愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」

月別アーカイブ :2014年03月

2014年度箱根ランナー卒業生進路~中央学院大学~

岡本雄大 JFEスチール 田中瑞穂 マツダ 沼田大貴 重川材木店 鈴木宏弥 重川材木店 大蔵孝典 サンベルクス 中央学院大学は5人が陸上を続けます。 まず、注目したいのは最終学年で急成長を見せてくれた岡本選手。 全日本駅伝の予選会から調子が良かったですが、出雲駅伝では並みいるスピードランナーを抑えて区間賞を獲得しました。 その成長を買われて、箱根駅伝では遂にエース区間2区を走......続きを読む»

2014年度箱根ランナー卒業生進路~法政大学~

田井慎一郎 富士通 松田憲彦 警視庁 惜しくもシード権を逃してしまった法政大学ですが、陸上を続ける選手たちは箱根の悔しさを是非実業団で晴らして欲しいですね。 個人として活躍することが、OBとして後輩にパワーを与えることになると思います。 そして、それができる選手だと感じています。 陸上を続けるのは2人。 田井選手は3年生から実力を高め、主力としての存在感を見せました。 89......続きを読む»

2014年度箱根ランナー卒業生進路~大東文化大学~

片川準二 スズキ 大崎翔也 中電工 大西 亮 プレス工業 吉沢匡一 埼玉西武消防局 10位でシード権を獲得した大東文化大学。 3年生に主力が多い中、今回の箱根路では4年生もしっかりと意地を見せてくれました。 特に復路8区で区間4位と好走した吉川主将の走りは素晴らしかったです。 彼の快走がなければ、シード権獲得は難しかったでしょう。 吉川選手の進路先の確認ができませんでしたが、......続きを読む»

2014年度箱根ランナー卒業生進路~拓殖大学~

奥寺裕一 大塚製薬 木寺良太 サンベルクス D・モゼ サンベルクス 予選会では思うようにタイムが伸びなかった拓殖大学でしたが、きっちり本大会までに修正し、シード権を獲得しました。 勢いそのままに実業団に進む選手たちは暴れて欲しいですね。 まず、箱根駅伝9区10位と粘りの走りを見せた奥寺選手は大塚製薬へ。 ニューイヤー駅伝で上位進出を狙っているチームですので、奥寺選手には個......続きを読む»

2014年度箱根ランナー卒業生進路~帝京大学~

蛯名聡勝 小森コーポレーション 小山 司 SUBARU 難波幸貴 YKK 千葉一慶 八千代工業 田村拓真 日本郵便 高木祐作 自衛官 帝京大学も力のある4年生が多く卒業となります。 「エースはいない」というチーム方針ですが、それはあくまで全員がエースになりえるという前提で成り立っています。 陸上を終える選手も多いですが、箱根路を駆けた選手たちが新たな舞台でどこまでエース級の走......続きを読む»

2014年度箱根ランナー卒業生進路~日本大学~

田村優宝 日清食品グループ 森谷修平 山形市役所 日本大学も多くの4年生が大学で陸上を終えます。 今回の箱根路で6区を走った日向野選手は、地元の栃木に戻り栃木銀行に勤めるそうです。 もう少し見たいという気持ちもありますが、彼の走りも含めてシード権獲得に繋がったので、素晴らしい置き土産ができたのではないでしょうか。 90回箱根駅伝では調子が上がらず、補欠に回った田村選手ですが、彼......続きを読む»

2014年度箱根ランナー卒業生進路~明治大学~

廣瀬大貴 大阪ガス 北 魁道 中国電力 殆どの4年生が大学で陸上人生を終える中、実業団に進むのは6区区間賞の廣瀬選手と駅伝主将・北選手の2人。 彼らの走力は非常に高いので、今後とも頑張ってもらいたいです。 まず、廣瀬選手ですが、地元の京都方面である大阪ガスに加入。 中々ニューイヤー駅伝での出場はできていませんが、廣瀬選手が良い刺激を与えてくれることを期待したいです。 大......続きを読む»

2014年度箱根ランナー卒業生進路~青山学院大学~

竹内一輝 中国電力 福田雄大 中国電力 井上尚樹 熊本赤十字病院 遠藤正人 南陽市役所 鈴木優人 プレス工業 出岐選手などのエース格が多く抜けた後で、今回の4年生たちはしっかりとチームをまとめてくれたと感じます。 チーム最高位タイとなる5位を獲得できるチーム力がちゃんと備わっていましたね。 殆どの選手が陸上を続ける一方、3区区間8位と好走した石田選手は、大学で陸上人生に一旦の区......続きを読む»

2014年度箱根ランナー卒業生進路~早稲田大学~

大迫 傑 日清食品グループ 志方文典 旭化成 早稲田大学に鳴り物入りで進学した大迫選手と志方選手。 スーパールーキーとして恥じない走りをして、駅伝シーズンを盛り上げてくれました。 特に大迫選手は、学生時代に世界選手権を経験し、そして、10000メートルの学生歴代最速タイムを叩き出すなど記録にも記憶にも残る走りを4年間してくれました。 そんな大迫選手が次に選んだステージは、日清食品グ......続きを読む»

2014年度箱根ランナー卒業生進路~日本体育大学~

服部翔大 Honda 本田 匠 旭化成 矢野圭吾 日清食品グループ 鈴木悠介 JR東日本 甲斐翔太 八千代工業 88回大会で過去最低の19位から89回箱根駅伝の覇者にのし上がった日本体育大学。 力のある4年生世代でしたが、主力がそれぞれ違った強豪実業団に加入します。 89回箱根制覇の立役者であり、キャプテンとしてチームを牽引した服部選手はHondaに進みます。 駅伝での実......続きを読む»

2014年度箱根ランナー卒業生進路~駒澤大学~

窪田 忍 トヨタ自動車 油布郁人 富士通 郡司貴大 小森コーポレーション 湯地俊介 西鉄 駒澤大学のエース・窪田選手はトヨタ自動車に加入。 トヨタ自動車といえば、高林選手や井上選手といった駒澤OBの選手たちが在籍しています。 さらに、駅伝を含めたロードやトラックでも抜群の走力と勢いを持つ宮脇選手もいますので、窪田選手にとっても宮脇選手にとっても良い刺激をし合えるのではないでしょう......続きを読む»

2014年度箱根ランナー卒業生進路~東洋大学~

設楽啓太 コニカミノルタ 設楽悠太 Honda 日下佳祐 日立物流 大津顕杜 トヨタ自動車九州 延藤 潤 マツダ 定方俊樹 三菱重工長崎 佐久間建 自衛隊体育学校 まず、注目は設楽ツインズの進路先。 これまでの陸上人生を共に駆け抜けてきた2人ですが、ここで分かれます。 啓太選手はコニカミノルタ。 ニューイヤー駅伝では2連覇達成と勢いに乗っている強豪。 特に駅伝でもトラッ......続きを読む»

90回大会を彩った選手たち 番外~山梨学院大学の選手たち~

90回箱根駅伝で今季絶好調だった山梨学院大学に悲劇が起こった。 2区で絶対的エース・オムワンバ選手がまさかの途中棄権。 前回区間賞を獲得できなかったこととシード権を穫れなかったこと、2つのリベンジを誓っていたエースの信じられない出来事だった。 オムワンバ選手は右足腓骨の疲労骨折とどうしようもない事態に陥った。 それでも、走ることの出来ない足で一度は立ち上がり、再び走ろうとした。 駆け寄る上......続きを読む»

90回大会を彩った選手たち⑳~大迫傑・窪田忍~

早稲田大学の絶対的エースと駒澤大学の絶対的エースの最後の箱根駅伝が終わった。 1年生の時から箱根路を沸かせた名ランナーは、間違いなく後世に残る活躍を見せてくれたと思う。 最後の箱根駅伝は大迫選手が1区区間5位。 そして、窪田選手が9区区間2位。 彼らからしてみれば決して満足のいくような結果ではなかったかもしれない。 だが、彼らの存在は十分90回箱根駅伝を彩った。 彼らが箱根駅伝で担っ......続きを読む»

90回大会を彩った選手たち⑲~矢野圭吾~

リベンジ達成の走りと言っていいだろう。 往路を終わって日本体育大学は4位。 2~4区が勢いに乗ることが出来ず、5区の服部選手も順位を上げる走りをしてくれたが、ゴール後に手を合わせた仕草からも分かるように、思った以上に差を詰めることができなかった。 しかし、連覇が厳しい状況において、日体大の選手たちが誰も腐らなかった。 そして、誰よりも奮起したとは9区の矢野選手だったと思う。 矢野選手の......続きを読む»

90回大会を彩った選手たち⑱~服部勇馬・弾馬~

優勝を果たした東洋大学には、設楽兄弟だけではなく、もう1組の兄弟がいることを忘れてはいけない。 いや、駅伝ファンなら忘れるはずはないのだが、90回大会の彼らの走りは来年以降は僕らに任せてください、と伝えるような姿だった。 東洋大学の兄弟の系譜は服部兄弟に受け継がれた。 兄・勇馬選手が走ったのはエース区間の2区。 本来であれば啓太選手が走っていた区間だったが、勇馬選手が走れる目処が立ったこ......続きを読む»

90回大会を彩った選手たち⑰~上野大空~

総合順位は21位とチームとしては見せ場を作ることができなかった専修大学。 しかし、10区を走った上野選手は意地を見せてくれた。 個人的に彼のことは注目していた。 箱根駅伝を走ったのは合わせて2回。 それぞれの悔しさがあった箱根路だと思うが、それでも最上級生の走りは感慨深いものがあった。 彼が初めて箱根駅伝を走ったのは86回大会。 1年生として出場し、任された区間は7区。 当時の予選......続きを読む»

90回大会を彩った選手たち⑯~宮上翔太・福村拳太~

シード権を獲得できる力は十分にあった東海大学。 少しのつまずきで一気に流れが変わるスポーツなだけに復路は残念だったが、それでも前回の予選会落ちから1年、土台がしっかりと作れてきたと感じた。 中でも、目を引いたのは5区と6区の山区間だった。 5区を走ったのは、2年生の宮上選手。 当日変更で山を走ることになった選手だ。 宮上選手の大学データは申し訳ないが少なかった。 全日本駅伝の予選会で......続きを読む»

90回大会を彩った選手たち⑮~菊地聡之~

89回大会の途中棄権のリベンジを誓っていた城西大学だったが、予選会は調子が上がらず、本大会でも調整が上手くいかず、苦しいレースになってしまった。 流れを掴む為に配置された1区山口選手、2区村山選手という布陣は協力だったが、思うような走りができず下位に沈んだ。 エースの彼らで勢いをつけられなければ、今の城西に立て直す力は弱く往路は悪い流れをひきずってしまった。 そんな暗い雰囲気を打破しようとした......続きを読む»

90回大会を彩った選手たち⑭~三輪晋大朗~

予選会トップの勢いに乗ることが出来なかった東京農業大学だったが、箱根直前の記録会では主力が揃って自己ベストを更新するなど非常に調子は良かった。 持ちタイムなどでは決して上位校に引けをとらない。 しかし、やはり箱根駅伝は他のレースとは違うのだろう。 前大会の日本体育大学のように予選会からの優勝というミラクルは起こせなかったが、意地は見せた。 歯車がうまく噛み合っていなかったチームを何とか変えよ......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconnoburin

愛下哲久 (あいしたてつひさ)
出身地:埼玉県

役者をやっています。
よろしくお願いします。
以前のコラム名は「駅伝野郎のぶりん」でしたが、芸名が変わった為変更いたしました。
変わらずよろしくお願いします。
  • 昨日のページビュー:6385
  • 累計のページビュー:16552508

(10月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 第93回箱根駅伝予選会①~主要チームエントリー分析~
  2. 第28回出雲駅伝を経ての箱根シード校の明暗
  3. 第92回箱根駅伝各チームの区間エントリー分析~前回シード校~
  4. 大迫傑選手は日本選手権で勝てないのか
  5. 第48回全日本大学駅伝統括
  6. 第28回出雲駅伝④~関東勢の区間エントリー予想①~
  7. 第92回箱根駅伝復路統括
  8. 第92回箱根駅伝展望予想
  9. 2015年度卒業生進路~青山学院大学~
  10. 第29回出雲駅伝~各チームエントリー①~

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss