神宮と戸田、あと両国に思いを馳せて。~From愛媛・Live In大阪ちなヤク日記~

同じ95年度生まれとして、「がんばれ同級生!」 【#56 奥村展征】

このエントリーをはてなブックマークに追加

プロ野球を「世代別」で見た時に、筆者の1個上、1994年度生まれの「大谷世代」のプロ野球選手は現在70人。今年、大谷世代の大卒ルーキーが入団したことで大きく増えたこともありますが、筆頭の大谷翔平(北海道日本ハム)をはじめとして藤浪晋太郎(阪神)、鈴木誠也(広島東洋)ら数多くの選手がプロで活躍しています。 そして筆者の1個下、1996年度生まれの世代は45人。代表的な選手は松本裕樹(福岡ソフトバンク)、飯塚悟史(横浜DeNA)、安樂智大(東北楽天)らが一軍でも実績を残し始めています。

その1994年と1996年に挟まれた、筆者と同級生の1995年度生まれのプロ野球選手は現在35人。 これは1997年度の38人、1998年度の44人より少ない数字で、今ドラフトでは土肥星也(千葉ロッテ)、高井俊(巨人)、木村敏靖(東北楽天)、山岡泰輔(オリックス)、藤谷洸介(阪神)、谷岡竜平(巨人)が新たにプロ入りを果たしましたが、昨年オフの段階で北之園隆生(元巨人)と児山祐斗(元東京ヤクルト)が3年目にして戦力外通告を受け、奥浪鏡(オリックス)も不祥事を原因として今年8月に自由契約となるなど、既に何人かがプロの世界から脱落もしています。


その、「谷間の世代」と言われがちな1995年度生まれ。 球界全体で見れば松井裕樹(東北楽天)、森友哉(埼玉西武)、上林誠知(福岡ソフトバンク)らが活躍し始めている中で、東京ヤクルトに所属する1995年度生まれの唯一の選手となるのが奥村展征です。

この奥村という選手。 プロ入りは2013年ドラフトで、巨人から4位指名を受けて入団。ファームでは1年目から86試合に出場し打率は.212、2本塁打20打点を記録し、将来を嘱望された選手でした。 その奥村の転機になったのがこの年のオフシーズン。当時東京ヤクルトに所属していた相川亮二がFA権を行使して巨人へ移籍、その人的補償として東京ヤクルトが獲得したのが奥村だったのです。

当時二遊間はセカンド山田哲人とショート大引啓次が基本形となっていましたが、大引は30代に入っており次世代のショート候補の育成は急務。奥村は谷内亮太や西浦直亨らとともに、「ポスト大引」のひとりとして期待を受けました。 しかし移籍後は腰痛に苦しみ、移籍1年目の2015年はわずか26試合の出場にとどまります。2年目の2016年はルーキーイヤーを上回る96試合に出場し、プロ入り初の一軍昇格を果たしますが、一軍ではノーヒット。二軍でも打率.215、3本塁打19打点に留まり、この年入団した高卒ルーキーの廣岡大志に一軍での初安打と初本塁打で先を越されるなど決して順調だとは言えませんでした。

そしてプロ4年目の今季、奥村は7月10日の二度目の一軍昇格時点までで二軍で69試合に出場し、内野手のレギュラーとして打率.246、2本塁打19打点をマーク。手薄となった内野手の補強として一軍昇格されると、昇格即の今季初スタメンとなる7月11日対巨人戦でプロ入り初ヒットを記録、その後もコンスタントにスタメン出場を重ねて7月月間で32打数10安打、打率.313の好成績を残すとここから一軍に定着しました。 今季シーズン通算ではここまで32試合に出場し打率.258、2打点をマーク。ショートのレギュラーが不在の中でアピールを重ねています。


この、今が売り出し時であり勝負所でもある奥村のアピールは、明るい材料が少ない今季の東京ヤクルトにとっては注視すべきポイント。 来年には奥村と同じ1995年度生まれの大卒ルーキーがドラフトにかかる年となります。大卒選手や、奥村と同じ内野手の選手をどれだけ指名するかは分かりませんが、奥村にとってはまた刺激が増えるシーズンになるでしょう。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
東京ヤクルト・野手
タグ:
奥村展征

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

巨人、中日との2連戦を終えて【ジャイアンツ大好き! 小吉のブログ】

中村剛也が抜けた「穴」とは何だったのか【獅子観察日記】

【試合感想】9/6 走り勝つ(M10)【東京の赤いおっさん】

燕再生検討委員会【no title】

9/6VS横 投手陣は粘るも…1点も取れないと勝てません。【雄平よ大志を抱け!】

【2017-(124)125】もはや死に体、せめて希望を見せろ【ツバメの舞い上がる夢日記】

何の意味がそこにあるのだろうか【昨日は岡林、今日は岡林、明日は岡林!いよいよ最後は岡林!】

9/5VS横 石川が好投もやはり打線がもう1本足りず敗戦。【雄平よ大志を抱け!】

ブロガープロフィール

profile-iconnomurayuhki

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:241830

(12月17日現在)

関連サイト:Twitter

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2017東京ヤクルト・ドラフト振り返り。テーマは「盛大にポジり倒す!」
  2. 東京ヤクルトスワローズ、戦力外通告選手の考察
  3. W.バレンティンの去就、清宮幸太郎指名の考察
  4. CS制度から論じる、「16球団制」の空想と妄想。
  5. メディアが味方でないからこそ、思うことがあるんです。
  6. スワローズ「三軍問題」 ~ヤクルトは三軍を創設すべきか?~
  7. 宮本慎也ヘッドコーチに関しての雑感。
  8. 遂に来てしまった宣告。ならば、どこまでも添い伏しましょう。
  9. 石川雅規は、本当に「衰えて」しまったのか? 【#19 石川雅規】
  10. 挫折を経験するのは、恥でも何でもない。 【#1 山田哲人】

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08

このブログを検索

https://twitter.com/NomuraYuhki

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss