神宮と戸田、あと両国に思いを馳せて。~From愛媛・Live In大阪ちなヤク日記~

「セ・リーグでも『DH』導入を検討とな?」

このエントリーをはてなブックマークに追加

セもDH!“パ高セ低”打破へ導入検討…早ければ19年にも

ここ最近、セ・リーグでもDH(指名打者)制を導入するかどうかの議論が盛り上がっていますね。

先に答えを言ってしまうと、筆者としてはDH制に関しては「どっちでもいい」です。ハッキリ言って。 セ・パの差別化と言う意味でDH導入を見送ってもいいし、パに倣えとDH導入を推進してもいい。一個人としてはなるようになればそれでいいと思っていますが、まあそれでは記事を書く意味がないので、少しずつ考察を進めていきましょう。


まずは指名打者制度の歴史と、パシフィック・リーグにおけるDH制導入の経緯。 「指名打者」そのものが生まれたのは、野球の本場・アメリカ合衆国。当時過度な投高打低の影響で観客動員が伸び悩んでいたアメリカン・リーグが人気回復を図って導入したのがその始まりとなります。 日本でも、同じく観客動員に伸び悩むパシフィック・リーグがア・リーグを参考に1975年から導入。パ・リーグは同時期的にシーズン前後期制の導入、予告先発なども導入し、DH制や予告先発などは現在も残っていますが、肝心の観客動員増に対してDH制は効果を発揮できませんでした。また日本の場合、DH制導入前後に阪急ブレーブスで代打の切り札として活躍していた高井保弘の存在もあったのも、その要因となっています。

その上で、セ・リーグでDH制を導入するにあたってその理由付けを簡潔に検証しましょう。 理由は主に、「セ・パ2リーグ間で戦力に差が出ている」とのこと。確かに、セ・パ交流戦は13年間でセ872勝、パ981勝とパ・リーグが優勢。セ・リーグがパ・リーグに勝ち越したのは2009年の1シーズンのみで、それ以外の12シーズンは全てパ・リーグが勝ち越しています。 それだけだと「だったらDH制導入に意義があるのでは?」というお話になりますが、もう少しデータを提示しましょう。

日本シリーズは、DH制が導入された1975年以降だと日本一がセ・リーグ19回、パ・リーグ23回とパ・リーグがリード。ただし球界再編問題が起こった2004年以前に限ると、セ16回、パ14回でわずかながらセが逆転します。 オールスターゲームでは、1975年以降セ・リーグ56勝、パ・リーグ44勝とこちらはセ・リーグが大きくリード。ちなみに2004年以前がセ39勝・パ35勝、2005年以降はセ17勝・パ9勝です。

交流戦、日本シリーズ、オールスターゲームの結果から察するに、セ・パ両リーグの「トップレベル」の実力差は言うほど変わっていないはず。もしセ・パ両リーグ間で懸絶された力量差が生じているならば、せめてDH制を導入して10年後あたりから、パ・リーグがセ・リーグを圧倒していないと説得力に欠けると思います。

恐らく当初セ・パ両リーグで戦力が均衡した理由は、セ・リーグがパ・リーグより圧倒的に人気があって有力選手が巨人や他のセ・リーグ球団への入団を希望したこと、またはセ・リーグに比べてパ・リーグがドラフトで選手に指名拒否されるケースが多かったこと。 指名選手入団率(契約に至った選手÷ドラフト指名選手)では、2004年からドラフトに参加した東北楽天こそ入団率100%が1位。以降、巨人(92.4%)、中日(92.0%)、広島東洋(90.1%)がトップの4チーム。5位以降に横浜DeNA、北海道日本ハム、福岡ソフトバンク、阪神、東京ヤクルトと続き、現在存在するチームでワースト3がオリックス(87.3%)、埼玉西武(85.7%)、千葉ロッテ(85.2%)となります。ちなみに2003年までドラフトに参加していた大阪近鉄バファローズは、これら現行12球団より下の82.7%となっています。 それが、近年は平成以降イチローの登場や松坂大輔のプロ入りなどを経て徐々にパ・リーグの人気が上昇し、選手の入団拒否が減ったこと。またドラフトの目玉選手がパ・リーグへ多く入団していることが、パ・リーグの実力を底上げしていると考えられる理由のひとつになるでしょう。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
雑記
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「セ・リーグでも『DH』導入を検討とな?」

遅くなりましたがコメントありがとうございます。
MLBア・ナ2リーグ間の戦績は調べていませんでしたね……でも起こっていることは日本と同じと。
確かに短期決戦は多くて7試合なので、むしろ7試合だと運の要素も強くて見極められないでしょうかね。

「セ・リーグでも『DH』導入を検討とな?」

そもそもDH制があるリーグと無いリーグが対戦するとあるリーグの方が強いです。
でも当然短期決戦、ましてオールスターでは差は出ない。

MLBでもアとナの対戦では毎年アが勝ち越してますからね。

でもオールスターやワールドシリーズはいい勝負です。

こんな記事も読みたい

2017年のドラフト予想(妄想)一人会議。他球団編【モヤモヤ、まり~んず。】

ホークス、日本シリーズ進出決定【スポーツ えっせい】

【前傾の宴】『2番・西川龍馬』【©カープ狂の宴】

ブロガープロフィール

profile-iconnomurayuhki

  • 昨日のページビュー:51
  • 累計のページビュー:241094

(12月03日現在)

関連サイト:Twitter

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2017東京ヤクルト・ドラフト振り返り。テーマは「盛大にポジり倒す!」
  2. 東京ヤクルトスワローズ、戦力外通告選手の考察
  3. W.バレンティンの去就、清宮幸太郎指名の考察
  4. CS制度から論じる、「16球団制」の空想と妄想。
  5. メディアが味方でないからこそ、思うことがあるんです。
  6. スワローズ「三軍問題」 ~ヤクルトは三軍を創設すべきか?~
  7. 宮本慎也ヘッドコーチに関しての雑感。
  8. 遂に来てしまった宣告。ならば、どこまでも添い伏しましょう。
  9. 石川雅規は、本当に「衰えて」しまったのか? 【#19 石川雅規】
  10. 挫折を経験するのは、恥でも何でもない。 【#1 山田哲人】

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08

このブログを検索

https://twitter.com/NomuraYuhki

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月03日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss