137のブログ@スポナビ+

取らぬ清宮の皮算用

このエントリーをはてなブックマークに追加

 大学進学かプロ入りか悩む清宮がプロ志望届を提出する →巨人が去年に引き続きドラフトで特攻策を取り清宮を指名 →競合必至の中、由伸が神の右手(or左手)で交渉権を引き当てる →特に入団拒否されることもなくすんなり契約成立

などなど、巨人清宮が爆誕するまではこれだけの越えるべきハードルが存在するわけですが、地元東京のアマ球界のスターを是非とも取りに行ってもらいたいです。1と3と4は自分たちの力ではどうともなりませんが、せめて2番目は実行して、坂本以来の野手スターを生み出すんだという姿勢を見せてもらいたいところですね。

 そんなわけで幸運が重なって清宮を獲得できた場合、個人的にまず気になるのは「背番号どうするか問題」です。「そもそも今の巨人にビッグスター候補を育てられるほどのスケールがあるのか」とか、「一塁以外守備位置適正薄いけどどうすんだ」とか、そんなことよりもまず背番号が気になってしまいます。そこで今回は個人的に「巨人が清宮に与えそうな背番号」をあげていきます。

 まず最初に思い浮かぶのは「11」です。理由は至極単純で、早稲田実業の偉大なる先輩・王貞治の「1」を2つ重ねたことと、現状で空き番号だからです。また、「11」は投手が付けることが多い背番号ですが、今年途中までは内野手クルーズが付けていたこともあって今さら抵抗はないでしょう。

 次に思い浮かぶのは「13」です。これも似たような理由で、王貞治と長嶋茂雄の背番号を一緒につけた番号となります。現状では森福が付けていますが、移籍1年目ということもあっておそらく13番に思い入れもそんなにはないと思われますし、割とすんなりと別の背番号に変えてくれるのではないでしょうか。ところで「13」も投手が付けることが多い番号ですが、A.ロッドや日本代表での中田翔、巨人時代のペタジーニ、などと強打者のイメージが強い番号でもあります。ジョニー岡本の「38」と同じパターンですね。

 それを逆にした「31」ですが、現在は松本哲也がつけています。圧倒的な外野の守備範囲を武器に育成枠から勝ち上がり人気も高い選手ですが、チーム事情やパンチ力不足も相まって今季は1軍での出番がありません。万が一松本が今季限りで巨人を去ることになってしまったら、ひょっとすると真逆の男である清宮に継承されるかもしれません。ライバルチームではありますが、「31」といえば同じ左の強打者だった掛布現阪神二軍監督のイメージが強いです。

 最後に「55」ですが、やはり大田泰示がつけて背番号の重みでブレイクしきれなかったということもあって、あまりにダイレクトな背番号は避けてほしいなといったところが本音です。それだったら王貞治の監督時代の背番号である「89」を村田HCから強奪したほうがまだ見てみたいです。今やエース級の活躍を見せている「90」田口との続き数字なんてなかなかロマンあるじゃないですか。    というわけであまりにダイレクトな背番号じゃなくて、「○○」の背番号を2つ重ねたとか、「○」と「●」の2選手の番号とか、そういった婉曲的なつけ方にとどめてもらいたいです。まぁまだ清宮を取ったわけでも何でもないですが、よその球団のファンの方でも清宮や広陵中村などに対して「どの背番号がいいかな~」なんて考えている方も意外と多いのではないでしょうか。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

中日ドラゴンズ、死中に活を求めて【春夏秋冬ドラ応援】

Bクラスの野球【見せましょう鷲の底力を!!】

薮田の完封がなかったら…【大阪に住んでいてカープファンになった】

9月8日(金)対スワローズ@東京ドーム【首都圏5球場巨人戦観戦記】

菅野、完投で15勝目 巨人4-1ヤクルト【ジャイアンツ大好き! 小吉のブログ】

『お客さんファースト』【博多の熱烈G党オジサン】

巨人、中日との2連戦を終えて【ジャイアンツ大好き! 小吉のブログ】

[ジャイアンツ愛]9/6 巨 0-4 中 → 2安打完封負けはキツいな…昨日のテンションはどこいった?【ジャイアンツ愛・いやそれ以上!】

ブロガープロフィール

profile-iconnomespo137

6歳くらいの頃からだらだらと巨人ファンを続けているものです。
野球以外にも見てて好きなスポーツは多いので毎日楽しく過ごしています。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:107737

(11月21日現在)

関連サイト:137sports

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. キタサンブラック 母と息子の数奇な関係
  2. 菊花賞 プラチナヴォイス 日陰のシンデレラ
  3. 巨人軍衰退の歯止め
  4. ドラフト、悲喜こもごも
  5. 下剋上の言葉が日本一似合わないチーム
  6. CS信者として
  7. 取らぬ清宮の皮算用
  8. サンキュー村田、フォーエバー修一
  9. ヨシノブ・ハードモード
  10. 小林誠司の投手陣攻略法

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
カテゴリー

このブログを検索

https://twitter.com/137sports

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss