フィギュアスケートを楽しく観たいから

浅田真央選手は進化している 追いつかなければならないのは世界の方だ 

このエントリーをはてなブックマークに追加

前回書いた記事「浅田真央選手へ 自分のためにスケートを追求してください」は、思わぬ反響を頂きました。自分としては、NHK杯を見ていて感じたことを書いただけなのですが、

同じように感じていた方が、こんなにも多くいらっしゃるということに驚きました。

イチフィギュアスケートファンとして、あの記事を書いたのですが、浅田真央選手本人は、ファンを常に大切にしているということは承知しています。

全日本選手権でも、ファンの応援が力になりましたと言ってくれていたので、

ファンの応援が浅田選手の力となるのであれば、変わらぬ気持ちで、応援し続けていきたいと思っています。

全日本では、「GO MAO」のバナーを掲げている人も多くいて、浅田選手を応援したいという気持ちが伝わってきて感動しました。

スポーツナビのフィギュアスケートブログでも、多くの方が、全日本やファィナルの事を分析されていて、なるほどと読ませていただいたり、

わたしもそう思いますと思ったり、フィギュアスケートファンの愛情を感じてやっぱりフィギュアスケートっていいなと思ったりしていました。

本当は、そんなふうに、ひそかに応援し続けていたかったのですが、NHK杯以降の浅田真央選手に対するメディアの報道が、

あまりにもヒドイと感じていて、どうにも我慢ならなくなってしまい今回書かせて頂きます。

なぜ浅田真央選手に対して、あのようにマイナス思考な報道をするのでしょうか?


NHK杯以降の見出しで多かったのは、「復活なるか」、とか「世界は進化している。追いつけるか」とかが主流ですが、

まず、ファイナルに出場できた時点で復活しています。

グランプリシリーズは、出場する大会のメンバーによって厳しい戦いになったり、ラッキーだったりするので、グランプリファイナルは、

実力があるからといって、必ずしも出場できるとは限らない大会です。

実際に、現世界女王エリザベータ・トゥクタミシェワ選手は、フランスのテロの影響もありますが、出場できませんでした。

その厳しい戦いを、中国杯優勝、NHK杯3位と勝ち抜いてきたのですから、「復活した」といって何か問題があるでしょうか?

そして、疑問なのですが、メディアの中では、なぜ、浅田真央選手だけいつも優勝しないといけないのですか?


人気のある浅田選手ですから、多くの人が優勝してほしいと思っているのかもしれません。

優勝して喜んでいる姿を放送して、視聴率を上げたいと思っているのかもしれません。

しかし、浅田真央選手は、神様ではありません。一流のアスリートではありますが、一人の25歳の女性です。

体調の悪い時もあれば、調子の良しあしの波もあるでしょう。

「いつも優勝する浅田真央」というメディアが作り上げた虚像を多用するのは、もうやめてもらえないでしょうか?

前記事にも書きましたが、失敗しても挑戦する姿というのが、世界中のフィギュアスケートファンを惹きつける浅田真央の魅力のひとつなのです。

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
2015-2016
タグ:
浅田真央,トゥクタミシェワ,全日本選手権

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

ch191様

コメントありがとうございます。

わたしは、恐ろしく数字に弱い人間なので、データ分析をされている
ch191様のブログをありがたく拝読しております。

そうなんです。ほんとうにフィギュアスケートが好きでして、
アスリートであり、芸術家であるという稀有の存在であるフィギュアスケーターを
心から尊敬しております。

ch191様のおっしゃる通り、アスリートに対しては、敬意を払うべきです。
アスリートは、真剣勝負の世界で戦っているのです。
アイドルアイコンとして扱い、メディアにとって都合のよい商品にしてはいけないと思っています。

ch191様の記事を楽しみに待っております。

浅田真央選手は進化している 追いつかなければならないのは世界の方だ 

ずっと「本当にフィギュアスケートを愛しておられるなあ」と思いながら読ませていただいていたのですが、今回の素晴らしい記事に触発されて、初めてコメントさせていただきます。

私も自らのブログで浅田選手の最高難度SPについてシミュレーションをしてみたのですが、女子初の80点台が狙えるのは現状浅田選手しかいないと思います。
マスコミも「最高難度の構成である」という点には触れていたとは思うのですが、それが過度な煽りにつながってしまっているように感じています。
まるで1年休養していたことがなかったことになっているような…
浅田選手だけでなく、チャンやソトニコワという世界の頂点を極めた素晴らしい選手たちでも、1年のブランクを埋めるのがそう容易ではないということは、ここまでの結果を見ても明らかです。
むしろ、休養明けでありながら世界と戦えるレベルまで戻ってきているということを賞賛すべきだと思います。

また自分の記事で詳しく書くつもりではいますが、浅田選手に限らず、アスリートに対する敬意というものが欠けている気がしてなりません。
本来はその競技や選手の魅力を伝えるようなものでなくてはならないと思うのですが。。。
少しでもこの状況がよくなることを祈るばかりです。

choppi様

choppi様のスポーツナビブログを私も読まさせて頂いております!

採点側の進化、その通りだと思います。
GOEだけが評価の指針であることは、わたしも疑問に思ってきました。
難しいジャンプもそうですが、何種類のジャンプを入れられるかも
評価の対象となってもおかしくないと思っていました。
そして、コンビネーションジャンプについても、ただジャンプの点数を足すだけというのも
どうなのかなと。
セカンドを難しいジャンプにするメリットが少ないです。

トリプルアクセルについては、少し評価点が上がりましたが、確かに、男子と女子が同じ点数というのも
ちょっと違う気がするという感覚、非常に良く分かります。
コメントを頂き、ジャッジの採点について考えさせて頂きました。ありがとうございます。

choppi様のブログもまた、読まさせて頂きます!

korohaha様 

いつも読んでくださっているなんてうれしいです。
全日本観戦いいですね。

おっしゃる通り、ウォーミングアップの時の対応は、私も気になったことがあります。
東京五輪もそうですが、
アスリートが心置きなく力を発揮できる体制を整えるのは、
サポートする側の責務のような気がします。
korohaha様 のコメントは、フィギュアスケートを応援している気持ちが伝わってきて
わたしも、心強いきもちになりました。
ありがとうございます!

こんな記事も読みたい

新葉ちゃんはポスト「真央」にはなれない【観るの大好き♪】

岐阜女子が、最終Qに劇的逆転で初優勝 高校9冠を狙った桜花を破る!(ウィンターカップ2015)【0 to zeroのhorizon】

浅田真央 ブランク明けでは健闘の3位【スポーツ えっせい】

ブロガープロフィール

profile-iconnocturne

フィギュアスケート愛好歴24年
お気に入りの選手はいますが、試合を観る時は、
すべての選手を応援して観るようにしています。
それが楽しむコツです。
  • 昨日のページビュー:202
  • 累計のページビュー:1295762

(11月15日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 浅田真央選手は進化している 追いつかなければならないのは世界の方だ 
  2. ロシアフィギュアスケート選手権2017女子 エフゲニア・メドベデワの圧勝!しかし、ライバル候補現る
  3. 羽生結弦選手 平昌で引退 プロ転向
  4. メドベデワ(ロシア)完全優勝そして、リプニツカヤ選手の今 スケートアメリカ女子シングル
  5. 浅田真央 真向勝負という戦い方 ジャパンオープン2015
  6. アデリナ・ソトニコワ選手(ロシア)ロステレコム杯に出場決定!
  7. 四回転ループ成功!羽生結弦選手のとんでもないポテンシャル。
  8. 浅田真央選手 しなやかなダンスを披露 フィンランディア杯SP
  9. ロシア選手権2016女子シングルは、事実上の世界選手権のようだった ショートプログラム結果
  10. 浅田真央選手へ 自分のためにスケートを追求してください

月別アーカイブ

2017
11
04
2016
12
10
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
06
05
2014
02
2013
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss