137のブログ@スポナビ+

ヨシノブ・ハードモード

このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本シリーズの大盛況からはや3日、すでに来季の戦いに向けての準備が始まっています。それは大熱戦を繰り広げたベイスターズやホークスも例外ではありません。我らが巨人軍の選手たちも、来季で監督就任三年目の由伸を男にするための研さんを積んでいるところでしょう。

 今のセ・リーグは、私の幼少期に選手として全盛期を迎えていた人たちが続々と監督に就任し(中日とヤクルトは選手時代を知ってる人から知らない人にバトンタッチした)、それぞれのキャラを確立しています。同じパンツを履き続け、セ・リーグに王朝を築き上げた緒方監督、広島イズムと阪神イズムをうまく融合させるもすっかり女言葉キャラにされてしまった金本監督、現役時代の陽気なキャラから一転してクールかつ大胆な智将の地位を確立したラミレス監督…さて我らが由伸はというと、地蔵、やる気がなさそうに見える、感情を捨てさせられた、圧倒的すぎる実績を残した前任者と比較されて何かと非難される…など、あまりよろしくない意味でキャラを確立してしまっている気がします。

 2年間監督由伸を見て私が思ったのは「思ったことがダイレクトに前面に出やすい」人なのではないかということです。めんどくさい質問をするメディアに対しては心底うっとおしそうに対応したり、13連敗を止めた時は安堵による最高の笑顔を浮かべたり、小林がASでホームランを打った時は「打ったところで巨人の得にはならない」とガックリうなだれたり…感情を失ったというよりはチーム状態がよろしくないから結果的に死んだような表情ばかり取り上げられているのかな、と感じています。前任者の原監督も喜怒哀楽を前面に押し出しているタイプでしたが、今思えばメディアに向けて、あるいはチームに向けて喜怒哀楽をコントロールしていたようにも思えます。それに対して由伸は感情にフィルターを通すことなくダイレクト、悪い言い方をすれば「露骨」とも言えます。良い言い方をすれば「ウルフ」でしょうか。ひょっとすると諸事情でそんなに行きたくもなかった巨人を逆指名する、現役続行に意欲を燃やしていた(実際に実績も伴ってた)ところでチームメイトの不祥事の煽りで監督就任に伴う現役引退、その上で批判をされまくる、と言った経験の中で感情をコントロールすることに嫌気がさしたのかな…とも邪推してしまいます。

 私が由伸に求めるのは「最高の優勝受取人になってくれ」ということだけです。監督になった経緯も経緯なので采配力や育成力に関しては二の次でいいです。それよりも現戦力であったりこれから入団してくれるかもしれない選手に「これだけの人を手ぶら(優勝なし)で去らせてはならない」と奮起してもらえるようにすることです。おそらくこれから主力になるのは、あるいは今年のドラフトで取った選手は私と年齢の近い選手が中心です。その中には大谷翔平や松井裕樹のような「由伸に憧れて野球をやっていた」選手も少なくないはずです。「自分に憧れた野球少年が選手として働き盛りの年齢になっている」それこそが監督由伸の最強の武器のような気がします。彼らを焚きつけて、奮起させて、采配力なんか関係なしに勝利を積み重ねて由伸を男にしてくれればそれで満足です。由伸がチームを去るのはそれからであってほしいです。

 前任者の原辰徳は選手時代にONと比較され続けて批判にさらされ続けていましたが、その後の巨人監督としてはONを上回る圧倒的な実績と名声を勝ち取りました。そして現在その原監督と比較され続けて批判にさらされている由伸は、監督を退任した後になんらかの形で圧倒的な実績と名声を勝ち取るのかもしれません。それはひょっとすると「巨人ファンにとって得にならない」場面なのかも。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

忘れえぬ名作のごとき展開【NPB 言いたい放題】

懸念していること【広島カープあーでもこーでも】

砂田選手、もう一度先発を目指して欲しい!【暇な時横浜ベイスターズについて書くブログ】

ジャイアンツ、新外国人選手はファースト、それともレフトか【頑張れ!ジャイアンツ 2017】

本当の長野久義はこんなもんじゃねえだろ【NO NAME】

熊本に巨人が来て、菅野が投げたあの試合。【Mr.Baseball Children】

松坂大輔の巨人入りはあるか。【Mr.Baseball Children】

ジャイアンツ!2018年に向けての補強【no title】

ブロガープロフィール

profile-iconnomespo137

6歳くらいの頃からだらだらと巨人ファンを続けているものです。
野球以外にも見てて好きなスポーツは多いので毎日楽しく過ごしています。
  • 昨日のページビュー:43
  • 累計のページビュー:107678

(11月17日現在)

関連サイト:137sports

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. キタサンブラック 母と息子の数奇な関係
  2. 菊花賞 プラチナヴォイス 日陰のシンデレラ
  3. 巨人軍衰退の歯止め
  4. ドラフト、悲喜こもごも
  5. 下剋上の言葉が日本一似合わないチーム
  6. CS信者として
  7. 取らぬ清宮の皮算用
  8. サンキュー村田、フォーエバー修一
  9. ヨシノブ・ハードモード
  10. 小林誠司の投手陣攻略法

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
カテゴリー

このブログを検索

https://twitter.com/137sports

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss