神宮と戸田、あと両国に思いを馳せて。~From愛媛・Live In大阪ちなヤク日記~

スワローズ「三軍問題」 ~ヤクルトは三軍を創設すべきか?~

このエントリーをはてなブックマークに追加

Twitterのタイムラインでよく見る話題。東京ヤクルトの場合、最近は「三軍」という言葉をちらほらと見かけるようになりました。 Twitterでは様々な論点で三軍についてスワローズファンが語らっていますが、筆者も一度この記事で「現時点での考え」をまとめてみるとしましょう。


まず結論から言うと、筆者の主張としては「三軍創設はすべき」。しかし「来年すぐに」はよしておくべき。 単純に見たいから、という感情論での理由もありますが、本質的な理由は他にあります。

近年「ヤ戦病院」と揶揄されるほどケガ人が多く、それが低迷の大きな要因を占めている東京ヤクルト。今年もブルペン捕手の新田玄気を育成選手登録するなど、本来育成の場であるはずのファームが機能しきれていない印象がちらほら見えています。 ちなみにスタッフを育成選手登録し現役復帰させる例は、2015年にも当時打撃投手だった阿部健太(現スカウト)でもありました。阿部の場合は投手で登録しながら実際は野手で起用するというあべこべさで、この年はリーグ優勝したからまだ笑い話になるものの、それでも笑えるかどうかギリギリのライン。どちらにせよ、あまり望ましいことではありません。

東京ヤクルトは近年は「支配下登録選手+育成登録選手=70人」の体制を敷いているようで、今季開幕時点では支配下登録選手66人+育成登録選手3人で69人。シーズン中に杉浦稔大⇔屋宜照悟のトレード、カルロス・リベロ獲得、新田玄気の育成選手登録があって現在は支配下67人+育成4人で計71人。恐らくリベロは二軍のある埼玉県戸田市の球団寮ではなくマンション借り上げだと思うので、70人という枠には概ね合致することになります。 問題は、新田を除く選手70人のうちどれだけが稼働することが出来るか。 今季の主な選手だけでも川端慎吾、畠山和洋、雄平などがAS前後までに今季絶望。AS後に限っても星知弥と小川泰弘が相次いで離脱するなどレギュラー陣が相次いで離脱。途中離脱からの復帰を含めても原樹理、秋吉亮、大引啓次ら多くの選手に当てはまり、二軍まで把握しようとすると恐らく数え上げるだけで日が暮れるでしょう。それほどまでに、ケガ人が多いという状況となっています。特にレギュラーの半数を欠いている現状では勝つのも難しいわけで、低迷も致し方なしというか当然というか。

その「ケガ人が多い」という現状と、三軍をどう結び付けるか。 三軍を創設すると言うことは、三軍単体で試合を行える程度には人員を補給するということになります。そこから考えられるのは、 「三軍で育成する」→「二軍に選手を供給する」→「二軍で選手間競争を煽る」→「より質の高い選手を一軍へ送り込む」 というサイクル。 三軍と言えば、成功例に挙げられるのは福岡ソフトバンクホークスでしょう。例えば千賀滉大はルーキーイヤーの2011年に三軍で登板数を重ね、翌2012年に二軍に定着し支配下登録を受けます。2013年に一軍に定着して以降の活躍は、皆さんご存知の通りかと思います。 ホークスの強みは下部組織の育成の質が高く、三軍内・二軍内での競争が好ましい状態で激しいこと。育成選手から支配下登録を受けた例は千賀以外にも、千賀と同期の甲斐拓也が今季一軍に定着してブレイクを果たしているなど、こちらも例を挙げようとすると多くなります。 もうひとつ、目立たない部分ではありますが重要なファクターをホークスに挙げるとすれば、引退後のアフターケアがきっちりしていることが挙げられるでしょう。チームの人数に対して活躍出来る選手の数がどうしても限られ、大半は20歳代の若さで引退を余儀なくされるプロ野球においては、引退後の就職先がネックとなるのです。それに対してホークスは、親会社であるソフトバンクの関連企業への就職をまず勧めるなどこの方面も重視し、それが高卒選手を多く獲得できる土壌になっています。


では、その「選手の育成」と「引退後のアフターケア」、さらに三軍を創設するとなればその分の「設備投資」と「コーチの確保」が重要となりますが、果たしてそれを東京ヤクルトはクリアできるのか。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
東京ヤクルト・総論
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ライオンズ山川穂高は中村剛也の後継者となるか【no title】

ロッテの球団広報の梶原紀章さんが伊東勤監督について書いたコラムを読んで思ったこと ブルペン編【チュート・ハンパーのレッツゴープロ野球!】

待たれる左打ち強打者の出現を!【ぷかちょの、野球はツーアウトから。】

9/20VS中 原が好投も…チーム2安打では勝てません。【雄平よ大志を抱け!】

【2017-135】疑問の残るスライダー配球【ツバメの舞い上がる夢日記】

神宮の「NINJA」よ、さらに飛躍せよ。 【#51 藤井亮太】【神宮と戸田、あと両国に思いを馳せて。~From愛媛・Live In大阪ちなヤク日記~】

来シーズンの助っ人は?【神宮1番入り口】

ヒルトン氏を悼む〜来期スワローズは変わるのだろうか?それとも、、【1998の感動をもう一度】

ブロガープロフィール

profile-iconnomurayuhki

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:240997

(12月02日現在)

関連サイト:Twitter

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2017東京ヤクルト・ドラフト振り返り。テーマは「盛大にポジり倒す!」
  2. 東京ヤクルトスワローズ、戦力外通告選手の考察
  3. W.バレンティンの去就、清宮幸太郎指名の考察
  4. CS制度から論じる、「16球団制」の空想と妄想。
  5. メディアが味方でないからこそ、思うことがあるんです。
  6. スワローズ「三軍問題」 ~ヤクルトは三軍を創設すべきか?~
  7. 宮本慎也ヘッドコーチに関しての雑感。
  8. 遂に来てしまった宣告。ならば、どこまでも添い伏しましょう。
  9. 石川雅規は、本当に「衰えて」しまったのか? 【#19 石川雅規】
  10. 挫折を経験するのは、恥でも何でもない。 【#1 山田哲人】

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08

このブログを検索

https://twitter.com/NomuraYuhki

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月02日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss