神宮と戸田、あと両国に思いを馳せて。~From愛媛・Live In大阪ちなヤク日記~

自分にとって、あなたは「同郷のヒーロー」だった。 【福島#1 岩村明憲】

このエントリーをはてなブックマークに追加

BC福島・岩村兼任監督 有終2安打「最後まで体で示せた」 岩村明憲が引退、来季は監督専任で第2の岩村育てる

今季限りで現役引退を発表していた、プロ野球独立リーグ・ルートインBCリーグ福島ホープスの岩村明憲選手兼任監督の引退試合が、きのう行われました。 ニュース記事を見ていて意外に思ったのが、独立リーグに在籍する3年間で先発出場は初めてだったと言うこと。確かに岩村は福島ホープス創立と同時に選手兼任監督として入団し、2015年は10試合18打数、2016年はわずか3試合4打席。特に2015年は18打数ながら打率.556、1本塁打7打点と「格の違い」を見せていただけに、パッと見ると不審に思うかも知れません。 それでも監督として、創立1年目の2015年は後期に優勝を果たし地区チャンピオンシップに進出。2016年は前後期ともに2位につけこの年も地区チャンピオンシップに進出し、今季も通期勝率2位をマークして3年連続で地区チャンピオンシップに進出。監督として、若い選手の育成に励みながら着実に結果を残してきました。


そんな、岩村明憲という選手。 小学生時代の筆者にとっては、同じ愛媛県出身として「大スター」と言っていい存在でしたし、筆者がスワローズファンになった直接のきっかけの選手の一人でした。 2000年にサードのレギュラーに定着し、2001年からは「ミスタースワローズ」の象徴である「背番号1」を継承。2004年には打率3割40本をマークするなどヤクルトの主力打者として大活躍し、2007年に渡米後も活躍。2007~2009年に在籍したタンパベイ・デビルレイズ(現レイズ)では若いチームの中心核として、2008年のワールドシリーズ進出の原動力にもなりました。 2006年と2009年にはWBC日本代表に選出され、特に2009年は決勝でイチローの決勝打に繋がるヒットを放ち最後のホームを踏むなどこちらでも活躍を見せています。

しかし2009年にゲッツー崩しによる負傷を受けてからは成績が低迷。2011年に鳴り物入りで東北楽天ゴールデンイーグルスに入団し日本復帰を果たしますが、2011年は77試合で打率.183、2012年は26試合で打率.209と期待を大きく裏切る成績に終始し2年で戦力外通告。2013年には古巣東京ヤクルトに復帰しますが、こちらもわずか2年で戦力外通告を受けてしまいます。 そんな岩村が最後に流れ着いたのが、独立リーグの福島ホープス。福島では前述の通り、創立から選手兼任監督としてチームを毎年上位に導く実績を残していました。


岩村に関してちょろっとネットで聞いたのは、2014年に東京ヤクルトから戦力外通告を受けた時に「素行不良」を噂されていたこと。今思い返せば、それらはソースのない話が多かったと思います。

それでもきっとそれが噂だろうと思うのは、渡米前の2006年以前のスワローズ時代に「背番号1」を受け継いだ池山隆寛から薫陶を受けたこと。 元西鉄ライオンズ・中西太を師匠と仰ぎ、中西の座右の銘でもある「何苦楚」を自分の中にも取り込んでいたこと。 そしてなによりレイズ時代、「彼の存在、プレー、人間性、そのすべてが、ある意味、レイズの『心臓』となっている」と評され、彼のソフトモヒカンがチーム内で流行していたこと。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
東京ヤクルト・総論
独立リーグ
タグ:
岩村明憲

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

硬式野球部・東都大学野球秋季リーグ戦開幕直前特集③鍬原拓也選手【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

卒業生の活躍がやり甲斐 【倉俣監督BLOG】

覇気がないままでは何も残らない【ファン歴44年 神宮の杜】

9/10VS巨 違和感の残る継投。そして打線はマイコラスに沈黙で敗戦。【雄平よ大志を抱け!】

成瀬がかわいそう(2017 GAME-129)【ツバメと共に上昇気流に乗って】

【2017-127~129】岩橋合格、小川勝利、成瀬保留【ツバメの舞い上がる夢日記】

あの、成瀬さん、僕はあの投球が大好きだったのです【希望が奇跡の幕開く神宮劇場】

硬式野球部・東都大学野球秋季リーグ戦開幕直前特集②飯嶌幹太選手【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

ブロガープロフィール

profile-iconnomurayuhki

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:110296

(09月26日現在)

関連サイト:Twitter

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 遂に来てしまった宣告。ならば、どこまでも添い伏しましょう。
  2. スワローズ「三軍問題」 ~ヤクルトは三軍を創設すべきか?~
  3. 石川雅規は、本当に「衰えて」しまったのか? 【#19 石川雅規】
  4. 挫折を経験するのは、恥でも何でもない。 【#1 山田哲人】
  5. 初心者だからこそ思う、階級の多さ故の多様な構成と競争原理。
  6. 筆者は彼に、謝罪しなければいけない。 【#42 坂口智隆】
  7. 瀬戸際の選択と、苦渋の決断。【#5 川端慎吾】
  8. 敵の胴上げを甘んじて見るべきか、それとも意地で阻止するべきか。
  9. 低迷するチームに差す、「途中入団」の特異な光。 【#39 C.リベロ】
  10. 影があればこその光、脇役がいればこその主役。 【#12 石山泰稚】

月別アーカイブ

2017
09
08

このブログを検索

https://twitter.com/NomuraYuhki

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月26日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss