フィギュアスケートを楽しく観たいから

全日本フィギュア波乱の予感!男子は羽生・山本草太・村上大介が欠場 浅田真央は上り調子(本人談!)

このエントリーをはてなブックマークに追加

いよいよ全日本フィギュアスケート選手権が始まります。 男子シングルでは、全日本5連覇がかかっていた羽生結弦選手がインフルエンザのため欠場するとのこと。

残念ですが、ゆっくり休んで、早く体調をもどしてもらいたい。 世界選手権には、特例により、派遣されると思われます。

今回の全日本では、羽生選手だけではなく、山本草太選手がケガで欠場、村上大介選手もケガで予選を棄権したため出場できません。 個人的には、村上大介選手が出場できないのは残念。 来シーズンに向けて頑張ってください。

羽生選手が出場しないとなると、宇野昌磨選手には、優勝のチャンスが高まります。 無良崇人選手、田中刑事選手にも表彰台のチャンスがありますね。 そしてたくさんのジュニア世代の選手が出場します。 宇野昌磨選手を発見したときのようなワクワクする出会いがあるでしょうか。楽しみです。

女子シングルは、宮原知子選手の三連覇なるか?に注目が集まります。 今シーズンは、表現力に磨きがかかり、ステップアップした宮原選手。 フリープログラムのレイヤ姫いいですよね。とても魅力的に演じています。

私が注目している女子選手は、本郷理華選手。

今シーズンは、グランプリシリーズで思うように成績が残せませんでした。 宮原選手との差が少しついてしまいましたが、本郷選手の潜在能力の高さは、日本選手の中でも突出しています。

フリープログラムの「アラビアのロレンス」本郷選手の表現力を高めるいいプログラムだと思っていたのですが、 全日本では、昨シーズン使用した「リバーダンス」に曲を変更し、挑んでくるようです。 「リバーダンス」も好きなプログラムだったのですが、本郷選手にもステップアップして宮原選手に追いついてほしいなと思います。

グランプリシリーズフランス杯で3位となった樋口新葉選手、スケートアメリカで3位となった三原舞衣の活躍も気になります。 特に、三原選手は、シニアデビューしてからのほうが、ジュニア時代より素晴らしいスケートを披露しているように感じます。

女子シングルにもジュニア世代の選手がたくさん出場します。

全日本ジュニアのトップ3である、坂本花織選手、白岩優奈選手、本田真凜選手がどの位置にくるのか注目ですね。

私は、ジュニアの選手は基本的に評価しないようにしています。

というのも、ジュニアからシニアに上がった時の壁は、想像以上に高いと思うからです。 ジュニアでいくら活躍しても、シニアに上がったら、技術だけではなく表現をしなければならなくなり、技術力と表現のバランスが 取れなくなってしまう選手が多いのです。 女子の場合、体形の変化とも時期が重なるので、シニアに上がったらジャンプが決まらなくなり、結果が出せなくなってしまった選手をたくさんみてきました。

ジュニア時代から輝き続ける選手というのは、相当まれなケースです。 近年では、浅田真央選手、アデリナ・ソトニコワ選手、エリザベータ・トゥクタミシェワ選手、ユリア・リプニツカヤ選手・グレイシー・ゴールド選手、エレーナ・ラジオノワ選手・エフゲニア・メドベデワ選手は、ジュニアの時から人を引き付ける何かを持っている選手でした。 見事に、トップ選手ばかりです。

しかし、今回ジュニアの中にとてもきになる選手がいます。 それは、白岩優奈選手です。

白岩選手は高く正確なジャンプを飛ぶことができる上、エレガントな女性らしい雰囲気を持っています。 日本のジュニア選手は、ある意味当然ですが、子供っぽい印象を受ける選手が多いので、白岩選手のような雰囲気は強い個性になります。 こういう雰囲気は、持とうと思って持てるものではありません。天性の才能といえるでしょう。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
2016-2017
タグ:
宮原知子,本郷理華,
全日本フィギュア,羽生結弦,浅田真央,宇野昌磨,

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

軽井沢国際カーリング選手権終了 〜結果と感想と今後の展望など〜【スポーツ宅急便】

【湘南アイスホッケー部】関東リーグ戦順位決定戦【東海スポーツ】

マルセル・ヒルシャー今季GS初勝利 アルタバディアGS【アルペンスキー撮影記】

ブロガープロフィール

profile-iconnocturne

フィギュアスケート愛好歴24年
お気に入りの選手はいますが、試合を観る時は、
すべての選手を応援して観るようにしています。
それが楽しむコツです。
  • 昨日のページビュー:538
  • 累計のページビュー:1274788

(04月25日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 浅田真央選手は進化している 追いつかなければならないのは世界の方だ 
  2. 羽生結弦選手 平昌で引退 プロ転向
  3. ロシアフィギュアスケート選手権2017女子 エフゲニア・メドベデワの圧勝!しかし、ライバル候補現る
  4. メドベデワ(ロシア)完全優勝そして、リプニツカヤ選手の今 スケートアメリカ女子シングル
  5. 浅田真央 真向勝負という戦い方 ジャパンオープン2015
  6. アデリナ・ソトニコワ選手(ロシア)ロステレコム杯に出場決定!
  7. 四回転ループ成功!羽生結弦選手のとんでもないポテンシャル。
  8. 浅田真央選手 しなやかなダンスを披露 フィンランディア杯SP
  9. ロシア選手権2016女子シングルは、事実上の世界選手権のようだった ショートプログラム結果
  10. 浅田真央選手へ 自分のためにスケートを追求してください

月別アーカイブ

2017
04
2016
12
10
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
06
05
2014
02
2013
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年04月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss