……ぶんろぐsponavi……

トルチエ日誌 東北地方太平洋沖地震復興支援チャリティーマッチ がんばろうニッポン!

このエントリーをはてなブックマークに追加

okenoya-228364.jpg
トルチエ日誌 東北地方太平洋沖地震復興支援チャリティーマッチ がんばろうニッポン! ~トルチエ日誌~ 主にサッカー日本代表の試合感想を、 元日本代表監督トルチエが語り、ダバテイが通訳します。 つまり、ド素人によるただの妄想レビューです。 トルチエは少々辛口ですがそれだけ代表を愛しているのです。 スポナビ試合結果/詳細 試合詳細 過去のトルチエ日誌 2007年8月以降~ 2005年6月~2007年7月






2011年3月29日 とあるホテルの一室

記者
「トルチエさんこんばんは。今日もよろしくお願いします」
トルチエ
「ウィ~シェトトプテュルテュルドゥドゥドゥ……
ティユティケスクセドゥドゥチョコラ」
ダバテイ(通訳)
「どうぞよろしく」

記者
「東日本大震災。この未曽有の大災害に遭われた被災者の皆さんの少しでも心の支えになれば。その想いから実現したチャリティーマッチ。日本代表対Jリーグ代表、『TEAM AS ONE』。試合は2-1で日本代表が勝利しました。 トルチエさんの率直なご意見をお願いいたします」
トルチエ
「ウィ~シェトトプテュルテュルドゥドゥドゥ……
ティユティケスクセドゥドゥチョコラ」
ダバテイ(通訳)
「まずは被災者の皆さんに心からお見舞い申し上げます。今の私に出来ることはこの私のインタビューを少しでも楽しんでいただける皆様の期待に応えたい。ただその想いでいっぱいです」

記者
「そうですね、出来ることからはじめましょう。では試合内容についての感想を詳しくお聞かせ下さい」
トルチエ
「ウィシェトトプテュルテュルドゥドゥドゥ……
ティユティケスクセドゥドゥチョコラ」
ダバテイ
「点数に関してはもはや無意味です。どれだけ選手が心でサッカーしてくれるかですね。その中でもやはりずば抜けていたのは現日本代表。特に前半に登場した今のベストメンバーは非常に素晴らしいパフォーマンスを魅せてくれましたね。3-4-3へのシステムの変更は見事にフィットしました。長友、内田の良さが存分に引き出せましたし、何より本田のポジショニングが活きる。非常に期待のもてる攻撃オプションを得られました」

記者
「前半早々の畳み掛ける2得点。実に見事でしたね」
トルチエ
「ウィシェトトプテュルテュルドゥドゥドゥ……
ティユティケスクセドゥドゥチョコラ」
ダバテイ
「遠藤のフリーキック、岡崎の冷静なシュート、本田の宇宙開発。実に魂がこもってましたね。何より全選手が前を向いてシュートの意識、ドリブルの意識を持ち、それぞれが共有していた。これこそ日本代表の持つ欧州のチームにも負けない強さなのです。さしもの百戦錬磨のJリーグ代表、それもつい先日まで日本代表の要だった闘莉王と中澤のセンターバックが相手だったのですから。逆に言えば彼らは非常に危機感を覚えたことでしょう」

記者
「一方で、後半に入るとそのJ選抜が息を吹き返します」
トルチエ
「ウィシェトトプテュルテュルドゥドゥドゥ……
ティユティケスクセドゥドゥチョコラ」
ダバテイ
「これはやはり俊輔の存在が大きかったですね。急造チームをまとめる力は、やはり堅実なプレーを出来る彼がいたからこそですね。もちろんそれと同時に何より大きかったのはキング・カズです」

記者
「会場のサポーターからの大歓声は凄かったですね」
トルチエ
「ウィシェトトプテュルテュルドゥドゥドゥ……
ティユティケスクセドゥドゥチョコラ」
ダバテイ
「やはり、スターというものはちゃんと持っている。本田ではないが今日は44歳現役プレーヤー、三浦知良がその存在感を示してくれました。ハッキリ言ってサッカーでは『誰かに花を持たせる』ということは決して簡単ではないのです。カズだからこそあそこで闘莉王のパスを受けられ、カズだからこそゴールを決められたのです。しかし、カズがこの場面で結果を出せたのは、今日のこの日まで諦めず地道に努力し続けてきた賜物なのです。そして今日のこの日にその想いを胸にどん欲にボールを奪いに走った成果なのです。被災者の皆さんに本当に勇気と元気を与える素晴らしいゴールだったと思います」

記者
「やべ、泣けてきちまった……。そうですよね、引退試合だからといってその選手がゴール出来るとは限らない。その中で結果を出したカズ選手は本当に素晴らしいですね」
トルチエ
「ウィシェトトプテュルテュルドゥドゥドゥ……
ティユティケスクセドゥドゥチョコラ」
ダバテイ
「7勝7敗の相手に人情相撲で負けてやるのとはワケが違います」

記者
「……また余計なことを。では後半の日本代表やそのほかの選手はいかがでしたか」
トルチエ
「ウィシェトトプテュルテュルドゥドゥドゥ……
ティユティケスクセドゥドゥチョコラ」
ダバテイ
「このようなチャリティーマッチで苦言を呈すのはどうかと思いますが、ハッキリ言って後半の若き日本代表に関しては非常に物足りなかった。何を委縮しているのか、何をためらっているのか。前半のレギュラー組よりももっともっと走らなければならないのに、逆にJ選抜の方が出足が良かった。これは非常に残念です。終了間際に闘莉王が李忠成にジャンピングケンカキックを食らわしてましたが、アレは彼の闘志の空回りというよりも、不甲斐ない日本代表へのメッセージだと思います」

記者
「なるほど、確かにボールの無い所への少々強引なアタックだったとは思いましたが」
トルチエ
「ウィシェトトプテュルテュルドゥドゥドゥ……
ティユティケスクセドゥドゥチョコラ」
ダバテイ
「カズばかりに食われるのではなく、俺たちだって居るんだという姿勢を魅せて欲しかった。そういう意味では海外で日々成長を続けている長友らとの差がどんどん開いていく。確かにJが中断し、プレー出来ない状況下では満足なパフォーマンスは出せないかもしれないが、スポーツは技術や体力だけでなく『心』が欠ければ感動は与えられないのです」

記者
「いや、確かにそうですね特にカズ選手からは心が伝わりました」
トルチエ
「ウィシェトトプテュルテュルドゥドゥドゥ……
ティユティケスクセドゥドゥチョコラ」
ダバテイ
「ま、どこかの国技は『心・技・体』の心が欠けたままだったのでスポーツでは無かったわけですが」

記者
「……だから。さて、他に気になった点はございますか」
トルチエ
「ウィシェトトプテュルテュルドゥドゥドゥ……
ティユティケスクセドゥドゥチョコラビービー」
ダバテイ
「そうですね、何と言っても長居に詰めかけたサポーター。本当に熱い声援を有難うといいたいですね」

記者
「……え?終わり?」
トルチエ
「ウィシェトトプテュルテュルドゥドゥドゥ……
ティユティケスクセドゥドゥチョコラビービー」
ダバテイ
「ダメ?」

記者
「……。はい、どうもありがとうございました。ところでトルチエさん、マジで3年後アジア制覇する気?」
トルチエ
「当たり前やんけ! 中国Cリーグなめたらアカンで!!」
ダバテイ
「すでに『ACL出場』に下方修正したい気分ですが何か?」


 トルチエ日誌 終

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
トルチエ日誌・代表戦レビュー
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

キング・カズ 魂のゴール 日本代表VSJリーグ選抜 2-1【サムライブルーの風】

Jリーグとザッケローニに突きつけられた課題【サカしゃべ。】

やっぱりキング!【チャー坊のサッカー秘密基地】

ブロガープロフィール

profile-iconokenoya

管理人 桶乃弥

主にサッカー・プロレスが好きですが、基本的にスポーツ全般観ます。
スポーツに関するレビューなどをこのブログでやりたいと思います。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:208414

(11月20日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. トルチエ日誌 2014年ワールドカップ アジア最終予選 第3戦 オーストラリアVS日本
  2. トルチエ日誌 ロンドン五輪 男子サッカー 準々決勝U-23日本 vs U-23エジプト
  3. トルチエ日誌 ロンドン五輪男子サッカー 1次リーグ第1戦U23スペイン vs U23日本
  4. トルチエ日誌 2012ロンドン五輪 男子サッカー3位決定戦 日本五輪代表 vs 韓国五輪代表
  5. トルチエ日誌 ロンドン五輪 男子サッカー 1次リーグ第2戦U-23日本 vs U-23モロッコ
  6. トルチエ日誌 2012ロンドン五輪 女子サッカー決勝 日本 vs アメリカ
  7. 代表の誇り ~中田英寿を通して~
  8. トルチエ日誌 2014年ワールドカップ アジア最終予選 第2戦 日本VSヨルダン
  9. トルチエ日誌 2014年ワールドカップ アジア最終予選 第1戦 日本VSオマーン
  10. トルチエ日誌 キリンチャレンジカップ2012 日本VSアゼルバイジャン

月別アーカイブ

2012
08
07
06
05
2011
11
10
09
08
07
06
03
01
2010
09
06
05
04
03
02
2009
06
2008
10
06
03
2007
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年11月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss