フィギュアスケートを楽しく観たいから

浅田真央選手現役引退を発表。試練を乗り越え続けた努力の天才!

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年4月10日、浅田真央選手が、現役引退を発表した


ソチオリンピック以降、いつかこの日がやってくると、覚悟はしていた。

特に、競技復帰してからは、浅田真央選手には、自分のためにスケートを続けて もらいたかった。

それゆえ、引退するときも、彼女が辞めたいと思ったときに、辞められる状況であってほしいと願っていた。 このタイミングで、現役引退を発表できたということは、本人の意思が通ったということだと思う。

昨年の12月、全日本選手権で12位という結果に終わり、引退の時が近いのかもしれないと考えた。 12位という順位よりも、ジュニアの選手たちに追い抜かれていく状況を、どのように頭の中で整理していくのだろうと気になっていた。

一方で、あと1シーズンは、現役を続け、平昌をめざすというキビシイ道のりを選択するのかなとも期待を込めて思っていた。 そして、膝のケガさせよくなれば、全日本で優勝し、平昌オリンピック代表に選ばれることもありうると考えもした。 「浅田真央選手なら、ありうることだ」と、最後まで人々に希望と夢を感じさせる選手であったことは、間違いない。

浅田真央選手が、シニアデビューした2006年、浅田選手には、神様が与えた勢いのようなものがあった。

他を圧倒する存在感が、風のようになって他の選手を押しのけていくようにも感じた。

グランプリシリーズで、浅田選手と同じ大会に出場した荒川静香さんが、「なんで真央ちゃんと2回も同じ大会なの?」 と、スケート連盟の人に訴えていたが、世界中のトップスケーターが、荒川さんと同じように、脅威を感じていたことは間違いない。

私が、大好きだったスケーター、当時の世界女王イリーナ・スルツカヤ(ロシア)に、 「Hi! I’MAO. I like your skate!」 と、無邪気に話しかけている姿に、「この子スゴイ大物だな」と驚いたものだ。

話しかけられているイリーナのほうは、顔が引きつっていたからだ。 「こんな子どもに負けたくない」と、言わんばかりだった。

このシーズンのトリノオリンピックには、浅田選手は、年齢制限に87日足りないため、出場できなかった。

タラレバにはなるが、出場できていたら、優勝していたと思う。

それほど、圧倒的な勢いが、このシーズンの浅田真央選手にはあったのだ。

これが、試練の多かった彼女の現役生活で、最初の試練ということになる。

浅田真央選手の現役生活を振り返ると、本当に試練の連続だったように思う。

専属コーチがいない状況が長く続き、一人で練習を続けなければならなかったこと。

お母さまの病気

バンクーバーオリンピック時の、報道の過熱ぶり。異常なほどの人々の期待。

一人で練習をし続けたゆえの、ジャンプの修正。

お母さまの死。 最後に間に合わなかったこと。どんなにツラかったでしょうか。 そして、その二週間後に全日本選手権に出場し、人前で涙を見せなかったこと。 肉親を亡くしたことのある方はわかると思うが、これは本当にツラいことだったと思う。

ソチのショートプログラムの失敗。

一人の若いアスリートが抱えるには、あまりにも重い試練だったのではないかと感じる。

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
2016-2017
タグ:
浅田真央引退
浅田真央

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

浅田真央選手現役引退を発表。試練を乗り越え続けた努力の天才!

hotai777 様

コメントありがとうございます。
浅田選手の引退は、正直さみしいですが、辞めたいと思ったときに、辞めてもらいたかったので、
ほんとうに「そのとき」が、今なのですね。

また、ご指摘ありがとうございます。
オリンピックの年齢制限について、あれ?という感じです。
ソチオリンピックのとき、リプニツカヤ選手が、15才で出場していて、1才引き下がったというような報道を見たきがしたので、それをうのみにしていました。
私の勘違いかなと思います。

記事を書いたときは、私も、hotai777 様とおなじように、さまざまな思いが頭の中にぐるぐるとしていて、確認を怠ってしまいました。
ご指摘を受けて、本文記事を訂正させてください。
ありがとうございました。

浅田真央選手現役引退を発表。試練を乗り越え続けた努力の天才!

引退のニュースを聞いてから、さまざまな思いが頭の中でぐるぐるしています。
試練を乗り越え続けた努力の天才、、、本当にそのとおりの人でしたね。
浅田真央選手なら、平昌五輪へ行けるかもしれない。仮に行けなかったとしても、全日本で完璧な演技を見たかった。(ノーミスの浅田真央選手に勝った若手たちは、大きな力を得て五輪に出ることになったでしょう。)
年齢の点では、30歳のカロリーナ・コストナー選手が復活できたのだから、できなくはないのでは?と思ってしまいます。
でも彼女には、「そのとき」が来てしまったのですね。

オリンピックの年齢制限について、「のちに、年齢制限は、1才引き下がるので」とありますが、引き下げられていません。前年の6月30日までに15歳以上になっていることが条件です。
逆に、グランプリシリーズその他の国際大会出場の年齢制限は引き上げられ、オリンピックや世界選手権と同じになりました。
2005/2006シーズンが同じ条件だったら、グランプリファイナル初出場で優勝もなかったのですね。
もしそうだったら、シニア選手としてのスタートも変わっていたでしょうか。

今はただ、今後の人生に幸多かれと祈るばかりです。

こんな記事も読みたい

引き際のタイミング-浅田真央選手の引退発表を受けて【面白き 事もなき世を 面白く】

浅田真央選手引退・今はお疲れ様としか言えないけども【スポーツ24/7 1日24時間・週7日間スポーツ!】

男子カーリング 時計の針が動き出す。【harachirythm】

ブロガープロフィール

profile-iconnocturne

フィギュアスケート愛好歴24年
お気に入りの選手はいますが、試合を観る時は、
すべての選手を応援して観るようにしています。
それが楽しむコツです。
  • 昨日のページビュー:56
  • 累計のページビュー:1296380

(11月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 浅田真央選手は進化している 追いつかなければならないのは世界の方だ 
  2. ロシアフィギュアスケート選手権2017女子 エフゲニア・メドベデワの圧勝!しかし、ライバル候補現る
  3. 羽生結弦選手 平昌で引退 プロ転向
  4. メドベデワ(ロシア)完全優勝そして、リプニツカヤ選手の今 スケートアメリカ女子シングル
  5. 浅田真央 真向勝負という戦い方 ジャパンオープン2015
  6. アデリナ・ソトニコワ選手(ロシア)ロステレコム杯に出場決定!
  7. 四回転ループ成功!羽生結弦選手のとんでもないポテンシャル。
  8. 浅田真央選手 しなやかなダンスを披露 フィンランディア杯SP
  9. ロシア選手権2016女子シングルは、事実上の世界選手権のようだった ショートプログラム結果
  10. 浅田真央選手へ 自分のためにスケートを追求してください

月別アーカイブ

2017
11
04
2016
12
10
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
06
05
2014
02
2013
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss