神宮と戸田、あと両国に思いを馳せて。~From愛媛・Live In大阪ちなヤク日記~

遂に来てしまった宣告。ならば、どこまでも添い伏しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者が野球以外で好きなものを挙げるとすればいろいろありますが、そのひとつが歴史(日本史)。学生時代は、日本史だけは勉強せずとも毎回高得点を取れた記憶があります。その歴史好きの原型を作ったのが、小学2年生の頃から母親の影響で見始めたNHK大河ドラマです。 今年の大河ドラマは「おんな城主 直虎」。戦国時代、遠江井伊谷(現在の静岡県浜松市)を治める国人領主・井伊氏の中でも、珍しい「女性の城主」として知られる井伊直虎を主人公とした物語です。

8月20日に放送された第33回「嫌われ政次の一生」は、恐らくこの今年の物語のハイライトとなる場面。

幼馴染でありながら、表面上は近隣の大名である今川氏真(尾上松也)と徳川家康(阿部サダヲ)の対立、そして井伊家存続と井伊谷領有を巡って反目を演じる井伊直虎(柴咲コウ)と小野但馬守政次(高橋一生)。それでも直虎は政次の本心を知っていて、陰では井伊家存続のために様々な策を弄します。 直虎の井伊家を井伊谷から追放して井伊谷の城代となった政次ですが、直後に徳川家康と井伊谷三人衆(鈴木重時:菅原大吉、近藤康用:橋本じゅん、菅沼忠久:阪田マサノブ)が井伊谷へ侵攻。近藤の策略に嵌ってしまい井伊谷から駆逐された政次はやがて捕らえられ、磔に処されます。

……ここは歴史を語るブログではないのであらすじを述べるのはここまでにして、もしどうしても気になるのであればTwitterにまとめられたモーメント(ネタバレ注意!)やハッシュタグ検索、土曜日13:05~の再放送をご覧いただければ。 物語最終盤の、これまでの伏線をすべて回収する脚本の巧妙さ。そして柴咲コウさんと高橋一生さんの類まれな演技力に泣かされたあの場面は、まさしく大河ドラマ上に残る名シーンと言って過言ではないだろうとは思います。 野暮なことを言えば、その時間帯と同じくらいの時に、マツダスタジアムでは4点リードの8回裏に3番手の石山泰稚が2ラン本塁打2本を浴びて「討ち死に」してしまったのを見知って、ふたつの意味で泣きそうになりましたが……。


それを踏まえて、今朝流れたニュース。

ヤクルト真中監督、今季限り退任へ 後任候補は高津2軍監督ら

昨季、そして今季のチーム成績のみを見てみれば致し方なく、初めて知った時も「そうか……まあ、そうなるか」とあまり驚きはしませんでした。 ただ昨季はともかく、今季に関しては果たしてチームの低迷の所在を真中監督ひとりに求めていいのだろうか? と思わざるを得ないのも率直な感想。

きのうだけの話にしても、1点ビハインドの5回表にウラディミール・バレンティンの逆転満塁本塁打で3点リードを奪い、7回表には山崎晃大朗のスクイズでリードを4点に広げます。 そして先発の山中浩史が6回1失点の好投で勝利投手の権利を得て、7回は松岡健一がゼロに抑え、8回はセットアッパーの石山泰稚を投入。この試合の采配はベター、セオリー、定石の類で、本来なら文句を言う筋合いはなかったはずです。 ところが、その石山が前述の通り2被弾4失点を喫しノックアウト。最後は延長戦にもつれ込み、痛いサヨナラ負けを喫してしまいました。

少なくともきのうの話であれば、石山が打たれたことは結果論。「なんで石山出してんねん」と突っ込む方もいらっしゃるかもしれませんが、だからと言って例えば近藤一樹を出せば抑えられたか。 実際に近藤は石山の後を受けて同点で食い止めるピッチングを見せましたが、どちらにせよ後出しジャンケンの結果論でモノを言っている限りは、卑怯でしかないでしょう。 強いて、本当に強いて言えば山中をもう少し引っ張る選択肢はなかったかとも思いましたが、それでも7回降板であれば8回の石山投入という選択肢は変わらないはず。もし「逆転負けを喫した」という事実だけでこの采配をあげつらうのであれば、どんな監督でも采配なんかおっかなくて取れません。裏を返せば、それだけ相手の広島東洋の勢い恐るべし、首位を独走する理由もわかる、そういう話で終わりでいいのです。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
東京ヤクルト・総論
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

宇佐見真吾のメルヘンデビュー【137のブログ@スポナビ+】

ファイターズ、ハルキとゴウ【HIT! RUN! WIN!】

《マリーンズ》マリーンズがやっぱり好きだから【南大阪に吹くマリンの風】

8/20VS広 バレがグラスラも…石山が想定外の炎上で敗戦。【雄平よ大志を抱け!】

挫折を経験するのは、恥でも何でもない。 【#1 山田哲人】【神宮と戸田、あと両国に思いを馳せて。~From愛媛・Live In大阪ちなヤク日記~】

【2017-111】なんとも山中に申し訳ない試合【ツバメの舞い上がる夢日記】

むしろ遅すぎたくらいの、「通算50勝」という通過点。 【#29 小川泰弘】【神宮と戸田、あと両国に思いを馳せて。~From愛媛・Live In大阪ちなヤク日記~】

やはりエースは小川泰弘(2017 GAME-110)【ツバメと共に上昇気流に乗って】

ブロガープロフィール

profile-iconnomurayuhki

  • 昨日のページビュー:5683
  • 累計のページビュー:188090

(10月24日現在)

関連サイト:Twitter

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 東京ヤクルトスワローズ、戦力外通告選手の考察
  2. W.バレンティンの去就、清宮幸太郎指名の考察
  3. メディアが味方でないからこそ、思うことがあるんです。
  4. スワローズ「三軍問題」 ~ヤクルトは三軍を創設すべきか?~
  5. 遂に来てしまった宣告。ならば、どこまでも添い伏しましょう。
  6. 宮本慎也ヘッドコーチに関しての雑感。
  7. 石川雅規は、本当に「衰えて」しまったのか? 【#19 石川雅規】
  8. 挫折を経験するのは、恥でも何でもない。 【#1 山田哲人】
  9. 初心者だからこそ思う、階級の多さ故の多様な構成と競争原理。
  10. 筆者は彼に、謝罪しなければいけない。 【#42 坂口智隆】

月別アーカイブ

2017
10
09
08

このブログを検索

https://twitter.com/NomuraYuhki

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss