No soccer No life!って言うほどではないけれど・・・

見ごたえのあった強豪対決 G大阪vs浦和レッズ

このエントリーをはてなブックマークに追加

Jリーグ第4節、G大阪vs浦和レッズは序盤戦の行方を占う好カードだった。

どちらも日本を代表してACLも戦いながらの直接対決だったが、置かれた状況は違う。

浦和はJリーグ初戦で横浜FMにまさかの敗戦となったものの、その後は実力通りのサッカーをみせタイトルに一番近いチームらしい強さを発揮している。ACLで上海上港に敗れたとはいえ、後半に1点差に迫ったところは素晴らしかった。 興梠の不用意な退場が流れを失わせなければ、ドローも十分あったと思う。上海上港が抜けている分、グループ突破は日本のクラブの中で一番確実に見える。

いっぽう、G大阪はACLで苦戦を強いられている、ホームでの連敗はガンバらしからぬゲームだった。 その上、強力補強で優勝候補にも上がるFC東京を退けたゲームはさすがだと思わせたが、守護神東口を失うという大きな代償を払う結果となった。

このゲーム、アウェイとはいえ浦和レッズが支配するのではないかと感じていたが、予想通りの展開だった。 同じ3バックを採用する戦いとなったが、連携の熟成度は浦和の方が一歩も二歩も上を行っていた。

その上、遠藤の動きを徹底的に抑え込まれ、ガンバらしいボール回しは見られなかった。 ペドロビッチさんは、スタイルを変えてまで相手の長所を消す戦術はあまりとらない監督だが、今年にかける思い、勝ちにこだわる思いが伝わってくるサッカーだった。こういうことをしてくる浦和レッズは、とてもやっかいだし、強い。

そんな中、先手を取ったのはG大阪だった。左サイドを抜け出した倉田からのパスが今野のゴールにつながった。 10番のセンスと遠藤を押さえても俺がいるぞと言わんばかりの日本代表のプレーだった。

しかし、浦和レッズも今年は勝負強い、終盤は相手コートに押し込んで連続攻撃を仕掛ける。 倉田のハンドは、ゴール前に押し込んだ圧力が生んだものだと思う。

ホームはガンバだったが、勝ち点を拾ったのはむしろG大阪だったのかもしれない。G大阪の苦しい展開でも簡単にはやらせない経験がこのドローを生んだ気がした。

見ごたえのある良いゲームだったと思う。

これは余談ですが・・・

1点リードで迎えた後半28分、ガンバ大阪は藤ヶ谷陽介の負傷によって、GK交代を余儀なくされた。この日、ベンチに入っていたのはトップチームでの出場がまだない下部組織出身の6年目GK田尻健だった。

田尻がピッチに入る際、槙野が近づいてきて、何やらしつこく話しかけていた。そこに森脇も加わってプレッシャーをかけてきていたのが画面でもよく分かった。

あとでネットのニュースで、「(槙野からは)『俺、シュート打つぞ!』って言われ。森脇も『コイツのシュートは超ブレるぞ』って、2人でプレッシャーをかけていたそうだ。

そういえば、昨シーズンも鹿島の鈴木優磨がPKを蹴るときに、槙野がしつこく「右に蹴るだろ?右だろ?」と揺さぶりをかけたそうです。

サッカーはプレー以外でもこういった駆け引きが、沢山あるのは聞いている。 でもね、日本代表の選手が、こんな行動、ちょっと子供っぽくないかな?



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
Jリーグ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ふがいない&もったいない2戦【SPORTS BULLetin】

きっと何年経っても【素の人】

作りかけの横浜F・マリノス 右サイドの潜在能力【多趣味過ぎるブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconnosoccornolife

今年もカシマスタジアムのシーズンチケットを購入しました。でも、アウェイ観戦も大好き。水戸ホーリーホックも時々観戦してます。代表のアウェイ観戦も行ってみたいと思っているこのごろです。
Linksの「スナフキンの紀行文」も覗いてください。
  • 昨日のページビュー:4363
  • 累計のページビュー:1013528

(09月22日現在)

関連サイト:スナフキンの紀行文

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 香川君、移籍して正解だったよね!
  2. 香川は名より実を取るべき時ではないのか?
  3. マンU戦は、通過点に過ぎないのか?
  4. CL いよいよベスト4が見えてきた
  5. 香川、マンUでの不遇は香川の問題ではなかったことを証明しつつある。
  6. うーん!これが答えか CLセミファイナル
  7. 本田、つかの間の高評価だが、とりあえずホッとしてしまう
  8. CL 4強が出そろう
  9. リバプールの優勝とユナイテッドの来季CL・ELの出場権なし、どちらに興味?
  10. いよいよ、快挙も現実感が帯びてきた、プレミアリーグ

月別アーカイブ

2017
09
03
02
2016
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss