漫遊亭マスターズ

ATPツアーのTOP10に錦織がいるというのはどういう事なのか? -BIG4時代をデータ検証-

このエントリーをはてなブックマークに追加

錦織、マドリードマスターズ、ベスト8棄権…。

ジョコビッチとの久々の試合観たかったなあ。

全仏を見据えた建設的な棄権であって欲しいですね。

しかし、色々ニュースなど読んでいると『錦織はダメだ』『GS、MSは獲れない』みたいなコメントも見掛けます。

色々な考えがあるので何とも言えませんが、僕としてはまだまだ全然大丈夫なんじゃないかなと思っています。

プレーの質は落ちていないですしあとはタイミングがきっと来るんじゃないかと。

ある前向きな方のコメントで

『日本人がTOP10を3年キープしているだけで奇跡だ』

とありました。

確かにそうだよなと思います。

10年前はTOP100にすら日本人は誰も入れなかったですし、こんな世界的なプレイヤーが現れるとは夢にも思いませんでした。

TOP10…これはどういう事なのか。

自分なりに調べてみました。

まずこちらをどうぞ。

2012 3月 イズナー 26歳 7月 モナコ 28歳

2013 8月 ラオニッチ 22歳

2014 5月 錦織 24歳 6月 グルビス 25歳 7月 ディミトロフ 23歳

2015 10月 アンダーソン 29歳

2016 6月 ティエム 22歳

2017 2月 ゴファン 26歳

鋭い方なら分かるかと思いますが、これは5年前の2012年以降で初めてTOP10入りしたプレイヤーとその年齢です。

なんと5年で9人だけなんです。

1年で2人くらい。

そしてTOP10に定着出来たのはラオニッチ、錦織、ティエムのみ。

これが物語っているのはそれ以前からの上位プレイヤー達が力を持ち続けているという事になります。

更に掘り下げてちょっと中途半端ですが11年前の2006〜2011も調べてみました(隠れTOP10が他にもし居たら申し訳ありません)

※は引退したプレイヤー 2006 1月 フェレール 23歳 3月 ※ブレーク 26歳 4月 ※ゴンザレス 25歳 5月 ロブレド 24歳 6月 ※アンチッチ 22歳 7月 ステパネク 27歳 7月 バグダティス 21歳 10月 ベルディヒ 21歳

2007 3月 ジョコビッチ 19歳 4月 マレー 19歳 7月 ガスケ 21歳 8月 ユージニー 25歳

2008 5月 ワウリンカ 23歳 10月 デルポトロ 20歳 10月 シモン 23歳 11月ツォンガ 23歳

2009 2月 ベルダスコ 25歳 2月 モンフィス 22歳 10月 ※ソダーリング 25歳

2010 2月 チリッチ 21歳

2011 1月 メルツァー 29歳 4月 ※フィッシュ 29歳 4月 アルマグロ 25歳 11月 ティプサレビッチ 26歳

6年間で26人なので1年間に4人くらいですね。

2006年まで調べたのには理由がありこの年は8人がTOP10入りしています。

後で書きますが2007年からはTOP10入りの難易度が上がります。

それより前をしっかり調べていないのではっきりは言えませんが、TOP10入りし易かったのは間違い無いかなと思います。

90年代〜00年代初頭のアガシ・サンプラス時代経て混沌とした時期であった00年代前半。

6ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
テニス
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

ATPツアーのTOP10に錦織がいるというのはどういう事なのか? -BIG4時代をデータ検証-

2007年から新規でtop10入りした選手が減少したのは、マスターズの決勝が2007年から5セットマッチから3セットマッチに変更になった(マイアミは2008年からだったかも?)ことが大きい。

例えば、重複を除いたマスターズ優勝経験者は
2000~2006年の7年間で26人
2007~2013年の7年間で12人
となっている。試合の負担が大きかったため(この時期にサンシャインダブルを2年連続でやってるフェデラーは頭おかしい)、少数の選手がマスターズのタイトルを独占し続けることは困難だったが、2007年以降はマスターズの負担が減ったため(=ひいてはツアー全体の負担も減った)、少数の選手がマスターズを含めBIGタイトルを独占し続けることが可能になったということだろう。BIG4がテニス史上飛び抜けた存在であることは疑いないが、この変更がなかった場合、今ほどタイトルを独占できたかは分からないのではないか。

「ATPツアーのTOP10に錦織がいるというのはどういう事なのか? -BIG4時代をデータ検証-」へのコメント

日本人が~という小さな観点で見ている方は個人的にどうかなと思いますね。

日本は小さい。心も国土も。

異国で戦う彼自身をもっと見てあげるべきです。

駄文失礼致しました、スルーしてください。

「ATPツアーのTOP10に錦織がいるというのはどういう事なのか? -BIG4時代をデータ検証-」へのコメント

他の方とはまた色の違った内容でなかなか面白かったです。思いのほかディミトロフの在位期間が短かったりと表にすると意外な発見がありました。

個人的には人間界最強はフェレールというところで某ドラゴンボールのクリリンを思い出して笑わせてもらいました。

こんな記事も読みたい

「NO.50」が示した両者の現在地:ジョコビッチVSナダル (マドリッドSF)【After the "ROGER"】

錦織選手 マドリードOP QFジョコビッチ戦棄権 今大会出場の意味?【"テニス"感覚観戦】

女子・BNLイタリア国際2017 ドローは!? 日本からは大坂、土居、予選に尾崎、日比野がエントリー!【0 to zeroのhorizon】

ブロガープロフィール

profile-iconnogi-masters

  • 昨日のページビュー:720
  • 累計のページビュー:336079

(05月18日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. BIG4と錦織選手と現在のTOP10の凄さが分かるデータ(追記あり)
  2. ATPツアーのTOP10に錦織がいるというのはどういう事なのか? -BIG4時代をデータ検証-

月別アーカイブ

2017
05
2016
04
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss