フィギュアスケートを楽しく観たいから

4回転3本以上という男子フリーの世界に少々疲れました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

世界フィギュアスケート選手権男子の結果がでました。

総てのジャンプを美しく決めたうえ、プログラムの完成度も高かったスペインのフェルナンデス選手が優勝しました。 4回転を3度入れた構成で、ジャンプひとつひとつをプログラムの中の一つの要素のように溶け込ましていて、まさに王者のプログラムとして 完成されていました。 だれも文句の言えない、完璧な優勝と言えるでしょう

近年の男子フィギュアは、羽生結弦選手とハビエル・フェルナンデス選手が、歴代最高得点を引き上げ、 何点更新するかという戦いになっています。 さらにボーヤン・ジン選手の出現で、4回転ジャンプは、フリープログラムに4本も組み込まれる時代になってしまいました。

ジャンプの難易度が上がり、技術点の記録更新が繰り替えされるのは、たしかに見ごたえのある戦いですが、 私は、やはり、フィギュアスケートは、それだけではないと感じてしまいます。

あの選手が4回転3回決めたから、よっしゃオレもやってやるぞ! というモチベーションもいいのですが、そういう選手ばかりになってしまうと、私にとってのフィギュアスケートの魅力は、 正直半減してしまいます。

なんというか、選手本人の魅力が、プログラムに反映したような演技をみるのが好きです。 一つのプログラムとして、作品としてなりたつプログラムが好きです。

例えばどんなプログラムですかと言われたら、アメリカのジェイソン・ブラウン選手の作り出す世界観やプログラムなどがその代表となります。 今回の世界フィギュア男子では、ミーシャ・ジー選手、アダム・リッポン選手・ミハル・ブレジナ選手などが、好きな演技です。

宇野昌磨選手やパトリック・チャン選手が、なんとか上位に食い込もうとして、難しいジャンプを組み込んで挑戦している姿は、 すばらしく立派ですが、難しいジャンプを組み込みつつ、芸術性を保つというのは、ある意味懸けであり、本来の彼らの芸術的すばらしさを損なってしまうのではないかと、見ていて辛いものがあります。

彼らが必死にジャンプに取り組む姿は、正直、見たくない。 一つのプログラムの完成度を芸術的に高められる選手だからです。 宇野選手も、パトリック選手も、史上最高の芸術作品と呼ばれる可能性のある プログラムを演じられる選手と信じています。

*そして、史上最高得点を取ることと、史上最高の芸術作品をつくることは、おなじような価値があると信じています。

バンクーバーオリンピックの時の、ジョニー・ウィアーさんのような、点数とか関係ない、芸術性を追求するのだという選手が そろそろでてきても、おかしくないのではと思っています。

そういう意味でも、今後の動向の気になる、ジェイソン・ブラウン選手には、4回転ジャンプにこだわらずに、 フィギュアスケートを続けてもらいたいです。

高難度の技術力で芸術性を表現することは、フィギュアスケーターの夢ですが、さすがに4回転3回以上というのは、 なかなか厳しい挑戦だと思います。

羽生VSフェルナンデスの戦いは、それほどの高みに行ってしまいました。

見ているこちらがこんなにつかれるのですから、選手たちの疲労たるやいかばかりでしょうか。 どうぞ、ゆっくり休んで、次のシーズンに備えてください。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
2015-2016
タグ:
世界フィギュア,男子,フェルナンデス,

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

コメントありがとうございます

ちょっと、体調を崩しておりまして、お返事が遅くなり失礼いたしました。
TCE00071403様のご指摘の通り、技術力の向上と同時に、他の要素の向上のバランスは重要だと、
私も感じます。

しかしながら、羽生選手とフェルナンデス選手は、演技構成点もほぼ満点に近い得点ですから、
彼らに勝つには、4回転ジャンプをどんどんプラスしていかないと、
勝つ見込みがないというのが現状です。

打開策案として、芸術作品を作り上げる方向性の選手が出てきてもいいのでは、と思い記事を書きました。同意していただいてうれしかったです。ありがとうございます。

ただ、選手たちは、アスリートである以上、勝利にこだわるのは当然ですから、ここは、運営側が打開策を考えるのが、順当というものです。
もうそろそろ、演技構成点の採点方法を見直す時期なのかもしれません。
技術点に関しても、コンビネーションジャンプのセカンドジャンプを難しいものにすれば、プラス何点とか、総ての種類のジャンプを飛べたらプラス何点とか、
現状の採点方法にさらに何かを足していかないと、4回転ジャンプ祭りは、まだまだ続いていきそうです。
演技構成点は、以前の採点方法に比べれば、分かりやすくなりましたが、まだまだ謎の部分があり、
どうなるのかは、微妙ですが・・・
平昌オリンピックに向けて、来シーズンあたり、なにか変更があってもおかしくないかなとは、思っています。

同感です

初めてコメントさせて頂きます。nocturneさんと全く同意見です。
今回デニス・テン選手も四回転サルコウを入れてきましたが、正直とてもしんどそうに見えました。
ジャンプがメインの競技ですし、跳べる人がいてしまう以上跳べない人はメダルを穫れないため、皆さん多種類の四回転に挑んまざるを得ないのでしょうが、怪我も転倒も多いですし、フィギュアの良さがジャンプだけに偏ってしまって残念です。
ジャンプの回数としての技術向上はこの辺りでストップして、他の要素の向上に努め、競技と演技のバランスを取ったフィギュアスケートであって欲しいです。

こんな記事も読みたい

世界フィギュア男子シングル・羽生雪辱ならなかった要因を考察する【スポーツ24/7 一日24時間週7日間スポーツ!】

世界選手権2016 羽生結弦選手と実態なきイメージから守るバリケード【no title】

世界選手権で日本男子3枠奪回も新時代に苦慮【フィギュアスケート・メモ】

ブロガープロフィール

profile-iconnocturne

フィギュアスケート愛好歴24年
お気に入りの選手はいますが、試合を観る時は、
すべての選手を応援して観るようにしています。
それが楽しむコツです。
  • 昨日のページビュー:29
  • 累計のページビュー:1278330

(06月04日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 浅田真央選手は進化している 追いつかなければならないのは世界の方だ 
  2. ロシアフィギュアスケート選手権2017女子 エフゲニア・メドベデワの圧勝!しかし、ライバル候補現る
  3. 羽生結弦選手 平昌で引退 プロ転向
  4. メドベデワ(ロシア)完全優勝そして、リプニツカヤ選手の今 スケートアメリカ女子シングル
  5. 浅田真央 真向勝負という戦い方 ジャパンオープン2015
  6. アデリナ・ソトニコワ選手(ロシア)ロステレコム杯に出場決定!
  7. 四回転ループ成功!羽生結弦選手のとんでもないポテンシャル。
  8. 浅田真央選手 しなやかなダンスを披露 フィンランディア杯SP
  9. ロシア選手権2016女子シングルは、事実上の世界選手権のようだった ショートプログラム結果
  10. 浅田真央選手へ 自分のためにスケートを追求してください

月別アーカイブ

2017
04
2016
12
10
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
06
05
2014
02
2013
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月04日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss