投手王国を夢見て

オールスターまでの投手陣を考えてみよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

 悪夢の交流戦も終わり、24日からはリーグ戦が再開されます。ということで、今日明日と投手、野手に分けて、オールスターまでのリーグ戦の展望を書いていきたいと思います。

 今日は投手の展望です。




 先発

 ローテは軸は固まっているものの、頭数が足りておらず厳しい状態です。現状でローテを守っているのは3人で、そのうち福井はしっかりとした結果を残しているものの新人ということは頭に入れないといけないでしょうから、何らかの理由による離脱も想定せねばならないでしょう。
 リーグ戦再開となれば6人の先発が必要なのは言うまでもありませんが、7月10日までの半月ぐらいの間は5人で回すことが出来ます。となれば当面はもう2人の先発がいればいいということになりますね。

 報道にもありましたが、1つの枠には中村恭が入ることで間違いないでしょう。二軍では好成績を残しているだけに、登板日が楽しみですね。制球をいきなり乱すことがありますが、その悪癖が出なければ5回ぐらいまでなら試合は作れると思うのですが。

 もう1つの枠ですが、やはり有力なのは今村でしょうか。次点が篠田、ソリアーノというところでしょうがソリアーノは中継ぎ登板したりしているんですよね、最近は。篠田ももう1,2試合ほど登板してからのほうが良いと思いますし、となるとやはり5人目枠は今村でしょうね。

 順番としては 前田健 → バリントン → 中村恭 → 福井 → 今村 というところでしょうか。ちなみに表ローテは中日、ヤクルト、巨人という現在の上位3チームと当たりますので、表は信頼できる投手を置きたいですね。ただこれだと裏ローテがかなり貧弱になりますが……。


 一方、7月12日から7月20日まではオールスター前の9連戦が待っています。ここでは6人の先発が欲しいところですね。6人目枠として期待されるのは当然篠田です。元々1年間ローテを守ることを期待されている投手ですし、そろそろ戻ってきてもらわないとなりませんね。最近の二軍戦はそこそこの結果を出しているようですし、早く一軍の先発ローテに戻ってきて貰いたいです。
 そしてもう1人、26日に実戦復帰する齊藤もこの枠に入ることが期待されます。ただ、普通に考えればこの9連戦で復帰させるのは時期尚早でしょうね。出来ればオールスター明けから一軍復帰は考えたいところです。よほどローテが崩壊しない限りは、齊藤はここで使うのは避けたいところ。もし先発が足りない状況となっても、そこはソリアーノやジオらの起用で乗り切りたいところですね。




 リリーフ陣

 サファテがガッチリと固まっている分、昨年よりは大分楽になっていますね。交流戦でもリリーフが大崩れしたゲームは少なくすみました。
 永川は先日崩れてしまいましたが、信頼はまだ揺らがないでしょう。セットアッパーとして頑張ってもらいたいです。
 青木も休養をとりながら登板できるようになった分、再び安定した投球を見せてくれるようになって来ました。サファテ、永川に続くリリーバーとしての役割をしっかりこなしてもらいたいですね。

 シュルツの一軍復帰が濃厚との情報がありますが、二軍でもまだ球威は戻っていない様子。接戦で使うのはまだ厳しいかもしれません。ただ、あの長身から投げ下ろす球は十分打ちづらいですし、ビハインドや下位打線相手なら通用するでしょう。使い方が難しくなりそうですが、それらの登板を通じて何とか球威を取り戻してもらいたいです。

 上野と岸本は……まだ勝ち試合で使うのは難しいかなあ。ビハインドでなら……というところでしょうか。


 さて、下で投げている面子から言えば、そろそろ豊田を上に上げて欲しいです。何らかの怪我があったようで3軍で調整していたようですが、最近は二軍でも登板を再開している様子。彼の経験は周りの投手にも良い影響を与えてくれますし、制球がとにかく良い投手ですから何かと使い勝手も良い投手なハズです。リーグ戦に戻り、DHも完全に無くなりますから、ベンチに入る投手は多いに越したことはありません。僕個人としてはベンチに入るリリーフは7人が普通だと思っていることもありますが、是非問題がないのなら豊田を一軍に上げて欲しいです。




 さて、投手編はここまでです。明日あたりに野手編を上げたいと思います。
 長くなってしまいましたが、ここまで読んでくれた方々に感謝いたします。




 追記



 栗原が国内FA権を取得したとのこと。元々メジャー志向の強い選手ですから、行使するなら海外FA権を取得してからと思っていますが……。とはいえ、今季の成績では獲得に動く球団があるのか疑問符がつくのも事実だと思います。どこかに移籍したいと思うにしても、もう少し奮起しないとダメでしょうね。
 ともかく、カープには必要な選手だと僕は思っていますので、残留してくれることを祈っています。

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
広島東洋カープ
タグ:
国内FA権
メジャー
栗原健太
投手陣展望

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

オールスターまでの投手陣を考えてみよう

ogmaさん こんにちは。

 ogamaさんの意見が私とほとんど同じ考えだったので、近い視点のカープファンがいることにとても喜んでいます。
 中村投手に関しては、左腕不足もあり期待はしていますが、1軍での登板がまだない投手なので、2試合に1回くらい試合を壊さないピッチングをしてくれれば、儲け物ぐらいに考えています。
 
 篠田選手も序盤の好投はあったものの、降格前の数試合のピッチングが酷かったのと、目立った成績を残したことがなく、一年を通してローテションで投げたこともないので、期待はあまりできないと考えています

 今村投手はこの前のロングリリーフでポテンシャルの高さは充分感じられる投球を見せたので、将来的には非常に期待できると思うのですが、現時点での完成度はまだまだ低いので、中村投手と同じく、登板の半分QSを達成してくれれば御の字ではないでしょうか。

 登録抹消されたジオ投手ですが、個人的には単調で一人相撲なピッチングをする投手なので、あまり好きではないですが、被打率・被出塁率・HR/9・BB/9・K/9の全てで福井投手を上回っており、立ち上がりの悪さと右打者に対する外一辺倒の組み立ては懸念材料ですが、前田・バリントン投手に次ぐ成績を残している投手なので、ローテーションの3・4番手で使うべきだと思います。

 シュルツ投手は、個人的には全盛期の球威を取り戻すことはかなり難しいと考えています。
 ただ、それでもogmaさんが仰るとおり今の状態でも上手く使えば、それなりに戦力になると感じます。

 永川投手は、私はあまり心配する必要はないように思います。石原選手と組んだ投球では、安定したいいピッチングを続けていますので、セットアッパーとしてシーズン残りもかなり期待できると思います。

 長々と失礼しました。

こんな記事も読みたい

カープ、いざ逆襲へ!! 中日を考察してみる。【広島鯉太郎】

昇格するのは?!【萌えドラ】

交流戦総括【鯉に恋する漢のブログ】

似たもの同士・・・?【広島カープがんぼう主義!】

メモリアル始球式2011の不思議【常勝軍団と呼ばれるその日まで】

きっかけ ~その1~【熱いカープファン応援ブログ (2011.6.21~)】

登場曲のアイデア【赤ヘル思考】

黒田好投でも勝ち付かず【鯉に恋する漢のブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconogmacarp

 来年度から社会人(in 関東)の23歳。

 その門出を祝ってくれた…のは偶然ですが、カープはついにAクラス入りしてくれました。ちょっと勇気を貰って、今年は心機一転、頑張りたいと思います。


 カープファン暦は6年目、ブログも5年目に突入!

 今年もカープをポジティブに応援します。
  • 昨日のページビュー:2
  • 累計のページビュー:2589410

(06月01日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 外国人選手の契約はどうなるか?
  2. オープン戦最下位、それでも..
  3. ドラフトを終えて
  4. 木村昇吾ってスゴイ。
  5. 若き赤い力が躍進する戦いの影で
  6. 「四球厳禁」を考える
  7. マエケン登板の賛否
  8. 丸ちゃんは成長したなあ。。。
  9. この緊急事態にどう対処するか?
  10. なんとなく、分かった気がした。

月別アーカイブ

2015
03
2014
05
04
02
01
2013
11
09
08
07
06
05
04
02
01
2012
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月01日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss