……ぶんろぐsponavi……

トルチエ日誌 キリンチャレンジカップ2011 日本VS韓国

このエントリーをはてなブックマークに追加

okenoya-259171.jpg
トルチエ日誌 キリンチャレンジカップ2011 日本VS韓国 -松田直樹選手のご冥福を心よりお祈り申し上げます- ~トルチエ日誌~ 主にサッカー日本代表の試合感想を、 元日本代表監督トルチエが語り、ダバテイが通訳します。 つまり、ド素人によるただの妄想レビューです。 トルチエは少々辛口ですがそれだけ代表を愛しているのです。 スポナビ試合結果/詳細 試合詳細 過去のトルチエ日誌 2007年8月以降~ 2005年6月~2007年7月






2011年8月10日 とあるホテルの一室

記者
「トルチエさんこんばんは。今日もよろしくお願いします」
トルチエ
「ウィ~シェトトプテュルテュルドゥドゥドゥ……
ティユティケスクセドゥドゥチョコラ」
ダバテイ(通訳)
「よろしくどうぞ」

記者
「ワールドカップ予選を控えた大事な一戦。日本は宿敵韓国に3-0の圧勝。トルチエさんの率直なご意見をお願いいたします」
トルチエ
「ウィ~シェトトプテュルテュルドゥドゥドゥ……
ティユティケスクセドゥドゥチョコラ」
ダバテイ(通訳)
「そうですね、スコア的には3-0ではありますが、正直言えば韓国に助けられた面も多い。殆ど3-2での勝利と言ってもいいでしょう。ただ、それでも攻め続けた中でのピンチでもありましたので、結果として0点に抑えたことは称賛したいと思います」

記者
「確かに危ういシーンも多かった後半でした。では試合内容についての感想を詳しくお聞かせ下さい」
トルチエ
「ウィシェトトプテュルテュルドゥドゥドゥ……
ティユティケスクセドゥドゥチョコラ」
ダバテイ
「やはり明らかだったのは海外組で活躍している選手が自信を持ってプレーし、互いを信頼して連動できたこと。これこそ最大の勝因であり、日本の最大の武器でもあります。これまでの日本は海外組と国内組の融合だの、練習期間が短かっただのと、苦戦すれば様々な点を挙げられていましたが、結局のところは選手それぞれがどれだけ誇り高く、自分のサッカーが出来るかどうかなのです」

記者
「特に後半は怒涛の攻撃でしたよね」
トルチエ
「ウィシェトトプテュルテュルドゥドゥドゥ……
ティユティケスクセドゥドゥチョコラ」
ダバテイ
「本田、香川、内田、もちろん他の海外組も本当に生き生きとしたプレーをしてくれましたね。周りを気にして連携連携と意識しすぎると、中盤でパスをこね繰り返し、バイタルエリアで守備の網にかかってカウンターを食らう典型的な日本の悪いサッカーになってしまうのです。しかし、今日は選手それぞれがゴールに向かって突き進んだ。その結果が3-0という証なのでしょう」

記者
「韓国はどうだったのでしょう」
トルチエ
「ウィシェトトプテュルテュルドゥドゥドゥ……
ティユティケスクセドゥドゥチョコラ」
ダバテイ
「パクチソンが不在という点はあまり意味が無いですね。何より韓国というチームは日本が相手だと当社比3倍強くなるわけですから。ですが、今日の韓国はアジアの虎と恐れられた面影は最後まで見られませんでしたね。もちろん、韓国が得意とする嵩にかかって攻め込む攻撃は、日本が韓国相手と意識して受け身になればなるほど威力を増すわけですが、今日の日本にはその隙が無かった。それほどに日本が前がかりになっていたということでもあります。カウンターで2失点も仕方ないほどに。つまり、韓国相手には失点覚悟で打ち勝つくらいの姿勢で丁度いいのかもしれないですね」

記者
「そうでしたね。注目された選手はいかがでしたか」
トルチエ
「ウィシェトトプテュルテュルドゥドゥドゥ……
ティユティケスクセドゥドゥチョコラ」
ダバテイ
「やはり香川と本田の関係は非常にレベルが高い。だからこそ第3の選手の動きが非常に重要なのです。そういう意味では李しかり、交代しましたが岡崎しかり、内田や今日は欠場しましたが長友らサイドバックが駆け上がってくると、空いたスペースを有効に活用でき、より得点機を増やすことができるのです。今日の場合は内田の上りは見事でしたし、駒野も長友の空いた穴をきちんと埋めてくれましたね」

記者
「駒野にとってもこれはチャンスでしたもんね」
トルチエ
「ウィシェトトプテュルテュルドゥドゥドゥ……
ティユティケスクセドゥドゥチョコラ」
ダバテイ
「股抜きフェイントでDFを抜き去った彼に、PK失敗の面影はもうありません。そうそう、初選出となった清武も非常にポジショニングセンスが良かったですね。あとはボランチです。長谷部、遠藤のサブとしてテストされた阿部と家長ではありましたが、決して長谷部や遠藤と同じことをせず、自分たちらしいプレーをこの代表で築き上げてほしいですね。ただ、まだまだ時間がかかりそうです。家長はもう少し上でやりたいのかもしれませんが、きっと彼も本田と同様に、いつか一皮むけてくれると信じています」

記者
「確かにサポートメンバーの充実は重要ですよね。ですが今の日本ってすごく層が厚くなりましたよね」
トルチエ
「ウィシェトトプテュルテュルドゥドゥドゥ……
ティユティケスクセドゥドゥチョコラ」
ダバテイ
「素晴らしいことです。ジョーカー的な役割を担う選手も増えましたし、海外にはまだまだ期待の選手が爪を研いでいる。宮市、乾、宇佐美、もちろん、五輪を目指すU-22にも永井や東。頼もしいじゃないですか。私としては梅崎や山田、柏木といった秘めた実力を発揮できぬままもがいている選手に、一気に開花してほしいという期待もあるのですが」
記者
「何気に浦和の選手ばかりですけど。深い意味ないですよね」
トルチエ
「ウィシェトトプテュルテュルドゥドゥドゥ……
ティユティケスクセドゥドゥチョコラ」
ダバテイ
「もちろんです、私はレッズサポではありません。『中盤の無かった浦和に行って才能の墓場でもがいているダイヤの原石たち』なんて失礼なことは言いません。彼らがもっと輝いて浦和レッズに強くなってほしいだけなのです。あの日本を代表する熱いサポーターを喜ばせてあげたい。それが日本のJリーグ全体の活気にも繋がるのです。そうですね、松本山雅のサポーターも素晴らしい。こういうチームに強くなって貰いたいですね」

記者
「かなり失礼なコメントもありましたが。さて、他に気になった点は?」
トルチエ
「ウィシェトトプテュルテュルドゥドゥドゥ……
ティユティケスクセドゥドゥチョコラツライトキツライトイエタライイノニナァーアーアー」
ダバテイ
「何といっても国歌斉唱ですね。私は思わずソファからずり落ちました。あまりに高いキーから入ったので、『彼はこの後ちゃんとあの高さを歌えるのか?』そればかり冷や冷やしました。いや、その前に『フトシ』って誰? ツヨシの間違いか? 堂本剛にしてはあまりにも歌い方がにょろっとしているなと。私は思わずググってしまいましたが、『太』で検索しても「太い」という意味しか出てきませんで、もがき苦しみながら混乱していました。どうやら香川もカメラで抜かれて『フトシって誰?』的な言葉を横の選手に喋っている様子が伺えましたね。いや、なかなかのツイッターポイントでした。今日の相手はある意味アクアタイムズでした」

記者
「……。ホントにコメントしづれーよ。はい、どうもありがとうございました。ところでトルチエさん、今何やってんの?」
トルチエ
「もちろん、中国深センでバリバリやってんで!」
ダバテイ
「もちろん、中国深センでバリバリ最下位争いですが何か?」


 トルチエ日誌 終

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
トルチエ日誌・代表戦レビュー
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

日本 対 韓国【かぼすシュートの蹴球アラカルト】

日本 3-0 韓国【(元)地方サポは何を思う】

【10番の継承者】【Dragons + 】

ブロガープロフィール

profile-iconokenoya

管理人 桶乃弥

主にサッカー・プロレスが好きですが、基本的にスポーツ全般観ます。
スポーツに関するレビューなどをこのブログでやりたいと思います。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:208371

(08月14日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. トルチエ日誌 2014年ワールドカップ アジア最終予選 第3戦 オーストラリアVS日本
  2. トルチエ日誌 ロンドン五輪 男子サッカー 準々決勝U-23日本 vs U-23エジプト
  3. トルチエ日誌 ロンドン五輪男子サッカー 1次リーグ第1戦U23スペイン vs U23日本
  4. トルチエ日誌 2012ロンドン五輪 男子サッカー3位決定戦 日本五輪代表 vs 韓国五輪代表
  5. トルチエ日誌 ロンドン五輪 男子サッカー 1次リーグ第2戦U-23日本 vs U-23モロッコ
  6. トルチエ日誌 2012ロンドン五輪 女子サッカー決勝 日本 vs アメリカ
  7. 代表の誇り ~中田英寿を通して~
  8. トルチエ日誌 2014年ワールドカップ アジア最終予選 第2戦 日本VSヨルダン
  9. トルチエ日誌 2014年ワールドカップ アジア最終予選 第1戦 日本VSオマーン
  10. トルチエ日誌 キリンチャレンジカップ2012 日本VSアゼルバイジャン

月別アーカイブ

2012
08
07
06
05
2011
11
10
09
08
07
06
03
01
2010
09
06
05
04
03
02
2009
06
2008
10
06
03
2007
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年08月14日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss