No soccer No life!って言うほどではないけれど・・・

鹿島は勝負強い?そんなものは誰も信じてはいないんじゃないの

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日の天皇杯ラウンド16、そしてJリーグ27節、鹿島アントラーズは浦和レッズ、G大阪というもっとも難しいと思われるゲームをともに逆転で勝利できた。

メディアのニュースでは、「鹿島の勝負強さ」独走態勢などともてはやされている。 メディアというものは、こういうふうに書かないと読まれないのかもしれないが、僕は鹿島が勝負強いなどとは思っていない。勝てたのは、必死で戦った結果だ。じゅうぶん負けもあり得た。

「勝負強い」などという言葉は根拠も実態もないものだ。 例えば、「守備の統率が取れている」とか「攻撃の連動性がある」とか「選手の意思統一ができている」などというのならわかる。 でも「勝負強い」なんていう言葉を真に受けて信じていたら勝てるゲームも勝てなくなる。

今年はACLも敗退、ルヴァン杯も敗退、そして監督交代、およそ勝負強いなどというチームではなかった。 リーグ戦序盤は、浦和レッズの他を圧倒する戦力の充実に、いよいよレッズの黄金期かと思わされた。 ACLで上海上港に勝てる、日本のクラブなどないだろうと思っていた。

大型補強した鹿島は、序盤苦しむことは予想できていた。新戦力が、なじむのには時間がかかるからだ。それまで完成度の高い浦和レッズに離されないで、終盤までもつれ込むことができたならば、そのときは優勝のチャンスはあるのではないかと思っていた。

それは、神戸やFC東京にも当てはまることだと思っていた。良い選手を集めるほど、チームマネジメントは難しくなる。 早く新チームを機能させたところが、浦和レッズへの挑戦権を得られるのだろう。今シーズンはそういう展開だと感じていた。

初戦ホームでFC東京に屈しアウェイもドロー、川崎フロンターレに至っては一方的にダブルを喰らった。 とてもメディアが持ち上げるような強さではない。しいて言えば、下位チームに取りこぼしをする悪い癖が出ていないだけだ。

残り7節、しびれるようなタフなゲームが続く、柏レイソルも川崎フロンターレも都合よく負けてなどくれないだろう。 隙を見せたらタイトルはつかめない。

選手もスタッフもクラブも、そして僕たちサポーターも、みんな分かっているバズだ。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
鹿島アントラーズ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

篠原選手について【ファジアーノ頑張れ!】

今週の乾/久保/森岡/小林/堂安/伊藤/宇佐美/中島(9/24)【POOH - San の蹴球見聞録】

横浜・F・マリノス 進歩の現在地【多趣味過ぎるブログ】

ロスタイムの逆転劇で、2位と勝ち点差8。 鹿島 2-1 G大阪【二つの歓喜をもう一度!】

結果としては5連勝――鹿島アントラーズ2-1ガンバ大阪【雑感】【Memories of the game】

安部裕葵にやっと気づいた?【No soccer No life!って言うほどではないけれど・・・】

結果の前にやるべきこと【 TRABALHO LEALDADE RESPEITO 】

天皇杯【残されたタイトルは二つ】【 TRABALHO LEALDADE RESPEITO 】

ブロガープロフィール

profile-iconnosoccornolife

今年もカシマスタジアムのシーズンチケットを購入しました。でも、アウェイ観戦も大好き。水戸ホーリーホックも時々観戦してます。代表のアウェイ観戦も行ってみたいと思っているこのごろです。
Linksの「スナフキンの紀行文」も覗いてください。
  • 昨日のページビュー:12
  • 累計のページビュー:1026797

(10月18日現在)

関連サイト:スナフキンの紀行文

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 香川君、移籍して正解だったよね!
  2. 香川は名より実を取るべき時ではないのか?
  3. マンU戦は、通過点に過ぎないのか?
  4. CL いよいよベスト4が見えてきた
  5. 香川、マンUでの不遇は香川の問題ではなかったことを証明しつつある。
  6. うーん!これが答えか CLセミファイナル
  7. 本田、つかの間の高評価だが、とりあえずホッとしてしまう
  8. CL 4強が出そろう
  9. リバプールの優勝とユナイテッドの来季CL・ELの出場権なし、どちらに興味?
  10. いよいよ、快挙も現実感が帯びてきた、プレミアリーグ

月別アーカイブ

2017
09
03
02
2016
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss