神宮と戸田、あと両国に思いを馳せて。~From愛媛・Live In大阪ちなヤク日記~

初心者だからこそ思う、階級の多さ故の多様な構成と競争原理。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログはプロ野球(東京ヤクルトスワローズ)メインで書いていますが、たまに大相撲の記事も投稿します。 そしてこの記事を書いている最中は、「そういえばスポナビライブでは、幕下までは無料でライブが見れるんだったね」と思い立って、タブレットでライブ中継を見ながら執筆しています。

思い立ったのが10時ごろで、大相撲は10時ごろはおおよそ序二段の取組の時間。スポナビライブは三段目以上だと実況・解説(16日・七日目の三段目解説は元関脇寺尾の錣山親方でした)がつきますが、序二段以下はまさに映像・音声の垂れ流し。その分呼出や行事の声、観客の歓声や声援がよく通るわけですが、これは普段NHKでの地上波中継で十両以上の取り組みを見るのがメインの筆者にとっては新鮮でした。


大相撲の大まかな階級としては、幕内→十両→幕下→三段目→序二段→序ノ口(→前相撲)。メジャーリーグにそのまま比定してしまえば、 幕内=MLB 十両=3A 幕下=2A 三段目=アドバンスドA(A+) 序二段=クラスA 序ノ口=ショートシーズンA(A-) (前相撲=ルーキーリーグ) とも言えるのではないかと思います。かなり乱暴ですが。

メジャーリーグでも大相撲でも、階級があってかつ実力主義の世界であるので、年功序列という言葉は通用しません。幕内では今場所大いにファンを賑わせている阿武咲は若干21歳ですし、反対に35歳の嘉風も関脇として活躍中。十両ではありますが、安美錦も38歳ながら今場所は十両東二枚目につけ、2016年七月場所以来の幕内復帰も視野に入れています。一方で現在40歳以上の力士も8人いて、現役最年長は東序二段35枚目の華吹で47歳3か月です。

メジャーリーグを出したので野球の話で同じことを言うならば、プロ野球の最年長出場記録はNPBでは元中日ドラゴンズ・山本昌の50歳2か月。メジャーリーグでは、生年月日が確実な人物に絞ればかつて千葉ロッテマリーンズや独立リーグ・石川ミリオンスターズにも所属していたフリオ・フランコやジェイミー・モイヤーがMLBでも一線級として活躍したという記録があります(実はフランコも生年月日に関しては不確実らしいが……)。

一線級で活躍するベテランとは対照的に、一度もその檜舞台に上がれず下位の階級でプレーを続ける例というのももちろんあって、大相撲だと上述した華吹の最高位は東三段目18枚目。同じ40歳以上の現役力士という点では、桃智桜のように最高位が序二段止まり(東序二段53枚目)ながらも現役を続けているという力士もいます。 一方のメジャーリーグでは、今年7月にMLB通算235勝のバートロ・コローンがツインズとマイナー契約を結び、同月中にメジャー契約に更新して30球団勝利を記録という例もあります。日本では今季は中日・岩瀬仁紀と千葉ロッテ・井口資仁が42歳で現役最年長。その1学年下に東北楽天・松井稼頭央と千葉ロッテ・福浦和也が控えています。


視点を切り替えて、「一流」と呼ばれる類の話。

プロ野球の場合、12球団の支配下登録選手に限れば最大で840人。育成登録選手を含めれば900人は優に超えます。その中で、投手の先発表ローテ+リリーフの勝ちパターン6人、野手のスタメン8人と考えてその総数が12球団168人と考えれば、その割合は20%となります。 大相撲の場合、700人弱の力士がいる中で幕内を構成するのは40人ほど、割合としては6%。十両まで含めれば70人前後、それでも割合は10%ほどにすぎません。プロ野球と比定するなら、大相撲の上位20%はおおよそ幕下上位までと考えていいでしょう。 しかし、プロ野球でも12球団168人全員が不動のレギュラーというわけではないので、「不動」もしくは「文句のないレベル」のレギュラーとなれば恐らくこの半分になるでしょう。そうなると、「プロ野球の確固たるレギュラー(10%)」=「大相撲の関取(10%)」となる。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
雑記
大相撲
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

カネロvsGGG〜最後に生き残るのは…村田諒太である〜④【フシ穴の眼 〜スポーツ編〜】

カネロvsGGG〜最後に生き残るのは…村田諒太である〜③【フシ穴の眼 〜スポーツ編〜】

画像庫御開帳(その他イベント編7)【後楽園ホールの通路をジャックせよ!】

ブロガープロフィール

profile-iconnomurayuhki

  • 昨日のページビュー:48
  • 累計のページビュー:241044

(12月02日現在)

関連サイト:Twitter

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2017東京ヤクルト・ドラフト振り返り。テーマは「盛大にポジり倒す!」
  2. 東京ヤクルトスワローズ、戦力外通告選手の考察
  3. W.バレンティンの去就、清宮幸太郎指名の考察
  4. CS制度から論じる、「16球団制」の空想と妄想。
  5. メディアが味方でないからこそ、思うことがあるんです。
  6. スワローズ「三軍問題」 ~ヤクルトは三軍を創設すべきか?~
  7. 宮本慎也ヘッドコーチに関しての雑感。
  8. 遂に来てしまった宣告。ならば、どこまでも添い伏しましょう。
  9. 石川雅規は、本当に「衰えて」しまったのか? 【#19 石川雅規】
  10. 挫折を経験するのは、恥でも何でもない。 【#1 山田哲人】

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08

このブログを検索

https://twitter.com/NomuraYuhki

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月02日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss