像出来ないようにしたのはあなた方マスコミやどこかの放送席に陣取っている解説をしない解説もどきでしょう。あくまでもあの試合は親善試合。テストマッチです。今日の相手が相手だったという事を差し引いても、日本が手を緩めずゴールを獲りに行った事がそれを示している。この点は大いに称賛したい。大体、日本が本気を出せば3次予選でモタつくようなことはないのです。以前から日本は点差が広がるとどうも試合を流そうとする傾向がある。試合に対する姿勢。代表への誇り。それを選手全員が共有した時の日本は、欧州の強豪にとっても簡単な相手では無いのです。そういうメンタルな面という意味では、なでしこジャパンから学ぶべきことは多いと思います」

記者
「……なんかイチイチ棘があるんだよな。 さて、注目された選手なんかいます?」
トルチエ
「ウィシェトトプテュルテュルドゥドゥドゥ……
ティユティケスクセドゥドゥチョコラ」
ダバテイ
「中村憲剛や遠藤がどうしても代表では欠かせない存在だということは今更ですので。ちょっと理解出来なかったという意味で、前回のベトナム戦でも感じたのですが藤本はまだ代表での役割が発揮できていないようですね。ザックの求める物がどういうことなのか。そして李忠成も正直な所今日のこの相手で点を獲れなかったというのは厳しい。特にそれを感じたのは試合終盤の長友からのクロス。あそこで李がゴールに飛び出す動きをしていればドフリーでした。しかし出足が鈍かったためにボールはそのまま後方へ流れて行った。一見、長友のクロスの精度が悪いように思われるかもしれないが、ゴール、前に詰める意識があれば合わせられるボールでした。キーパーも前に出にくい位置でしたから。本当にゴールを狙いたいならあそこはしっかり前に詰めて欲しかったですね。これからFWの競争もし烈になることは必至なのですから」

記者
「確かにFWにも注目すべき若手選手が台頭してきてますからね。さて、他に今日気になった点は?」
トルチエ
「ウィシェトトプテュルテュルドゥドゥドゥ……
ティユティケスクセドゥドゥチョコラビービーケスクセ」
ダバテイ
「何といってもRGとしあつ野郎とチャド・マレーンのすぽると MONDAY FOOTBALLの細かすぎて伝わらないモノマネの録画をもう一度見たのですがやっぱり伝わりすぎて腹を抱えました。そしてテレ朝実況席、もとい、テレ朝居酒屋にいるオヤジ二人のトークショーですね。松木サンは解説者ではなく応援団長なので別に何も言うことはないのですが、もう一人のネガティブ越後ちゃんが何としても代表の揚げ足を取ろうと必死だったのが微笑ましかったですね。ところで解説の宮本恒靖選手は言葉は少なかったですが非常に分かりやすい的確な解説でしたね。解説というものは必要な時に必要な事を伝えてくれれば良いのです。いや、テレ朝の中継は宮本選手の解説にこれからも注目です」

記者
「……ゲストだっつーの。はい、どうもありがとうございました。ところでトルチエさん、あんたのチーム最下位争いしてる割に、このあいだ中国サッカー界を批判してたよね?」
トルチエ
「ビジュアルや無い。中身が大事なんや。中国のレベルはまだまだこれからやっちゅーこっちゃ」
ダバテイ
「ビジュアルではなく、中身が大事な豪華客船が進水式で沈没するくらいのレベルですが何か?」


 トルチエ日誌 終

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
トルチエ日誌・代表戦レビュー
タグ:
トルシエ

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

タジキスタン戦【サッカーが詳しく無い人のblog】

8-Oで大勝!ザックジャパンを振り返る!【サッカーエゴイスティック】

やっぱし強いねんって【ハシキリなでしこ室】

ブロガープロフィール

profile-iconokenoya

管理人 桶乃弥

主にサッカー・プロレスが好きですが、基本的にスポーツ全般観ます。
スポーツに関するレビューなどをこのブログでやりたいと思います。
  • 昨日のページビュー:2
  • 累計のページビュー:208671

(11月21日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. トルチエ日誌 2014年ワールドカップ アジア最終予選 第3戦 オーストラリアVS日本
  2. トルチエ日誌 ロンドン五輪 男子サッカー 準々決勝U-23日本 vs U-23エジプト
  3. トルチエ日誌 ロンドン五輪男子サッカー 1次リーグ第1戦U23スペイン vs U23日本
  4. トルチエ日誌 2012ロンドン五輪 男子サッカー3位決定戦 日本五輪代表 vs 韓国五輪代表
  5. トルチエ日誌 ロンドン五輪 男子サッカー 1次リーグ第2戦U-23日本 vs U-23モロッコ
  6. トルチエ日誌 2012ロンドン五輪 女子サッカー決勝 日本 vs アメリカ
  7. 代表の誇り ~中田英寿を通して~
  8. トルチエ日誌 2014年ワールドカップ アジア最終予選 第2戦 日本VSヨルダン
  9. トルチエ日誌 2014年ワールドカップ アジア最終予選 第1戦 日本VSオマーン
  10. トルチエ日誌 キリンチャレンジカップ2012 日本VSアゼルバイジャン

月別アーカイブ

2012
08
07
06
05
2011
11
10
09
08
07
06
03
01
2010
09
06
05
04
03
02
2009
06
2008
10
06
03
2007
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss